30代転職

30代からの転職で楽しい仕事や、やりがいのある仕事に現実的に考えて就けるのか?

30代からの転職は難しい面も考えられますが、興味のある仕事にチャレンジできる満足感や自分の実力が本物かどうかを転職で試すことができる楽しみが味わえます。

また転職にはリスクもありますが、自分の潜在能力を発揮する絶好の機会にもなります。転職に成功してマネジメントの仕事に就きトップになる可能性もあります。

30代の転職の重要性

30代からの転職は岐路

30代は現状の会社か転職かの岐路に立ち、迷うことがあると思われます。現状で実務能力を磨き管理職や役員を目指すか、それとも転職で自分がやりたい仕事に就き年収やポジションのアップを目指すかの選択は難しいと思います。

転職をする際は現状の会社での自分のポジションや将来性を考えた上で、転職のメリットやデメリットを勘案して決断をすることになります。現状維持が安全ですが、転職には自分を成長させる魅力があります。

30代の転職に必要な体力・知力・気力

転職は職場環境や築き上げた人間関係をすべて変えるので、かなりエネルギーを使うことになります。転職を成就するエネルギーの元になるのは、十分な体力や知力、気力ですので、日頃から鍛錬しておくことが大事です。

30代は徐々に体力が衰えるので、毎日のトレーニングなどで体力を維持することが大切です。仕事で知的な能力を発揮するには活字のインプットの読書が不可欠です。転職には体力や知力とともに気力の充実も必要です。

30代の転職に必要な職務遂行能力

採用企業が30代に求めるのは、キャリアを活かした職務遂行能力です。20代は入社後の教育や実務で能力の育成ができますが、30代は教育などをせずに会社に貢献することが期待されます。

30代までに企業に貢献できる効果的なキャリアをつくっているかどうかが、転職を成功させることができるか失敗に終わってしまうかの鍵を握ります。

実務に活かせる職務能力やマネジメント能力を持っていれば、転職は成功の可能性があります。

管理職への志向

30代の転職で今までのキャリアを活かした実務能力が認められれば、採用される確率が高くなります。またマネジメントの能力もあると評価されれば、管理職か管理職候補として採用される可能性もあります。

会社はポジションと年収が関連しており、管理職になることは年収もアップすることを意味します。キャリアでマネジメント経験やマネジメントに近い職種の経験があれば、管理職になり更に上のポジションを目指すことができます。

30代からの転職は希望する仕事を選ぶことが可能

企業が求める条件との合致

30代からの転職は、企業が求める条件と自分が希望する条件が一致することが重要です。まず30代が企業の条件に合っているかどうかを確認します。その上で職務能力やマネジメント能力、資格などを確認します。

自分が転職後にどのような条件で仕事をしたいのかの確認も大事です。今までの職務能力を活かすことができるのか、マネジメント能力や資格は必要なのか、労働条件は希望に合っているかなどをチェックすることが大切です。

自分が本当にやりたい仕事の選定

30代は40代に比べるとまだ余裕のある年代ですが、20代のように失敗してもやり直しがきく年代ではないと思われます。そのため本当にやりたい仕事を慎重に選んで転職をすることが必要になります。

ただし今までのマネジメント経験を活かしてマネジメントのポジションに転職する場合、何度かの転職を繰り返しながら与えられた課題をやり遂げて更に上のポジションを目指していくダイナミックでやりがいのある内容も予測できます。

年収・ポジションなど労働条件の確認

転職のモチベーションはポジションと年収が大きいと思われます。30代の転職はトップも視野に入ってくるポジションに就くことも考えられます。トップを狙うには、ヘッドハンティングも含むエージェントの情報が必須になります。

経営を支えるポジションへ転職すれば、高額の年収も可能になります。そうなると労働条件の確認は必要ですが、会社を成長発展させるため身を粉にして働く労働条件にならざるを得ない状況も考えられます。

家族との調整とエージェントの情報

転職は本人の勤務場所や年収などの変動が考えられるので、家族の同意を得ることが重要になります。希望する会社は地方の場合もあるので、その場合は単身赴任も考えられるのでなおさら家族に説明が必要です。

優良企業は首都圏などの大都市にあるとは限らないので、転職をする場合は仕事の面白さを考えて検討することが大切です。地方の優良企業の情報はエージェントに聞き出すことが確実で、有力な内部事情が分かる場合があります。

30代の転職でやりがいのある職種

管理職

30代の転職で目指すべき職種が管理職です。企業はポジションにより仕事の権限が大きくなり、やりがいも感じることができます。組織のトップを目指しながらマネジメントの仕事をすることが最も充実すると考えられます。

30代の前半は職務能力とマネジメント能力を伸ばす転職ができる年齢であり、30代の後半はやりがいのあるマネジメントの仕事を探せる年齢になります。管理職の実績を積めば複数の会社からスカウトもあります。

専門職・技術職

専門職や技術職は自分の知識や技術、資格を活かしてできる仕事で、景気などの要素に左右されず生涯働くことができます。高度な専門性や技術力を持っており、法律や医療、芸術などの分野で働く場合が多い職業です。

専門職や技術職に30代で転職するには、専門的な知識や特殊な技術、資格が求められます。具体的には理学や工学の研究者、電気業界や化学業界の開発技術者や製造技術者、システムコンサルタント、医師などになります。

人事の仕事

人事部門は採用や教育、給与や労務管理など幅広い業務があり、会社で働く人に深くかかわる仕事になります。30代で転職をする場合は前職のキャリアを活かせる仕事を選ぶのが有利ですが、人事の場合は活かせる業務があります。

採用は新卒も中途採用も人との折衝が基本になりますので、セールスや顧客との取引の経験が活かせる業務になります。また教育は社員の能力を育成する業務であり、技術者が知識や技術を活用できる業務です。

 研究開発職

研究開発職は技術者にはやりがいのある職種であり、30代の研究開発に関心がある人の転職に適していると思われます。医薬品や化学、食品などの分野があり、専門的な技術を発揮する業務が多いと考えられます。

医薬品の分野では、品質管理業務や開発の新規候補物質のスクリーニング、動物を用いた薬効試験や再生医療の創薬関連業務があります。化学では機能性フィルムなどに関する研究開発、食品では商品開発などの業務があります。

30代の転職に効果的な資格

仕事に活かせる資格

30代の転職者は知識や経験が求められますが、知識や経験を保有していることを証明することは困難な場合も考えられます。志望動機の記述や面接などで知識や経験があることを採用担当者に知ってもらうのは難しいことです。

採用担当者や面接官が理解しやすいのは応募者が資格を持っている場合です。資格の種類も希望している職種と無関係ではなく、職種に活かせる内容であれば評価されて採用の合格に結びつく可能性が高くなります。

人事業務に活かせる社会保険労務士

人事業務は労務管理や社会保険の業務があり、社会保険労務士の資格を持っていることが役に立ちます。社会保険労務士は国家資格で、弁護士や司法書士などとともに職務上の請求権が認められている8士業のひとつです。

社会保険労務士の具体的な業務は、労働関連法令や社会保障法令に基づく書類の作成代行や企業の労務管理や社会保険に関する相談や指導を行うことなどです。人事業務と関係があるので転職の際に有利な資格になります。

コンサルティング業界や経営で活かせる中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の診断をする担当者として通商産業大臣の資格認定を受けて登録されます。中小企業診断士の資格はビジネスに従事する人が取得したい国家資格で、企業経営の知識を身につけることができます。

経営コンサルタントやビジネスのスキルアップをはかる人に人気の資格で、30代の転職者に適しています。試験は一次試験が企業経営理論など7科目あり、二次試験は企業の事例に関する問題が4~5問出題されます。

不動産業界で活用できる宅地建物取引士

宅地建物取引士は宅地建物取引業法に基づき定められた国家資格で、宅地建物取引業者の不動産会社が行う宅地や建物の売買、交換、賃借の取引の資格です。購入者の利益の保護や円滑な宅地建物の流通の事務について定められています。

宅地建物取引士は不動産取引法務の専門家であり取得すれば不動産業界に転職する場合に有利になるので、30代の転職者が取得したい資格です。宅建士または宅建の略称で呼ばれるよく知られる資格です。

30代からの転職の年代的な有利さ

30代からの転職はバランスが良く有利

30代からの転職は、一定のビジネス経験があり実務が分かる点とまだ体力が衰えず知力や気力も充実している点でバランスが良いと考えられます。マネジメントの経験があり有効な資格を保有していれば更に有利です。

特に転職で管理職や経営層を目指す場合は、ビジネスの経験と体力や気力が充実している30代からの転職が絶好のタイミングと思われます。30代前半であれば不足している能力を伸ばすことや資格を取る期間もあります。

30代の職務経験は20代に比べて有利

20代は30代に比べると体力や気力は十分ですが、ビジネス経験が少なく即戦力の点で劣ります。また前職で勤務した期間が短い場合は、採用側が入社しても短期間で離職するのではないかと考える危惧があります。

30代は実務の経験があるので、すぐに企業への貢献が期待できます。またマネジメントの経験がある場合はリーダーや管理職として採用することもできます。管理職として実績を上げれば、役員などを目指すこともできます。

30代は40代以上に比べて体力面や柔軟性で有利

40代は30代に比べると体力の面で劣ることが考えられます。個人差があるので一概には言えないと思いますが、徐々に体力が落ちてきて気力も30代に比較すると衰えてくることが予想されます。

30代はビジネスをする上で体力が20代とそれほど変わらないと考えられ、知力や気力の面ではむしろ20代よりも充実していることも予測できます。考え方は40代以上よりも柔軟な面があるので、ビジネスを行う上で有利だと思われます。

30代は40代以上に比べて給与面で有利

30代は40代に比べて給与面で有利だと思われます。企業の給与体系は50代までは年功序列的に上昇していく場合が多いので、40代の給与は30代に比べてかなり高い金額になっていることが予測されます。

転職の際は前職の給与を参考に給与を決める場合もあるので、金額が高い40代よりも安い30代の方が有利になるケースが出てきます。能力に差がある時は別ですが、同じ能力の場合は給与の低い方を採用する可能性があります。

30代の転職の意義

職務能力を試す意義

有名な大企業で働いていても、自分の職務能力が別の会社など世間でどれほど通用するのか疑問を感じる時もあります。特に国の法律と会社の就業規則など規程類に相違がある場合などに疑問が膨れ上がります。

30代はそのような疑問を確かめて自分の職務能力のレベルを確かめることができるチャンスの年代とも考えられます。大企業では直面しなかった労務問題が、転職後は法廷闘争になり活きた労働法を学ぶ機会になることもあります。

仕事に対する本質的な疑問に挑戦する意義

同期で入社してそれほどの年収やポジションの違いもなく定年まで勤務することは、安定した生活であり満足する人も多いと思われます。しかしリスクもあるが成功する可能性もある転職を30代で決断する選択もあります。

職場の人間関係や労働条件などの理由だけでなく、現状の仕事は本当に自分がやりたい仕事なのかという本質的な疑問で転職する時もあります。30代で本当にやりたい仕事への転職に挑戦する意義は大きいと思います。

キャリアアップの意義

キャリアップは、会社組織のそれぞれの段階の仕事を知りトップマネジメントにつなげることができることを意味します。はじめからトップのポジションでは、それぞれの部門の重要さが理解できない場合もあります。

それぞれの管理職の段階を担当して実績を上げることで、会社全体の組織の概要が分かり売上や利益の詳細が理解できます。また転職により会社が異なっても、キャリアアップを積み重ねることでトップになることはできます。

転職の準備期間

転職は自己実現をはかる意義がありますが、通常の会社生活とは異なる生き方になるのでリスクも覚悟することが必要です。

転職をする動機や理由を明らかにして、目的を定めてやり遂げる熱意を持つことが重要です。転職を決断する前には用意周到な準備が必要です。

退職に伴う手続きや転職先の探索など準備期間は少なくても数か月の余裕を持ち、場合によっては数年をかけて転職後に後悔しないように慎重に検討を重ねることが大切です。

まとめ~30代からの転職には夢に挑戦して成長する楽しさがある

30代からの転職は、自分のやりたい業界や職種に挑戦できることやキャリアを積み重ねて年収やポジションをアップさせて夢を実現していく楽しさがあります。

失敗のリスクもありますが、まだ十分な体力・知力・気力で跳ね返すことができる年代です。またキャリアアップをはかる過程で自分が成長していく充実感も味わえます。