30代転職

30代で職歴なしでも就職できる?就活したい場合、段取りはどうすべき?

30代で職歴なしの就職は難しいのが現実です。しかし一般的に不人気な業種であれば就職できる場合もあります。

不人気原因である仕事内容や労働条件の厳しさは予測されますが、求人があれば就職できるチャンスです。

30代で職歴がない場合に就職するには

就職エージェントの活用

職務経験があっても30代は転職が簡単でないのが現状ですが、特に30代後半になると難しくなります。30代で職歴がない転職を成功させるには、就職エージェントを活用することが最も効果的だと考えられます。

就職エージェントは公開の求人の他に非公開の求人を持っているので、30代で職歴がない場合でも応募できる可能性があります。また採用面接の指導などをしてくれることや年収の交渉を代行してくれることが期待できます。

大企業への転職で後悔してしまう人の特徴や実例は?大企業での仕事について 入社3年以内の離職率は全体では3割以上と高いのですが、大企業は全体に比べるとそれほど高くないと推定されます。 しかし大企業...

 就職できる企業を探す

一般的な転職サイトに掲載され公開されている求人は全体の求人の一部です。非公開の求人は、ライバルの企業に企業内容や労働条件を知られたくない企業が就職エージェントを運営する会社に依頼している求人です。

30代の職歴なしで就職を希望する人が就職エージェントに登録すると、エージェントは非公開の求人も含む募集の中から条件に当てはまる求人を探します。探す範囲が増えるので応募できる求人が見つかる可能性があります。

30代で職歴がなくても就職できる可能性のある業界

30代で職歴がなくても就職できる可能性のある仕事は、世間で不人気な業界で見つかる可能性があります。たとえば介護業界や外食業界は一般的にあまり人気がないので職歴がなくても応募しやすい面があります。

必ず採用面接に合格するとは限りませんが、少なくても書類審査で不合格になる確率は低いと考えられます。不人気と言われる理由を調べた上で、自分の適性に合うと思ったら応募してみることが就職に近づく第一歩になります。

アルバイトや職業訓練

企業はアルバイトの経験をキャリアと見ないことが一般的です。しかしアルバイトの仕事も社会的には必要であり、アルバイトをすることで社会人としてのマナーや振る舞いが身につくので再就職の準備になると考えられます。

職業訓練の求職者支援訓練を受けて就職の準備をすることも効果的な方法だと思います。職業訓練は正式には公的職業訓練といい、失業保険受給者の公共職業訓練と失業保険を受給できない求職者支援訓練があります。

30代の職歴なしの就職活動

複数の就職エージェントに登録

就職エージェントは、規模が大きい会社から中小の数名程度の会社まで様々な会社があります。大きな会社は求人数が多くスタッフも揃っているなどの特徴がありますが、中小の会社は一連の就職活動を支援する対応などの特徴があります。

会社によって得意な業界や応募者の年代もあるので、一概にどの会社がいいとは決められない面があります。複数のエージェントに登録して、自分に有効な情報を活用することが効果的だと考えられます。

複数のアドバイザーやコンサルタントとの面談

就職エージェントに相談する場合は、30代の職歴なしで就職を目指すという難しい状況でも就職を成功させる優秀なアドバイザーやコンサルタントと出会うことが就職できるかできないかの分かれ目になります。

1人のアドバイザーやコンサルタントで成功する場合もありますが、複数との面談で就職活動を進める方が成功の確率が高くなると思われます。複数の中から自分に合うアドバイザーやコンサルタントが見つかる可能性があります。

ハローワーク

30代の職歴なしの就職をする場合にハローワークを利用する方法があります。就労経験がない場合は仕事を探すことは困難ですが、ハローワークではカウンセリングやジョブカード作成支援を利用することができます。

キャリアコンサルタントによる面談を受けられて、ジョブカードを作成することで自分の興味があることや関心があることに関連する仕事の相談ができるような仕組みになっています。検査テストを受けることも効果的です。

職歴なしでも就職可能な業界や職種

30代の職歴なしの就職では、就職可能な業界や職種に絞り込むことが重要になります。就職可能な業界や職種は、社会的な需要が高いけれども人材が集まりにくい業界や職種である場合が多くなります。

介護業界やITエンジニアの職種は、人材が集まりにくい代表的な業界や職種といえると思われます。介護系の職種は急激な高齢化とともに深刻な人手不足になっており、プログラマーやSEなどのITエンジニアも人材が不足しています。

30代の職歴なしの就職の条件

求人企業の見方

30代の職歴がない就職希望者に対する求人企業の見方は、職歴がないので教育に時間がかかりそうだと思うことやすぐに辞めるのではないかと思うことが予想されます。

そのために30代の求人数が減ると考えられます。

しかし職歴なしの30代の求人は少ないがあるので、応募して就職ができる可能性はあります。希少な求人に採用されるような応募書類を作成し、入社後はできるだけ早く職務に慣れて辞めないようにすることはできます。

応募者の条件

30代で職歴がない場合でも本人が就職を希望するのであれば就職できる可能性があります。しかし20代に比べると求人数や仕事の種類が少なくなるので、就職が厳しくなっていることは事実です。

就職するためには、まず30代で職歴がない状態になった原因を探ることが大切です。就活に失敗したことや学校や職場の人間関係などが原因として考えられますが、原因の改善策を考えて就職に動き出すことが応募者の条件になると思います。

応募側と求人側の歩み寄り

応募者は採用企業が求めるできるだけ早く職務に順応することや早期に退職しないことを遵守することが必要です。また求人側には応募者が職歴なしの原因を探り改善の方向で就職することを支援することが望まれます。

職歴なしの就職は困難であり更に30代の場合は職歴があっても厳しい状況だと考えられます。しかし応募側と求人側がそれぞれの条件を持ちながらも歩み寄ることで、職歴がない就職が成功する可能性があると思われます。

職歴なしの就職の方法

30代の職歴なしの就職の活動は、就職サイトの求人を見て自分で応募するよりも就職エージェントに相談する方が効果的であると思われます。就職エージェントは相談にのって相談者に合った仕事を紹介してくれます。

就職エージェントは履歴書など応募書類の添削や面接の指導もしてくれて、企業に内定が決まった後の勤務条件や給与の交渉などもしてくれるので便利です。職歴のない30代は要領が分からないと思いますので助かります。

30代の職歴なしの就職が難しい理由

求人情報の入手

30代で職歴がない場合の求人情報は、求人情報誌などで探すことができますが自分の希望に合った情報を入手することは困難です。ハローワークや就職サイトを利用することで、希望の情報を入手できる可能性があります。

求人情報だけでなく色々な相談をしたい場合は、就職エージェントに登録することが効果的です。エージェントは公開情報だけでなく非公開情報も持っており、アドバイザーやコンサルタントに相談することもできます。

求人企業とのコンタクト

就職エージェントのアドバイザーやコンサルタントは、求人企業と密接な関係を持っている場合もあります。アドバイザーなどを長く続けていると、推薦した人材が企業の重要な職位の人事部長などに就任している場合もあります。

企業の人事部長と懇意なアドバイザーは、その企業の求人情報をいち早く入手して応募者に紹介することができます。求人情報の紹介だけでなく、応募者の面接など一連の就職活動を支援することも考えられます。

提出書類の作成

30代で正社員としての職務経歴がない場合でも、アルバイトなどを経験した場合はその経験をしっかり書くことが重要です。正社員の経験よりは弱くなりますが、正社員と同様にアピールできると思われます。

アルバイトなどの経験を書く場合は、職種や勤務先の職場環境や勤務していた年月や期間、仕事の内容や担当していた業務内容、業務をしていて工夫したことや努力したことなどをできるだけ詳しく記述すれば評価されると思います。

面接対策

職歴なしの30代が面接に臨む時は、面接官が抱いている不安な面を払拭していくことを意識することが必要です。たとえば職歴がない期間の質問や就職をすることをなぜ決めたかの質問などに明確に答えることが大事です。

職歴がない期間は、アルバイトをしていたことや親の介護をしていたことなどを答えることが考えられます。また就職をすることを決めた理由は将来に備えることややりたい仕事が見つかったことなどが無難な答えです。

就活の面接方法 どうすれば面接に合格するの? 就活では採用に成功する上で最も重要になるのが面接です。 面接で評価されれば採用内定につながる可能性が高くなるので、面接方法...

30代の職歴なしの就職を成功させるには

最適な就職エージェントの選択

30代で職歴なしの就職エージェントは、ハタラクティブや就職Shopなどがおすすめです。ハタラクティブは未経験歓迎の求人を1000件以上扱っていて、就職をサポートする書類審査の指導などでも定評があります。

ハタラクティブの賢い活用方法を人事担当者目線で徹底解説! 転職エージェントは社会人の経験が豊富な人材向けの転職支援サービスが一般的だと思いますが、ハタラクティブは若手人材向けの転職エージ...

就職Shopは登録企業の数が8000社以上で、利用者数が10万人をこえている就職エージェントです。実績が豊富で、書類選考無しで面接が可能な求人や未経験者歓迎の求人が多いことが特徴のエージェントです。

業界・職種の選定

30代で職歴がない就職は、業界では飲食業界やIT業界など、職種では営業職や事務職、介護職などが適していると思われます。これらの業界や職種は、職歴がなく未経験でも働きやすいと言われています。

飲食業界やIT業界は常に人手不足の状態で求人募集があることが背景にあり、職歴がない30代の就職が可能だと思われます。営業や事務はどの企業でも必要となる職種であり、介護は高齢化の進行で需要が高くなっている状況です。

仕事への適性のチェック

需要が高く職歴がない30代の就職に相応しい職種でも、就職者が仕事に適しているかどうかのチェックは必要になります。

仕事への適性は個人によって異なるので、仕事の適性があって本人が希望するのかどうかを確認することが大切です。

仕事への適性がないままに仕事を続けていると、ストレスを感じる場合も考えられます。ストレスが強くなると病気になる場合や退職しなければならなくなるケースも考えられますので注意が必要です。

仕事への意欲やコミュニケーション能力の確認

30代で職歴がない人が就職する場合には、就職を決める前の本人の意欲が重要になります。職歴がない状態で30代になっていることは仕事をしない状態が長く続いていることを意味しますので、就職しても就職をする前に戻る可能性もあります。

仕事の意欲を確認すれば就職した仕事を長く続けていくことにつながる可能性があります。また就職した後のコミュニケーション能力の確認も、職場などで孤立しないために必要だと思われます。

30代の職歴なしの就職の条件

職種

30代の職歴なしの就職では職歴がなく未経験でも就職しやすい職種があるので、職種の選択を間違わなければ就職が可能だと考えられます。自分に合う職種を選ぶには、効果的な助言が期待できるエージェントも重要です。

職種を選ぶとともに企業を選ぶ必要があるので、自分の適性や希望に合う条件をかなえる企業の求人案件を持っているエージェントに相談することが大事になります。エージェントは応募書類の添削や面接指導もします。

収入

30代の職歴なしの就職では最初から高額の収入は難しい面もありますが、年齢に応じた相場がありますのでエージェントの情報などで確認することが必要です。就職する職種やポジションで収入が決まってくると思われます。

就職後に仕事を続けて実績を上げていくことで、収入が上昇する可能性は十分にあります。特に営業や販売などの仕事は売上などの業績が収入に連動しますので、努力すればするほど収入が上がることが考えられます。

キャリア形成

30代で職歴がない就職や未経験の職種への就職でも、仕事の適性が合って長く続けることができればキャリアを形成できます。30代は40代や50代に比べるとまだ若くキャリアを積める年齢だと思われます。

今まで職歴がない人でも就職によりキャリアが形成されていき、職務能力が評価されればマネジメントの仕事を任される可能性もあります。30代は20代に比べると体力面は劣りますが年齢的には管理職もできると考えられます。

仕事のやりがい

30代で職歴がない就職は、職務を遂行することで仕事のやりがいを初めて感じることも考えられます。30代は体力と知力や気力のバランスが良い年代であり、仕事に恵まれれば能力を発揮してマネジメントもできる年代と思われます。

就職が決まるまで忙しい就職活動をしなければなりませんが、就職が決まり入社した後は腰を据えて仕事に打ち込むことが必要です。そして職務能力を磨いてマネジメントの仕事を行うことも考えられます。

まとめ~30代の職歴なしでも就職できる方法がある

30代の職歴なしの人でも就職は可能だと思われます。就職エージェントに登録すれば、エージェントが保有する求人案件の紹介や応募書類の作成、面接の指導などが受けられ就職できる可能性が高くなると考えられます。

フリーターが正社員になるためには?面接や職務経歴書のPR方法【フリーター編】 フリーターは最近の10年間ほどで徐々に増えている傾向で、少子高齢化の影響があり平均年齢が上がってきています。 フリーターは...