コラム

できるビジネスマンほど運動が習慣化!脳を活性化して仕事効率をUP

運動習慣は、個人の子供の頃の遊びで運動を経験する環境と学生時代の本格的なクラブ活動がベースになっていると考えられます。

子供の頃は親や親族など周囲の人に勧められなくても、自分から遊びに熱中して運動をしている場合が大半です。また学生時代は自分がやりたい運動クラブに入り、基本的な運動の技術を身につけます。

子供の頃と学生時代の運動

子供の頃の運動は、その人が育った環境によって変わります。自然に恵まれた地方は山や川、海などがあり、それらを利用した遊びが運動になります。都会の場合は、家の周りや公園などが遊びや運動の場になります。

学生時代はその時に流行していたスポーツの影響で運動を始めることが多く、昔は野球や柔道、最近はサッカーやラグビーなどが人気のスポーツのようです。

転職コンダクター
転職コンダクター
子供の頃の遊びや学生時代の運動が、体力の基礎になると思います。

ビジネスマンの20代から30代の運動習慣

ビジネスマンの20代から30代は新入社員から中堅社員の時期で、体力が漲っているのでハードな運動習慣が可能だと思われます。

学生の延長線上にある時期で経験したスポーツやトレーニングができて、スポーツを週に何回か行うとともに筋肉トレーニングを毎日の習慣にできます。

腹筋や腕立て伏せなどの回数を設定し、スクワットのダンベル、足踏みやボート漕ぎのマシーンなどを用意すれば、トレーニングを習慣化しやすくなります。

ビジネスマンの40代から50代の運動習慣

ビジネスマンの40代から50代はビジネスを行う上で最も能力を発揮する年代であり体力が求められる時ですが、同時に年齢的に体力が衰えてくる時期になります。

それだけに運動習慣により、気力や知力の基本でもある体力を鍛えておく習慣を大事にすることが必要です。

年齢を考慮して、好きなゴルフなどのラウンドや練習の回数を減らすことやジョギングの走行距離を短くすることや筋肉トレーニングの内容を調節することが大切です。

ビジネスマンの60代から70代の運動習慣

ビジネスマンの60代から70代は定年を迎える頃になり体調不良になることもあるので、体力を過信せずに今までの運動習慣を加減することが必要です。

心臓に負担がかかる過激な運動は避けて、無理なくできるスポーツを楽しみトレーニングも疲れが残らない程度にすることが大事です。

ゴルフはラウンドの回数は減らして練習場で疲れない程度にボールを打ち、毎日のトレーニングも腹筋の回数やダンベルの重量を減らす工夫が必要です。

ビジネスマンに適した運動習慣とは

ビジネスマンは基本的には体力が最大の資本であり、体力が強くないとマネジメントに必要な気力や知力も湧いてこないことが考えられます。

体力を強くしてビジネスの戦場で闘うためには、運動を習慣化してどのような場面にも立ち向かうことができる強靭な肉体を作ることが必要です。

運動習慣の内容は年齢とともに変えていきその年代で最強の体力をつくり上げるトレーニング方法を確立すれば、ビジネスを遂行する上で優位に立てます。

ビジネスマンの運動習慣の効果

働き方改革とは異なることになるかもしれませんが、ビジネスの世界では他人よりハードな働き方をしなければ昇進することができない面があることも事実です。

勤務時間にしても精神的にプレッシャーがかかるポジションにしても、恒常的ではないけれども履行しなければならない場面があります。

その際に無理が効く体力があればピンチを切り抜けられるだけでなく、難しい課題遂行の代償として昇進昇格の効果があることも考えられます。

健康と運動習慣

健康は食事や睡眠など色々な要素が大切ですが、適切な運動習慣により体力を維持増強しておくことも重要な要素だと思われます。

ビジネスの場面では接待でゴルフをすることやお酒をたしなむことなどもあり、お客様などへの配慮で心身ともに疲労困憊になることもあります。

しかし前日に疲れることがあっても毎日時間通りに勤務することがビジネスマンの基本になるので、疲労した状態でも出勤できる体力の強さが非常に大切になります。

筋肉トレーニング

筋肉トレーニングは個人差があって色々なきっかけで始めると考えられますが、学生時代のクラブ活動で体力を増強することが多いようです。

体力増強のトレーニングはハードな内容であり、100キロのバーベルや10キロのダンベルで過激なトレーニングをすることもあります。

しかしビジネスマンになり年齢も高くなったら年代に相応しい内容にして、ダンベルを10キロから5キロに減らしてスクワットを行うのが賢明だと思われます。

散歩とストレッチ、スロージョギング

ビジネスマンが定年後に行う運動習慣は、ドライブで音楽を聴きながら公園に出かけてストレッチを行い散歩とスロージョギングをするのが適度だと思われます。

転職コンダクター
転職コンダクター
ドライブは危険予知をしながら運転を行うので反射神経の訓練にもなり、音楽はBGMになるので五感の刺激になります。

公園は複数の場所をその日の気分により選択して、草木の風景を楽しみながら速足で散歩をして時々スロージョグイングをすることで心地よい運動になります。

まとめ

平均寿命が伸びて人生が100歳時代になってきています。しかし健康寿命を伸ばさないと、快適な生活を送ることは不可能です。

健康寿命をのばして自分の意思で生きるためには心身の健康が大切になり、特に体が思い通りに動くことが生きる基本になります。

毎日を健康で生きるため、自分の年齢に合う運動が必要だと思います。

「ビジネスマンという職業」サラリーマンからビジネスマンにシフトアップしよう! 職業がサラリーマンのままであれば仕事は他人から与えられるだけですが、ビジネスマンになることで仕事を自ら生み出していく人生...