30代転職

30代の女性転職の現実と成功させるための秘訣

30代女性は結婚による家事や出産による育児のために、転職は難しいとされてきました。30代で働く女性が多い現在でも、結婚や出産の理由で女性の中途採用に消極的な採用担当者がいる現実があります。

30代女性が転職に成功するには、求められる即戦力を身につけ自分の転職計画の実現に効果的な情報収集をすることです。

30代女性の転職

30代女性の転職の現実

20代の女性は未経験の職種への転職でも将来性があるので採用する場合が考えられます。しかし会社は30代の女性には即戦力を求めるので、即戦力を証明する経験や資格などを保有している人を採用する傾向があります。

30代女性が未経験の職種に転職する場合は、転職が厳しい職種と比較的転職しやすい職種があるので調査して選択することが重要です。転職できても即戦力でないと年収が下がり新人の扱いになることも考えられます。

30代女性が転職しやすい職種

転職する女性に人気職業とは?年代別に入りやすい職業や、転職活動で気をつけたいポイント 女性が転職する理由は、給与のアップなどだけでなく働きやすくスキルを身につけられることやプライベートな生活と両立できることなども考...

30代女性が転職しやすい職種は営業が考えられます。営業職は求人数が多く、不動産やアパレルなどを中心に採用される可能性が高いと思われます。営業職はキャリアや収入をアップできるので人気があります。

本格的なキャリアを積みたい30代の女性には、企画やマーケティング職やコンサルタント職があります。エンジニア職も将来性があり、SEなどITエンジニアからITコンサルタントにキャリアップするコースも考えられます。

30代女性が転職しにくい職種

30代女性が転職しにくいのは未経験の職種で、30代までに培った知識や経験を活かせない未経験の職種の場合は採用が厳しくなると予想されます。20代に比べると体力が劣る面などで転職が不利になることも考えられます。

特に資格が必要な看護師や弁理士を希望するのに資格を保有していない場合は転職が難しいと思います。また資格を持っていても実務経験がないケースは、即戦力を求める状況では採用が厳しいことが考えられます。

転職と結婚・出産

30代の女性の転職では結婚と出産を考える必要があります。多くの女性は30代で結婚や出産を経験しますので、転職を結婚の前にするのか後にするのかなどタイミングの調整も大事になります。

採用企業と求職者の立場を考えると、結婚前に転職活動を行い採用が決定することが双方に好都合になると思われます。

求職者は結婚後の人生設計を検討しながら職場に馴染むことができ、企業は出産まで数年間は休暇なしの貢献が期待できます。

30代女性の転職が難しい理由

企業が求める条件

企業が30代女性の転職で求めることはすぐに実務ができる能力ですが、企業規模によって求める内容が違います。大きな企業が高い専門能力を求めることが多いに対して、中小の企業は専門能力よりも幅広い対応力が求められます。

勤務体制も大手と中小では異なっています。大手は福利厚生などの制度は整備されていますが勤務の制限が厳しい場合が多く、中小は制度が未整備な点がありますが勤務をする場合に融通が利く傾向があります。

勤務形態と給与や退職

30代女性の転職は、正社員と派遣社員や契約社員の違いで仕事の内容や給与、退職が変わってきます。

こ正社員は派遣社員や契約社員より給与が高く賞与もありますが、派遣社員や契約社員の賞与はないのが一般的です。

正社員は企業内で責任のある仕事をする場合が多く、派遣社員や契約社員は少ない場合が多いと考えられます。また正社員は自己都合以外の退職は原則としてありませんが、派遣社員や契約社員は契約満了で退職になります。

年収

30代前半の女性の平均年収は額面で約300万円、手取で約230万円になると予想され、男性に比較すると額面で約110万円、手取で約100万円低い金額になると推定されます。

30代後半の女性の平均年収は額面で約290万円、手取で約220万円と下がっていて、30代前半より少ない金額になっていると推定されます。

年齢が高くなっても、管理職などのプラスになる要因が加わらなければ年収が上がらないことが分かります。

家事との兼ね合い

30代女性の転職では、結婚や出産、家事や育児などとの兼ね合いが難しいことが考えられます。女性の年収のピークは20代後半から30代ですが、この年代は結婚や出産を迎える時期でもあり出産後は家事や子育てが忙しくなります。

家事をしながらの転職活動は時間的な制約があるので、会社選びなどを転職エージェントに相談するのが効果的です。家事を行いながら仕事をする場合は、融通が利く中小企業が適していると考えられます。

30代女性の転職が可能な職種

営業・接客業

営業はあらゆる業界で必要とされ30代の女性が転職可能な職種です。特にセールスは難しい面があり、求人の割には応募者が少なく30代の女性が転職で応募すれば採用されるチャンスがある職種だと思われます。

飲食など接客業は求人が多いが人の入社と退社も激しい業界で、接客の経験や技能をそれほど求められないので30代の情勢が転職しやすい面があります。接客は体力を要する仕事なので、体力的に自信がある人に向いています。

介護・保育・医療

介護は30代女性が転職しやすい職種で仕事を続けたい人に適しています。勤務先は老人ホームなどで未経験でも研修があるので転職が可能です。

保育もスタッフの募集が多く、保育士の資格を持っている人はすぐに採用が決まる可能性があります。主任や園長を目指すこともでき、30代女性には向いています。

医療は成長を続けている業界で、看護師や歯科衛生士などの資格を保有している30代の女性は採用が即決する可能性があります。

保険

保険は全国に多くの店舗を持つ会社もあり、30代の女性が希望する自宅から通勤できる店舗で勤務の場合も考えられます。また転居を伴う異動が原則としてない会社が多いので、30代の女性が結婚後も勤務が可能です。

通常は保険アドバイザーやカスタマーコンサルタントとして勤務しますが、保険の知識や経験に加えて営業経験がある場合はライフプランナーやファイナンシャルプランナーとして勤務し高額の年収を得ることもできます。

事務

事務職は人事や総務の事務や事務アシスタントなどの職務で、30代の女性が転職しやすくレベルアップをはかることができる職種です。大手企業は勤務地が全国にあり、希望の場所で勤務できる可能性があります。

事務でもIT事務やSE・ネットワークエンジニアなどは、30代でも募集があり転職が可能な職種です。ITの基礎から学びながら経験を積み重ねることで高額の年収も期待できる仕事で、30代に相応しい職種と思われます。

30代女性の転職に効果的な資格

秘書検定

秘書検定は社会人のマナーをマスターしていることを証明する資格ですので、30代女性が転職する際に効果があると思われます。電話の応対や接客マナー、ビジネス文書などビジネスで必要なスキルを身につけられます。

秘書検定は1級から3級まであり、1級でも合格率が40%ですので取得できる確率が高い資格です。

学習期間は3ヵ月から4ヵ月程で、年に2回から3回の試験が実施されているので受験してみることをおすすめします。

日商簿記検定2級

日商簿記検定は実際に業務で役に立つ会計や経理の知識を学ぶことができ、需要が高く30代女性が転職する際に有利になる資格だと考えられます。幅広い業界で認められていて取得しておくべき資格だと思います。

特に2級以上の資格取得は採用試験で評価される可能性が高いので、事務職や経理職、会計事務所などに応募する場合には、有力な資格となることが予想されます。30代女性が長く経理や事務に従事する時にも頼りになります。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーはFPと略して呼ばれる資格で、国家資格ですが比較的取りやすい面があり女性にも人気があります。

個人のお金に関する相談やアドバイスをする仕事に関連するので、取得すれば転職しやすくなります。

具体的には不動産や保険、資産運用や相続、税金や年金などに関する相談を行う仕事に必要な知識が修得できるので、30代女性が転職を希望し不動産業や保険業などに応募する際に効果的な資格と思われます。

医療事務

医療事務は、診療費や薬剤料金の計算などの業務で求められる資格です。資格は医療事務技能審査試験のメディカルクラークや医療事務管理士技能認定試験、診療報酬請求事務能力認定試験などがあります。

資格取得に要する期間は6ヶ月ほどの通信教育がありますが、10日から3ヶ月程度の通学講座もあります。

資格取得の合格率は50%から60%くらいですが、診療報酬請求事務能力認定試験は難易度が高く他は比較的易しくなります。

30代の女性が転職で準備すること

職務経験が活かせる職務の探索

30代女性が転職する場合は前職の職務経験が活きる職務が有利と考えられるので、未経験の職務よりも経験のある職務を探すことが大事になります。経験者は即戦力と見なされて、給与やポジションが優遇される可能性があります。

未経験の職務に転職することもできますが、その場合は10代や20代などの新人と同じ条件で一から働くことになります。体力を要する職務などは10代や20代に比べると不利になるケースも考えられます。

キャリアとなる職種の選択

30代女性が勤務形態を選ぶ場合は、派遣社員や契約社員を選択するよりも正社員を選ぶ方がキャリアづくりに有利だと考えられます。正社員は長い勤務でキャリアを形成できますが、派遣社員などは短期間で契約満了になります。

正社員で長く勤めると、職務能力が向上するだけでなく職位が高くなることも期待できます。管理職を担当する経験を持つと転職の際に評価されて、年収やポジションが高い管理職で採用される可能性もあります。

労働条件の確認

30代女性が転職する際は労働条件を確認することが重要です。自分が希望する労働条件に合わない場合は勤務が長続きしないおそれもあります。提示されている労働条件と実際の勤務内容が違う場合も考えられます。

実際の労働条件を確認するには、会社の評判を確認することや実際に訪問して雰囲気をチェックすることが考えられます。

入社の可能性が高くなった時は、会社が入居しているビルに出向いて確認することも必要だと思います。

転職サイト・転職エージェントの選び方

30代女性の転職は、今までのキャリアを基本にして転職サイトや転職エージェントを選ぶことが重要です。キャリアの内容によって、参考にするサイトや相談するエージェントが違ってくると思われます。

転職する30代女性のすべてに当てはまるサイトやエージェントもありますが、正社員の経験がある場合やマネジメントの経験がある場合に有効なサイトやエージェントもあります。自分のキャリアと志望を考えて選ぶことが効果的です。

30代女性の転職の魅力

転職による自己実現

就職して社会人になっても、入社の時から志望していた職種でない場合や途中で志望する職種が変わることがあります。最初の志望が変わらない場合が多いと思われますが、志望が変わり転職するケースも増えています。

30代の女性の場合は志望が変わり転職をする場合もありますが、結婚や出産などが原因で転職をする場合もあります。転職の動機は様々ですが、転職が自分のキャリアを活かし自己実現をはかる機会になることもあります。

転職による収入のアップ

転職には志望する仕事をしたい動機もありますが、今までの知識や経験を活かして収入をアップさせたい要望もあります。収入アップを実現させるには、現状の収入と転職によるアップを比較することが大切です。

転職をするにはかなりの労力が必要になりますので、その労力に値する成功がなければ徒労に終わってしまうことも考えられます。現状で努力するのが安全で確実なのか、転職による年収アップを目指すのかは思案のしどころです。

転職によるポジションのアップ

転職の魅力は年収アップとポジションのアップが考えられます。年収とポジションは連動していて、高い地位に就くと年収も上昇します。同時に職務の権限が大きくなりますので、仕事のやりがいを持てると思います。

30代女性の転職では、正社員やマネジメントの経験があればそれらの経験を有効に活用して高い収入やポジションを目指すことができます。マネジメント能力は会社のすべての管理職に必要な能力なので、長く活用できます。

環境を変える醍醐味

仕事のやりがいは同じ職場環境で同じ仕事を続けることでも得られますが、本来志望していた仕事に挑戦するためや年収・ポジションのアップのために転職で環境を変えることが良い刺激になることも考えられます。

転職することで環境が変わり、仕事に対する取り組み姿勢が一層真剣になることも予想されます。今までの温情的な見方ではなくお手並み拝見という厳しい見方に変わりますが、その見方に応えて実績を上げる醍醐味があります。

まとめ~30代女性が転職に成功するには

30代女性が転職に成功するには、今までの知識や経験が活かせる職種を選びマネジメントを行うことが重要だと考えられます。体力が求められる職種などは不利な面も考えられますが、個人の資質次第で成功する可能性はあります。

それまで培った経験やマネジメント経験を活用することでより成功の確率が高くなると思われます。