コラム

【仕事のストレスによる体調不良】ストレスの種類を知って自律神経を整えよう

現代はストレス社会と言われるほどストレスを感じる人が多い社会であり、特に仕事のストレスで体調を崩す人が増えています。

ストレスは様々な症状となって身体にあらわれて、仕事や日常生活に悪影響が出て来る可能性があります。ストレスを克服する取り組みが広範囲に行われていて、国もメンタルヘルス対策を行っています。

自律神経とストレスの関係

神経には体内で各組織と脳を繋ぐ役割があり、神経を通して指令や情報が行き来して身体が正常に保たれます。

神経には脳や脊髄の中枢神経と全身にある末梢神経があり、末梢神経は体性神経と自律神経に分けられます。

体性神経は運動に関わり手足を動かすことなどをコントロールし、自律神経は胃腸や心臓、肺や血管など内臓器官の機能に関わり自由にコントロールできません。ストレスなどで自律神経が乱れると身体不調があらわれます。

自律神経のバランスが乱れる原因

自律神経のバランスの乱れは、ストレスや不規則な生活習慣、心身の疾患などにより引き起こされると言われています。

ストレスを感じると副腎皮質ホルモンなどが分泌され血糖値上昇や血圧上昇、免疫抑制や胃酸分泌促進などを引き起こし心身が不調になるので、リラックスしてストレスを感じないことが大事です。

不規則な生活習慣や心身の疾患なども自律神経のバランスを崩す原因なので、生活や心身の疾患にも注意することが必要です。

ストレスの種類

ストレスになるきっかけは色々あり、様々な種類のストレスがあると思われます。職場のストレスや女性のストレス、加齢によるストレスや受験生など特別な状況で起こるストレス、人間関係のストレスなどが考えられます。

転職コンダクター
転職コンダクター
それぞれのストレスの種類ごとに経緯や症状が違うので、ストレスの種類に適した対策が必要になると思われます。

軽度のストレスからうつ病など重症になる場合も考えられるので、早めの予防や対応が大切になります。

職場のストレス

職場でストレスを感じる人は多いと思われますが、ストレスを感じている期間が長くなってくると精神的にも肉体的にも様々の症状が出てくることが予想されます。

特に睡眠に関する障害が出てくるケースが多く、十分な睡眠が取れないので仕事をする上で悪影響が出ることも考えられます。

職場でストレスを感じている人は約6割と言われているので、働く人の半数以上にストレスがあることになりうつ病になる可能性があることになります。

仕事を辞めるタイミングは?状況別ベストタイミングポイントはココ 会社を辞める時は緊急の場合も多くタイミングを考える余裕もないことが予想されますが、辞める時のタイミングが悪く会社と揉めることにな...

女性のストレス

女性の場合は女性特有のホルモンの変動があるので、それに伴う気分の変調や体調の不良があらわれてくる可能性が予測されます。

女性ホルモンの変動に伴うストレスが解消されない場合は自律神経のバランスが崩れてきて、疲れ目や食欲不振、頭痛やめまい、吐き気や微熱が続くなどの症状が出てきます。

また皮膚のかゆみや喉の違和感、動悸・息切れや腹痛、腰痛や手足のしびれなどが見られ、生理不順や無月経になることも多いようです。

加齢によるストレス

加齢によるストレスは人生の節目に起こるストレスで、特に高齢者のライフイベントに伴う心の負担がストレスの原因になる場合があります。

具体的には、定年退職を迎えたことや配偶者や兄弟との死別、家族の病気や介護などによりストレスを感じる機会が多くなります。

また高齢になって健康が減退することや感覚や認知機能の低下、行動力が衰えてくることや居住環境、経済的な問題や社会的な孤立などによるストレスが目立ってきます。

受験生が感じるストレス

受験生など特別な時期を迎えている人の場合も、ストレスがたまりやすい状況になっていると考えられます。

受験の時期が迫っているのに勉強しても成績が伸びない状態や朝起きられない、遅刻や欠席が多くなり怒りっぽくなる、親や友人と上手くいかないなどは注意すべき症状です。

ストレスからうつ病を発症する可能性もあるので、異変に気がついた家族や友人などが早期の対応を取れば大事に至らないで済むことにつながると思われます。

人間関係のストレス

人間関係はストレスの原因として取り上げられることが多くなっていますが、会社を辞める人が理由としてもあげる内容でもあります。

良好な人間関係が築かれている組織では明るく楽しい毎日を過ごすことができますが、人間関係が上手く築けない場合は様々な不都合なことが起こる恐れがあります。

職場や学校、家庭などで人間関係のトラブルが発生すると、ストレスで胃痛や食欲不振、睡眠不足などの体調不良が起こる可能性があります。

ストレスの症状と対策

転職コンダクター
転職コンダクター
ストレスは初期の段階や慢性化した段階を確認して、段階に応じた対処をすることが大切です。

初期症状は胃が持たれることや頭が重いこと、肩こりや腰痛、朝スッキリ起きられないなどの症状があり、慢性的な症状は疲れやすく抑うつ気分が続くことや食欲不振、眠れないことや集中力がないなどの症状があります。

初期症状は注意することで対応できる場合がありますが、慢性の症状は精神科や心療内科の受診が必要な場合も考えられます。

まとめ

仕事などのストレスから精神的な面だけでなく身体的な面の病気になることもあるので、初期症状や慢性の症状で適切に対応することが重要です。

ストレスの蓄積が原因で急性胃腸炎や蕁麻疹、うつ病や自律神経失調症、突発性難聴などの病気になる危険があり、適応障害や発達障害などもストレスが関係していると言われています。

会社辞めたいのに辞めれない人は辞める勇気を持とう! 会社を辞めたいのに辞められないことで悩んでいる人も多いと予想されます。しかし労働者には、仕事を辞める場合に有利な法律や契約があり...