就活術

「受かる!履歴書の書き方」誤字・脱字・空欄などもチェック

履歴書は応募者が基本的な項目を記入しますが、人事担当者が書き方や内容、文字や写真などで熱意や意欲の高さを判定するので丁寧に作成する必要があります。

転職コンダクター
転職コンダクター
履歴書は基本的なフォーマットが決まっていて基本情報欄や学歴・職歴欄、免許・資格欄や志望動機欄などがあるので、それぞれの欄に適切な記載をすることが重要です。

基本情報欄

基本情報欄は氏名などの記載です。

日付は提出日か前日を記入し、面接に持っていく時は当日を記入します。西暦か元号表記かを統一します。

写真は横2.4cm~3cmで縦3.6cm~4cmのサイズで、3ヵ月以内に撮影の好印象のカラー写真を書き損じや剥がれを考えて写真の裏に名前を記入して最後に貼ります。

氏名は姓と名にスペースを空け、ふりがなは履歴書の書き方に合わせます。年齢は日付で記入した日の年齢を記入します。

学歴・職歴欄

学歴は高校や専門学校などから記入し、学部や学科、コース名や専攻・研究テーマなどを記入し、学校名は略さず正式名称を書きます。

職歴は時系列に記入し、会社名は略さず正式名称を記入します。会社名の他に業種や従業員数、簡単な職務内容を記入します。部署変更は部署名と異動年月を記入し、社名変更は会社名の横に現〇〇株式会社と記入します。

現職の退職は退職予定として最終行に現在に至ると記入し、最後に以上を記入します。

免許・資格欄

免許・資格欄は、自動車免許は「普通自動車第一種運転免許」、英検は「実用英語技能検定〇級」漢検は「日本漢字能力検定」と記載します。

宅建は「宅地建物取引士」、日商簿記は「日商簿記検定試験〇級」や「日本商工会議所簿記検定〇級」、FPは「〇級ファイナンシャル・プランニング技能士」と記載します。

転職コンダクター
転職コンダクター
業務関連の資格や現在習得勉強中を記入することもあります。資格の名称が変わっている場合は取得時の資格名を記入します。

志望動機欄

志望動機欄は具体的な志望動機を記載することが重要です。応募する企業が求める人材としての記述がなされているかがポイントになります。

企業が求める人材の要素は、中途採用の場合は即戦力となる実務経験やスキルであり新卒の場合は将来の中核人材となるポテンシャルになります。

企業の期待に応えられる人材としての強みや応募者自身の将来の展望が企業に伝わるような志望動機になっていれば、企業にアピールできると思われます。

本人希望欄

入社した直後は会社をまだ把握していない状況なので、待遇などについては原則として「貴社の規定でお願いいたします」と記入しておくことが無難です。

複数の職種を募集している会社に入社した場合は、複数の職種の中の希望する職種を書いておくことで配属などを考慮される可能性があります。

勤務時間の制限などがある場合は、会社の取り決めに沿うように考えていることを書いて仕事に取り組む姿勢をアピールすることも効果的です。

賞罰欄や通勤時間・健康状態欄の書き方

賞罰欄の賞は受賞歴や表彰歴を、罰は犯罪歴を指しています。賞罰がない場合は「賞罰なし」と記入します。賞は年月日が明示された国際スポーツ大会の優勝などで社内の営業成績の表彰などは該当しません。罰は懲役や禁固、罰金などで有罪判決の刑事罰が該当します。

通勤時間欄は通勤時間や通勤距離を確認して、希望勤務地の確認や社員寮や社宅への入居の参考にされることもあります。健康状態欄は業務に支障がないかを確認されます。

扶養家族欄や趣味・特技欄の書き方

扶養家族欄は自分の収入で養う被扶養者の家族を記入し、会社が所得税の計算や社会保険の手続きをする際の情報になります。扶養家族には条件があり、履歴書の扶養家族は健康保険上の被扶養者数を記載するのが一般的です。

趣味・特技欄の記入は採用担当者の印象に残ることや、企業の取り組んでいることと関連していれば企業研究をしているアピールになります。

中途採用など趣味・特技欄がない履歴書は、書く必要はないと思われます。

証明写真の撮り方

履歴書に添付する写真は人事採用担当者など様々な人に見られるので、自動証明写真機のスピード写真ではなく写真館などで撮影する方が良いと思われます。

履歴書の写真枠はサイズが決まっており、写真がピッタリ納まるような履歴書用サイズの写真を依頼して撮影してもらうことが大切です。

写真の有効期限は3ヵ月以内で、それ以上は髪型や体重の増減などで顔の印象が変わる可能性があります。背景色はブルーかグレー、白が無難です。

封筒の書き方やメールの送り方

封筒の住所は都道府県から記入して、社名に(株)などの略字は使わないようにします。封筒表面の左下に「応募書類在中」と記入し、封筒の裏面に自分の住所、氏名を記入します。

切手はまっすぐに貼り、宛名は「御中」と「様」を併用しないようにします。

履歴書をメールで送ることを指示されたらすぐに送り、セキュリティのためにパスワードをかけて送ります。本文や挨拶は簡潔にして締めの言葉を添えて最後は氏名他の署名をします。

まとめ

履歴書は採用の際の重要書類です。それぞれの欄は採用選考と関係があるので、慎重に考えて正確に記入することが大切です。

基本情報では写真の印象が重要なので服装などに気をつけて好印象を与えられるようにすることや、学歴や職歴を間違えないことが必要です。

転職コンダクター
転職コンダクター
志望動機で自分を上手くアピールできれば採用につながります。