就活術

専門学校卒で高収入が狙えるおすすめ職種は?

専門学校卒業者で平均年収が高い分野は、1位は工業分野で2位が医療分野、3位が農業分野で、以降商業実務分野、教育・社会福祉分野です。

専門学校卒業者の定着率は医療分野が最多で、教育・社会福祉分野、工業分野の順となり、正規雇用率は工業分野が最多で、医療分野、教育社会福祉分野、商業実務分野の順番になります。

専門学校卒の職種の選択肢

専門学校卒の職種では、資格が必要ない営業や総務、販売員や作業員などは、求人が多くチャレンジしやすい仕事になります。

資格は必要ないが専門的な技術や知識が必要な職種はクリエイティブ関連職やアパレル技術職、医療事務やエステティシャンなどで、業務に必要な知識や技術が求められ専門卒以上が応募資格になることが多いと言われます。

特定の資格が必要な職種は、美容師や自動車整備士、薬剤師や看護師などの職種になります。

資格が必要ない職種

資格が必要ない職種は職種によっては大卒者と同じように評価されるので、専門学校卒は昇給ベースで不利になることも考えられます。

しかし基本的には経験や成果が評価されることが多いと思われるので、専門学校卒が実力を発揮すれば評価される可能性がある職種であると思われます。

特に営業や販売員の職種は売上などの実績が評価される仕事であり、顕著な営業成績を上げることが昇給に結びついて高い年収になることも期待できます。

資格は必要ないが専門的な技術や知識が必要な職種

資格は必要ないが専門的な技術や知識が必要な職種は、クリエイティブ関連ではTV番組や広告、雑誌やWebなどの編集、デザインなどがあり高年収も可能です。

アパレル技術職はアパレル会社の生産管理などで多くの求人があり、500万円以上の年収が提示される会社もあります。

医療事務は若い女性などに人気の患者と病院を繋ぐやりがいのある仕事で、エステティシャンはボディケアや脱毛、フェイシャルなどの施術を行う職種です。

特定の資格が必要な職種

転職コンダクター
転職コンダクター
特定の資格が必要な職種の美容師は美容師免許が必要な職種で、免許取得には国家試験を受験して合格する必要があります。

自動車整備士の資格には3級自動車整備士、2級自動車整備士、1級自動車整備士、特殊整備士、自動車検査員などがあり、その中でも細かい分類があります。

薬剤師になるには国家資格が必要で受験には大学の薬学部での薬剤師養成課程修了が条件になり、看護師資格の受験は看護師養成課程校卒業の方法があります。

専門学校卒で年収が高い職種

専門学校卒で年収が高い職種では、資格が必要でない職種と資格が必要ではないが専門的な技術や知識が必要な職種の中にあると考えられます。

資格が必要でない職種では、営業や販売員など販売関連の仕事が学歴に関係なく業績を上げることができるので高い年収を得られると思われます。

資格が必要ではないが専門的な技術や知識が必要な仕事ではクリエイティブ関連職やアパレル技術職で、どちらも高い年収が得られる可能性があります。

専門学校卒と大学卒の生涯生涯年収

大卒の生涯生涯年収は男子が約2億7千万円で女子が約2億2千万円、専門卒は男子が2億1千万円、女子が1億8千万円と推定され、4千万円から6千万円の差になります。

大卒と短大の生涯年収の比較で大卒が短大より約5千万円高いデータもあり、専門学校は短大と大差はないので大卒が5千万円ほど高いと思われます。

専門学校卒の給料は大学卒より6万円程度安い試算もあり、月間で比較しても6万円ほどの差があると考えられます。

専門学校卒の転職の足切り

専門卒が転職に関係あるかどうかはどちらかに決められないことで、関係がある面もありない面もあると考えられる。

専門卒が転職に関係ある場合は、転職でも学歴による足切りをする会社は現実にあり大卒の学校によってもあるので足切りをあまり悲観する必要はないと思われます。

新卒の採用は応募者の数が多く書類選考などで足きりをしますが、中途採用では新卒と比べて忙しくないので足切りは必要なくなり学歴も関係しなくなります。

転職で重要視されるのは前職の経験

転職では学歴よりも前職の経験が重要視され、入社して即戦力の能力を発揮してどれだけ会社に貢献できるかが問われます。

採用する側は前職の実務経験やスキル、マネジメント能力などを詳細に検討して応募者の合否を判定するので、学歴の有利不利が中途採用ではなくなります。

新卒で感じた専門卒の不利な状態は中途採用で解消されますが、職務遂行能力や今までの業績、マネジメントの実績などをアピールできることが重要になります。

専門学校のメリットとデメリット

専門学校のメリットは就職に有利なことで、大学からの就職率より専門学校からの就職率が高いデータもあります。

採用する企業も即戦力で使える人材が欲しい場合に、学んだことが分かり人材を選定しやすい専門学校から採用することもあります。

専門学校のデメリットは専門学校が大学より下に見られて就職に不利な面があることや、大学と異なり2年の短期間なので勉強や実習が忙しいことや学費が高いこともデメリットと考えられます。

まとめ

専門学校卒は学ぶ内容が明確で大学よりも就職率が高いというデータもあり、採用企業も即戦力の人材を求める時に選びやすいメリットがあると思われます。

ただし学ぶ期間が短いので勉強や実習をすることに忙しくなる傾向があり、経費も掛かることなどのデメリットも考えられます。

転職コンダクター
転職コンダクター
働く職種を適切に選べば高い年収も可能です。
転職サイトでおすすめはどこ?自分に一番良い転職サイトの選び方 転職サイトは多数ありますので、サイトの選択に迷うこともあると考えられます。 転職サイトは自分の意志で色々な業界や企業を閲覧...