30代転職

30代からの転職に有利な資格は何?資格を武器に転職する方法

30代はかなりの職務経験があるので、転職の際には教育研修を受けなくても職務を果たす能力があると見られます

職務に関連する資格を持っていれば、職務能力の証明になり転職に成功する武器になると考えられます。

30代からの転職に必要な事

知識

30代は社会人として働いてきたキャリアがあるので、ビジネスの基本的知識やマナーは備わっていると考えられます。特に従事した職務の知識は詳しいので、同じ職種に転職する場合は職場に適応するのも早いと思います。

30代が転職する場合は多くの職種で必要とされる知識はそれまでのキャリアを活かして対応することが可能だと思います。しかし技術者や研究開発者などへ転職する場合は専門的知識が必要になることも予想されます。

 職務経験

30代の転職者に求められることは、20代に比べるとはるかに豊富なキャリアで身についた職務遂行能力です。どのような職種の経験でも職務を遂行する過程は共通性があるので転職先で活用できます。

今までの経験を活用してすぐに仕事を開始することで、会社にいち早く貢献できることが30代の強みです。20代でキャリアが足りない場合は教育や実務研修などで学ぶ期間が必要となり、すぐには会社の戦力にならない弱みがあります。

適性

転職は簡単なことではありませんので、転職を決断する前に自分が転職に向いているかどうかを考えることが重要です。転職には色々な関門があり、それらの関門のストレスに耐える適性があるかどうかが問題です。

最初の関門は退職を申し出て上司や会社の了承を得て仕事の引継ぎをきちんと行うことです。同時に転職活動というストレスもあります。転職によってあらわれるストレスに耐える適性がないと転職の成功は望めないと思います。

資格

30代のキャリアによる職務能力をアピールする書類としては職務経歴書があります。採用試験で職務経歴書を作成して面接で上手く職務能力や業績を説明することで、職務能力が評価される可能性はあります。

しかし職務経歴書の記述や説明が上手くいかない場合や記述や説明ではアピールが足りない場合も考えられます。そのような時に職務に関連する資格があれば職務能力を証明することになり、高い評価が得られることが考えられます。

30代からの転職の武器

職務能力が基本

30代からの転職ではキャリアによる職務能力が基本になりますが、職務能力だけでなく働いてきた業界について聞かれる場合もあります。採用側は、業界のことを聞いて大局的な見方ができる人材かどうかを判断している可能性があります。

30代では職務能力があることは必須で、年代的には職務の経験を活かしたマネジメントが期待される場合があります。職務能力が基本ですが、年齢的にはマネジメントができることが武器になります。

専門知識・技術

30代の転職で専門知識や技術が求められるのは技術職や研究職です。

電気や電子、機械や自動車などの業界に転職を希望する技術職は専門的な知識や技術が必要で、30代の未経験者はほとんど採用されないのが現実です。

メディカルや化学、食品や衣料などの業界の研究職も専門知識や技術が求められます。技術職に比べると研究職の求人は少ないので、大企業だけでなく中小企業にターゲットの範囲を広げて転職を考える必要があります。

マネジメント

30代の転職で企業の管理職や経営層などの中核的なポジションを目標にする場合は、マネジメントを担当した経験が必要です。与えられた職務を遂行することは当然で、30代には更に部門のリーダーや管理職の役割が求められます。

マネジメント職に就くには、前職で後輩を指導する立場や部門のリーダー的立場を経験していることが有利なキャリアになると思われます。マネジメントの経験が認められれば管理職としての採用もあります。

野心

転職の理由は様々でも、転職を決断したからには野心を持つことが重要です。30代は経験もあり体力もあるので、トップや役員などを目指す野心が加わることで転職が成功する可能性が高まると思います。

ただし転職を決断する前に、現状の年収やポジションと仕事のやりがいを冷静に分析し転職するかどうかを慎重に検討することが大切です。その上で転職を決断すれば、転職後に後悔することは少なく転職が成功する確率が高くなります。

30代からの転職の目的

年収

企業の給与は人事評価と関連しているので、勤務成績に対する上司の評価が大切になります。評価のランクが高いグループに入れば、出世コースに乗ることでポジションが高くなり年収も高くなります。

逆に人事評価が低く下位のグループに位置づけられると、出世の見込みが低くなります。

30代は会社の中のポジションがはっきりしてくる年代ですので、今後の高いポジションや年収が望めない場合は転職を検討することも必要になります。

ポジション

ポジションが上がることで職務の権限が拡大して、仕事のやりがいも大きくなることが考えられます。ポジションが上昇するにつれて重要で大きな仕事に取り組むようになり、仕事を達成するやりがいを感じることが多くなります。

ポジションのアップは年収のアップにも結びつきます。ポジションが上がることが仕事のやりがいや年収上昇の根本になるので、将来ポジションが上がる見込みがあるのかないのかの判断が大事なことになります。

キャリアアップ

規模の大きな会社では、転職をしなくても同じ会社でキャリアアップが可能だと思われます。大企業では様々な部門があり、営業支店や製造工場、研究開発部門や本社を経験することで管理職としてのキャリアを会社内で築くことができます。

転職の場合は違う職種を経験しながらポジションを上昇させることは困難であり、職種はできるだけ変えないでキャリアを重ねながら管理職や役員に出世していくことが現実的なやり方だと思われます。

仕事のやりがい

会社の評価が良好で出世が予測できても、現状と異なる仕事に興味がある場合や自分の職務能力やマネジメント能力を試したい場合が考えられます。30代であれば転職により挑戦することも推薦できます。

仕事のやりがいは個人差がありますが、最初の会社の職務能力を武器にして別の会社で試してみることは仕事の充実感につながりやりがいになります。自分の職務能力が社外で通用するかどうかは、社内だけでは分からない面があります。

30代の転職に有利な職種別の資格

事務職

20代の転職であれば資格がなくても入社後に取得することも考えられますが、30代の事務職の転職はキャリアがあるのですぐに実務での能力発揮が求められます。事務能力を証明する資格があれば転職が有利になります。

事務職に関連する資格は、仕事で使うPCスキルを身につけることができるマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格や病院の治療費をまとめて患者や国に請求する仕事の医療事務の資格などがあります。

管理職

管理職は自分が担当する部門などの人の管理や上司や他部門との折衝などマネジメントが主な仕事になるので、特に資格が必要ではないと思われます。むしろ色々な部門やそれぞれの段階の管理職経験が必要になります。

役員、トップを担当する場合は会社の経営状況を把握して意思決定をしなければならないので、財務諸表の見方が必要になります。外資系の会社に転職する場合は、TOEICや英検の資格が必要になることも考えられます。

専門職

専門職は専門性を有する職で国家資格を必要とする職業が大半ですが近年では高度な専門知識が必要な仕事は国家資格が不要でも専門職と呼ぶ場合もあります。

難しい職業

30代が転職するには難しい職業と思われます。労働基準法第14条で国が定める高度な専門知識を有するものとしては、博士課程の修了者の他に公認会計士や医師、弁護士や一級建築士、税理士や薬剤師、社会保険労務士や不動産鑑定士などの資格を有する職業が挙げられています。

技術職

技術職は電気や電子、自動車や化学、食品などの製造で開発や設計、生産管理や品質管理などを行い、原料から製品をつくるまでの工程にかかわる仕事です。通常は開発技術者と製造技術者に区別する場合が多く見られます。

30代が技術職に転職することは可能であり、転職をする前に現場の仕事を見て仕事内容を理解することが長く仕事を続けるコツだと思われます。転職するにはそれぞれの分野で資格と経験が求められる場合があります。

30代転職の強みと弱み

強み

30代はビジネスの経験があり体力も衰えていない場合が多いので、転職をする条件が整っていると考えられます。転職の理由がはっきりしていて転職の目的も定まっている場合は、業界や職種によっては転職に成功する可能性がある年代です。

ただし失敗してもはじめからやり直しがきく20代の転職に比べると、30代は何度も転職するのは難しい年代なので慎重に業界や職種を探して長く続けられる仕事を選定することが重要になります。

強みの活用

30代は、ビジネスのキャリアで培った能力を活用できる職務への転職が考えられます。経験のある職務であればすぐに実務で実力を発揮できるので、企業が求める即戦力として転職しやすくなると予想されます。

マネジメントの経験を活かした管理職や管理職候補として転職することも、30代の転職には適していると思います。管理職の仕事はどの業界でも職種でも必要とされ、初級の管理職からトップマネジメントまでの需要があります。

弱み

30代の転職では、20代に比べると年齢的には高くなっており体力的には少し衰えている面が考えられます。年齢的に一から学ぶには遅い面があり、体力を消耗する仕事では20代に劣ることも予想されます。

30代が転職をする場合は、前職と無関係の職種を選ぶと適応が難しくなります。経験がある職種を選ぶか前職と関連があり馴染みやすい職種を選ぶことが大切です。また20代に向いた体力を要する仕事は向かない場合があります。

弱みの克服

30代は、年齢が高くなっていても経験により弱みを感じさせない職種を選ぶことで年齢を克服できると思われます。また体力を消耗する仕事よりも管理的な仕事を担当することにより、体力の消耗を防止することができます。

経験を活かした仕事を選択することですぐに実務で能力を示すことができるだけでなく、後輩の指導や部門のリーダー的な立場になることも期待できます。能力を証明する資格を持っていれば、更に評価が高まります。

30代転職の注意点

現状と転職の比較

30代の転職では現状の仕事のポジションと年収を確認して転職後にどのようにポジションや年収が変わるのかを比較してみることと、転職先が内定したタイミングで転職すれば年収の無駄がなく失職する恐れもなく安心です。

ポジションと年収は転職する場合のモチベーションになるので、どの程度のメリットがあるのかを確認することが大切です。30代の前半は転職が成功する可能性があり、後半は失敗の確率が高くなる傾向があります。

転職目的の明確化と実現可能性

転職の目的を明確にしておけば目的に向かって迅速で的確な行動をとることができ、転職が実現する可能性が高くなります。転職の目的が曖昧だと失敗するおそれがあり一度失敗すると何度も繰り返すこともあります。

30代は、特に後半の年齢になると転職先が決まりにくくなるので注意が必要です。失業保険はすぐには受け取ることができないので、経済的に収入がない状態になり精神的にも追いつめられる状況になることも考えられます。

失敗時のリスク管理

転職が内定しても、入社の時期や労働条件などで内定が取り消しになることも考えられます。取り消しになると、前職を退職している場合は無職の不安定な状態になることも考えられます。取り消しにならない注意が必要です。

失敗しないためには、信頼できるエージェントの仲介による転職活動をすることです。エージェントは企業とのパイプがあり、企業の条件と応募者の希望をすり合わせて転職を円滑に進めてくれることが期待できます。

転職の意義の確認

転職活動にとらわれ過ぎると、本来の転職の動機や目的がぼやけてしまうことがあります。仕事のやりがいやキャリアアップなどの転職の意義を確認して、目的の達成に向けた転職活動に臨む姿勢が大切です。

30代の転職は経験と年齢のバランスが良くチャンスですが、好条件に慢心していると成功しない場合も予想されます。失敗して転職活動を繰り返していると、いつの間にか30代の後半になって徐々に条件が厳しくなってしまいます。

まとめ~30代の転職を成功させる有利な資格がある

30代の転職は、職務経験やマネジメント経験があり体力的にも余裕があるので有利に進められます。

経験職務の能力を証明するには職務経歴書の記述と説明がありますが、職務に関連する資格があれば非常に効果的です。