20代転職

20代で転職回数が多いと不利になる?転職回数が多くても有利に持っていく方法

20代で転職回数が多いと不利な理由は、採用企業が転職の回数を制限していることや採用担当者がまた転職するのではないか懸念を持つことなどによると思います。

有利にするには面接で評価される説明をすることです。

20代の転職回数

転職回数

転職回数をどのように考えるかは業界や職種、各企業によって異なり採用担当者による違いもあるので一概に言えない面があると思います。しかし転職の理由が明確でない場合はマイナスの印象になると考えられます。

面接の回数が多いことは一般的には腰を落ち着けて仕事に取り組む姿勢が足りないと見られます。ただし面接で転職について面接官が納得する説明ができれば印象が変わってきて、マイナスにならなくなることも予想されます。

平均の転職回数

20代の転職は平均で1回から2回の場合が多く、2回以内であれば普通だと言えるようです。転職が珍しくない時代ですが20代は就業期間があまり長くないので、転職の回数もそれほど多くはないと考えられます。

転職回数が多い場合は内容が問題になり、異なる職種を数か月で転職している場合はキャリアを積んでいないと見られ評価されないことが多いと思います。入社しても同様の転職をすると思われて不採用の確率が高くなります。

多いと思われる転職回数

20代の転職回数は3回以上になると多い印象になると考えられます。20代の前半の就業期間は大卒の場合22歳から約3年になるので、2回の転職で1社に在籍した期間が約1年になり短い気がします。

20代の後半は前半よりは就業期間が長くなりますが、3回以上の転職は多いと思われる回数になります。従来の1社に3年は勤務すべきという考えにとらわれる必要はないと思いますが、職務の実績が残せる期間は必要だと思われます。

不利にならない転職回数

企業は採用で長く勤務して活躍してくれる人材を求めているので、転職回数が多いと書類選考で不利になり不合格の可能性もあります。不利にならない20代の転職回数は、2回以内が目安になると考えられます。

ただし何か特別な理由がある場合や積極的な目的のための転職は、回数が多くても認められる場合も考えられます。また技術的な進化が激しく短期間で変化していく業界や職種の場合は、転職回数が問題にならないこともあります。

採用企業の転職回数の見方

早期退職の懸念

転職回数が多い場合は、企業に苦労して採用しても早期に退職するのではないかという懸念を持たれてしまいます。採用企業だけが前職の会社と違うとは考えられないので、過去の転職と同じパターンを繰り返すのではないかと思われます。

回数が少ない場合は転職をするにしても一定の期間は勤務するという予測が立てられますが、早期退職の場合は採用広告費や採用活動費が無駄になるばかりでなく採用が失敗したことになってしまいます。

実務経験の少なさ

20代で転職回数が多いことは実務経験が少ないことが類推されるので、採用面では不利な材料になると考えられます。1年未満の実務経験では職務能力やスキルが身についているとはみなされないと思われます。

1年以上の実務経験があれば、個人差はありますが職務能力やスキルを習得している可能性があります。深い知識や技術を身につけていなくても基本的な業務の経験があるので、同業に転職する時は評価されることも考えられます。

スキルの低さ

1年未満の数か月の実務経験はスキルを習得するには短すぎるので、転職の場合のキャリアと見なされない場合が予想されます。ただし企業としては社会人としてのマナーなど新入社員教育の一部を省略できるメリットがあります。

職務のスキルを身につけて転職の場合にアピールするには、1年以上の実務経験が必要だと思われます。スキルが低い場合は採用されにくいだけでなく実際に配属された時に業務ができなくなる危険性もあります。

回数制限を決めているので不採用

企業によっては、原則として転職回数が1回までは認めるが2回以上は書類選考で不合格とすることを決めている会社もあります。そのような会社の場合は、転職回数が多いと書類選考に合格することが難しくなります。

書類選考に合格するには、企業が求めている内容を把握して転職エージェントを活用してそれに応えることができることを企業に示すことが必要です。また入社後の業務に対する意欲や行動力をアピールすることも大切です。

企業が求めるもの

実務経験や能力

企業が20代の転職に求めることは、前半と後半では少し異なります。前半では社会人の経験が少ないので経験を活かしながら今後に期待することになります。しかし後半では、実務経験を活かした職務能力に期待することになります。

後半では前職が同業かどうかや応募会社と関連があるかどうかも大切になります。同業であれば経験を活かして更に職務能力を高めることが期待でき、関連のある業務であれば業務の改善なども期待できます。

仕事に対する意欲

仕事に対する意欲を期待するのは20代の前半も後半も変わりませんが、特に前半の場合は職務経験が浅いと思われるので意欲がどの程度かが見られます。仕事への意欲が強い場合はすぐに退職する確率が低くなると思われます。

仕事に対する意欲があまり感じられない場合は、入社後の活躍が期待できず早期に仕事に行き詰まり退職することが考えられます。入社後の具体的な計画を説明して仕事に対する意欲をアピールすることが大切です。

バイタリティーや行動力

企業が20代の転職者に求めることは、バイタリティーや行動力などで会社の職場を活性化させることです。組織が大きくなると従業員の意識は保守的になりがちですので、若い転職者による刺激が重要になります。

仕事に精通したメンバーによる業務の遂行は基本ですが、型通りの仕事のやり方を繰り返しているとマンネリに陥る傾向があります。異質なメンバーが加わることで、改善などが行われ複合的な効果が生まれる可能性があります。

考え方の柔軟性

考え方の柔軟性も20代の転職者が入社することによって会社にもたらされる要素です。伝統のある会社は以前からの慣習を重んじて、会社の考え方が硬直的になって実行力に乏しくなってくる危険性があります。

20代の転職者は色々な会社のカラーを持っていて、若いので考え方が柔軟であることが予想されます。今までの伝統的な考え方や仕事の進め方などは踏襲しながらも、様々な会社の考え方で職場を活性化することが求められます。

20代の転職で転職回数が多くても有利に持っていく方法

それぞれの転職理由を明確にすること

20代で転職回数が多い場合は、それぞれの転職でなぜそうなったのか面接者が分かるように説明することが必要になります。何度も転職した説明が納得できる内容で、面接官が理解できる場合には合格する可能性が出て来ると考えられます。

ただし説明が納得できるものではなく、面接官が理解できない場合は不合格になる確率が高くなります。転職するほどではない理由で簡単に退職していると思われると、合格することが難しくなります。

それぞれの職務経験で身についた職務能力の説明

企業が20代の転職者に職務能力を求めている場合は、転職回数が多くても身につけた職務経験を具体的に説明することが効果的になると考えられます。すぐに使える職務能力を持っていることが証明されれば、採用の合格に有利になります。

職務能力のレベルは個人差が大きいので、就業期間が短い場合でも職務を習得して職務能力が高い人はいると思われます。職務能力のレベルの高さが面接官に伝えられれば、合格する可能性があります。

これからの職務に臨む意気込み

20代の転職では、入社後の仕事に対する意気込みを語ることが大切になります。入社してからのポテンシャルを面接官にアピールして是非採用したいと思わせることが重要で、合格するポイントになります。

ポテンシャルをアピールする上では、応募企業がどのようなことを転職者に期待しているかを把握しておくことが大切です。応募企業が求めている内容に応える意気込みを主張することで、面接官の気持ちを引き寄せることが大事です。

今後達成したい具体的な目標の表明

入社後の実践を期待させるには、具体的目標を説明することが効果的だと考えられます。あらかじめ企業が求人で求めている事項を調べて、入社した場合に達成したい事項を考えておくことが大切です。

面接で入社後の行動目標を表明することで仕事に対する姿勢を示し、本当に入社したい気持ちであることを面接官に伝えることが重要になります。転職回数が多いのでまた辞めるのではないかという懸念を払拭するには熱意も大事になります。

20代の転職で必要なこと

好印象

20代の転職では応募書類の内容も大事ですが、面接が非常に重要になります。面接で面接官に好印象を与えて、是非一緒に仕事をしたいと思わせることが採用を成功させることにつながると思われます。

逆に面接官が悪い印象を持ってしまうと、職務能力が素晴らしい場合でも一緒に仕事はしたくないと思われて不採用になる場合があります。印象は面接の話しの内容だけではなく、面接時の服装やマナーなどが影響する場合も考えられます。

就活の面接方法 どうすれば面接に合格するの? 就活では採用に成功する上で最も重要になるのが面接です。 面接で評価されれば採用内定につながる可能性が高くなるので、面接方法...

社会人としての常識

20代の転職の場合は、新入社員とは違って職務経験があるので社会人としての常識やマナーがチェックされる可能性があります。前職で常識やマナーを身につけていると思いますが、自分でも確認する必要があります。

企業は20代前半を第二新卒として積極的に採用することが増えており、それは新入社員教育を省くことができるメリットがあることも一因になっています。そのため社会人の常識があるかどうか確認されることがあります。

会社に対する貢献の意思表示

20代前半の転職では今後活躍するポテンシャルを感じさせることや仕事に対する意欲を示すことが重要ですが、20代の後半では実務能力など具体的な手段で会社に貢献する意志を明らかにすることが必要になります。

20代後半で職種の経験があり同じ職種に就任する予定がある場合は、前職の経験を活かしてどのように会社に貢献するのかをアピールできると考えられます。また資格がある場合は資格の活用についてもアピールできます。

期待感を抱かせる言動

採用面接の時間は限られているので、いかに短い時間に自分をアピールできるかが重要になります。20代という年齢的な優位性を活かして、面接官にどれだけ期待感を抱かせることができるかが合否を分けることになります。

応募書類で記述していることを読み返して記憶しておくことと、面接官の質問を想定して好印象を与える回答を考えておくことも大切です。面接官の質問を正確に聞き取って、簡潔明瞭に答えることも大事になります。

20代の転職で回数が多い場合の注意

今までの転職が多いことの理由が説明できること

20代で転職回数が多い場合はまず書類選考で通ることが難しくなります。書類選考で通るためには退職の理由を明確にして理解されやすい内容にすることが必要なので、それぞれの退職理由が分かるように作成をします。

面接では面接官にそれぞれの転職の理由を質問されますので、なぜ転職したのかを答えられるようにあらかじめ準備をしておくべきです。また面接官を納得させることが重要になるので説得力のある説明が必要になります。

今回で転職を終了し次の転職がないことを伝えること

20代で転職回数が多いことは、採用の応募書類の書類選考や採用面接で不利になります。

応募書類でも面接でも、今後の転職は考えていないことを伝えることで不利な状況を少しでも挽回することが必要だと思われます。

30代以降の転職は予測できませんが、20代の転職はこれ以上行わないことを意思表示して応募企業に長く勤務する考えを述べることが効果的だと思われます。20代では2回から3回が転職回数の限界と考えられます。

20代の転職で得たことを30代や40代に活かすこと

20代の転職はポテンシャルや意気込みを評価してもらえるチャンスになります。また職務経験が長ければ転職の際に強みとしてアピールできます。他の年代に比べると、最も転職がしやすい年代になります。

20代の転職で経験した転職市場の動向や業界・職種の情報は、30代や40代で転職する場合に役立つと考えられます。20代でマネジメントに転職した場合は、30代や40代で更に上の管理職や役員に転職する可能性があります。

ビジネスライフ全体のキャリアデザインを描くこと

20代でキャリアを築く最初の段階からビジネスライフ全体のキャリアデザインを描き、自分なりの展望を持つことが重要です。色々なことが転職の動機になると考えられますが、転職が契機で飛躍することもあります。

ビジネスライフの中で現在どこにいるのかを考えて、今の自分のポジションからどこに行くのかを自分で決めることが大切です。信頼できる転職エージェントのコンサルタントを探して、効果的な転職をすることが大切です。

まとめ~20代の転職で回数が多い場合はこれ以上の転職をしないことを伝えることが重要

20代の転職は2回から3回程度が限度だと思われます。それ以上の転職回数がある場合は面接の場面で面接官が理解できる説明をすることが大切です。

入社後は転職を考えずに職務に取り組む姿勢を示すことが必要です。