20代転職

20代が転職するときに相談すべき相手は誰が良い?転職前に準備すべき心得とは?

20代が転職する時は最初に自分の考えを整理することが重要です。その上で相談するのは、家族や社内外の友人・知人が考えられます。

情報や面接などの転職相談は、転職サイトやエージェントが効果的だと思われます。

20代の転職の相談相手

家族

家族は親身になって相談にのってくれる可能性があります。独身の場合は幼い頃から自分を知っている両親に相談することが効果的と考えられ、既婚の場合は経済的な問題もあるので結婚相手に相談することが不可欠だと思われます。

ただし転勤はあくまでも本人の問題であり、転勤に至るまでの事情が分からない家族が心配をして転勤を思いとどまらせようと妨害することも考えられます。家族に相談する場合はタイミングが重要になります。

社内で信頼できる知人・友人

社内で信頼できる知人や友人に、口外しないことを条件に相談することも考えられます。しかし社内では上司や人事部など会社に伝わる恐れがあるので、よほど信頼できる人以外の相談は危険です。

上司や人事部などは会社側の立場で転勤をやめさせる方向で説得工作を行い、辞めにくい状況になることも考えられます。

相談する場合は転職することを直接伝えるのではなく、間接的な表現で相談相手の意見を聞くことにとどめるのが賢明です。

社外で相談できる知人・友人

社外で相談できる知人や友人は、社内の場合よりも上司や人事部に知られる可能性は低くなります。しかしどこでパイプがつながっているかは分かりませんので、用心をしながら慎重に相談することが大事です。

社外の場合は社内と違って客観的な立場で相談にのってくれる可能性があり、相手が転職の経験者であれば一層有益なアドバイスが期待できます。また企業の管理職などの立場であれば転職についての深い意見も聞けると思われます。

転職サイトや転職エージェントの無料相談の利用

相談した転職の秘密が守られるので安心して相談できるのは、転職エージェントになります。登録すれば無料で具体的な転職市場の動向や、業界や職種の選定、各企業の詳細な情報を入手することができるので便利です。

20代は転職の経験が少ない人が大多数であり、転職活動にも不案内だと考えられます。転職エージェントは多くの企業から求人の依頼を受けて多くの登録者の入社のお世話をしているので、具体的な相談や指導ができます。

転職前の準備

現職の継続と転職の可能性の比較

転職の前に現職の年収やポジションと今後の昇給や昇進を確認しておくことは、転職後に後悔しないために必要なことです。また社風が嫌いな場合はどこが嫌いなのかを突き止めて後悔しないようにすることです。

それまでの社内のキャリアが自分の満足できるものでなく、今後の昇進や昇給が望めないので転職をする場合は分かりやすいと思われます。しかし社風が合わない場合に順風満帆のキャリアでも敢えて転職をするケースもあります。

職務知識・経験の整理

前職の職務経験が短くても、職務経験で身につけた知識やスキルを整理しておくことが重要です。初めての職務経験は社会人としてのキャリアであり、まだ職務経験のない新入社員とは異なることの証明になります。

企業は即戦力というすぐに実務ができる人材を求める傾向があり、社会人としてのキャリアも重要な経験として評価します。新入社員教育をしなければならない手間と時間があるとないでは、企業にとって大きな違いになります。

履歴書・職務経歴書の作成

転職をする場合は応募書類を作成する必要があり、履歴書と職務経歴書でいかに自分をアピールするかが重要になります。履歴書は学歴と職歴を事実に基づき作成しますが、添付の写真の印象にも気をつけます。

職務経歴書はそれまでの職務経験の知識やスキルをアピールする大切な書類になります。職務経歴書の記述は面接で説明することを意識して作成することが効果的であり、どのように自分のポテンシャルや意欲を示せるかが大事です。

転職サイトの確認と複数の転職エージェントへの登録

20代の転職は初めての場合やそれほど経験がない場合が多いと考えられるので、20代の転職についての市場や業界、職種などの情報入手で転職サイトを活用することが効果的だと考えられます。

また複数の転職エージェントに登録して、複数のアドバイザーやコンサルタントの無料相談を活用することが効率的な転職活動につながると思われます。自分の意向に合った相談者を探すことができれば、適切な企業を選ぶことが可能になります。

採用面接

自分で納得できて面接官に説明できる転職の理由

転職の理由は、自分自身が納得している内容であることが大切です。自分が納得していないありきたりの理由では、説明する場合に信憑性がなくなって説得力を持たない内容になってしまう可能性があります。

本当の転職の理由でない場合は面接官に見破られてしまう恐れがあり、見破られると印象が悪くなることも考えられます。しかし前職の会社を批判するような内容もまずいので、転職の理由を慎重に検討しておくことが大事になります。

分かりやすい志望動機の作成と説明

前職を退職する理由と転職で志望する動機に一貫性がある志望動機が、分かりやすいと思われます。たとえば前職では実現できなかった仕事を転職によって実現したいという内容であれば、理解されやすいと考えられます。

給料などの労働条件を志望理由にすることは分かりやすいのですが、労働条件やプライバシーを強調し過ぎると面接官に好印象を持たれないこともあります。更に条件が良い他社に転職する懸念を持たれる場合もあります。

面接をする際の心構え

面接では面談の内容が最も大事ですが、面接を受けるマナーも大切です。面接の部屋に入る時から退室するまでの一連のマナーがしっかりできているかどうかが観察されますので、挨拶や応答などには注意が必要です。

面接の部屋を出ても、面接が実施された建物を退出するまでは気を抜かないことを心掛けることが重要です。どこに会社関係の人がいるか分かりませんので、退出するまでは面接の延長と認識して油断をしないことが賢明です。

面接官の意図の理解

面接を受ける場合は、面接官の意図を理解することがポイントになります。面接官の質問をしっかり聞いて正確で簡潔明瞭な答えをすることが面接では大切なことで、それができれば面接官は好印象を持つと思われます。

面接官に聞かれていないことを話すことや、質問されたこととは異なる意味不明の答えなどは印象を悪くする原因になります。また面接は何人かを順番に実施していることもあるので、長々と話すことは面接官に嫌われます。

20代の転職の仕事選び

希望する仕事の確認

20代は求人数が多いので転職で仕事を選ぶことを安易に考えがちになると思います。しかし20代はキャリアを積む大事な年代でもあるので、仕事を選ぶことに失敗して何度も転職をするミスは避けたいものです。

20代の転職では、今後のビジネスライフで続けていける仕事を慎重に選ぶことが重要になります。転職に至った原因を分析して本当に自分の合う仕事を探し出し、転職後は仕事を変えずにキャリアを積める会社を選ぶべきです。

職種

自分がやりたい職種を探し出すことは重要なことで、希望する職種を担当する期間に徹底的に知識と経験を積み職種全般をマスターすることが大切です。自分が決めた職種が本籍地のようなものになり転職の時にも威力を発揮します。

自分がやりたい職種でない場合は20代の転職によりやり直すことが可能だと考えられます。希望する職種に転換することで仕事に対するモチベーションが高まり、転職に成功する確率が高くなると思われます。

業界

業界はイメージで好き嫌いが決まりますが、実際に入社してみてイメージが変わることもあり職種ほどこだわりが強い要素ではないと考えられます。

20代で転職をする場合は、業界の情報を参考に決めることが賢明です。

業界ごとに状況が異なり20代が比較的転職しやすい業界や転職しにくい業界があると思われます。業界や職種の情報は転職エージェントのコンサルタントが熟知しているので、相談して業界や職種を選ぶことが無難です。

会社との相性

20代の転職では、会社との相性を考えることが大切です。転職は回数を重ねると不利になるので、決めた会社では長く勤めることが大事になります。長く務めるには相性が合っていることが前提条件になります。

相性が合うか合わないかの判断は、自分が重要で価値があると考えていることと会社の理念や方針などに大きな隔たりがないことが考えられます。いくら会社内で評価されても、相性が悪いといつかは転職をする可能性があります。

20代の転職の目標

仕事のやりがい

20代の転職では、前半と後半で仕事のやりがいの内容が違ってくると思われます。20代の前半は大卒が第二新卒と呼ばれる25歳までの年齢であり、職務の知識や能力を磨くことにやりがいを感じると思われます。

20代の後半は後輩も増えて会社の中堅社員に向かっていく時期になります。グループのリーダーや部署の主任など初級管理職の役割を期待される年代になってきて、マネジメントの仕事がやりがいになることも予想されます。

ポジション

20代の後半の転職では、企業の規模にもよりますが管理職の求人も考えられます。大企業でリーダーや主任など初級管理職の経験があれば、中小企業で課長や課長代理として採用される可能性もあります。

たとえば課長代理で採用されて実績を上げれば3ヵ月から半年程の試用期間を経て課長に昇進することになり、その後は管理職の階段を上っていくことになります。順調にいけば、次長や部長を経て本部長や役員への就任も考えられます。

年収のアップ

年収はポジションが上昇すると比例してアップするので、20代の転職で年収のアップを目標にする必要はないと思われます。年収金額を目安にすることは構わないのですが、年収はあくまでも仕事に伴う報酬であると考えられます。

転職によって仕事が面白くなり職務能力を高めることができることや、マネジメントの仕事をすることで仕事の幅が広がり仕事にやりがいが出ることが大事です。結果として、年収がアップすることになります。

労働環境

労働環境は働く上で大切ですが、20代の転職で労働条件の改善を目標にして前職の会社を批判することは面接官に悪印象となる可能性があるので注意が必要です。

労働環境については前向きな表現を心掛けることが大事です。

求人企業の中にはブラック企業も混じっている可能性も考えられます。その場合は極端な長時間労働や残業代の未払い、休暇や休日がなく頻繁な休日出勤など劣悪な労働環境が予想されるので、応募を避けるべきです。

20代の転職で留意すること

現職に留まるかどうかの確認

20代の転職では職務経験の期間の長さによって転職が有利になるか不利になるかが決まる場合もあるので、冷静に考えて現職で転職に効果的な長さになるまでキャリアが積めないかどうかの検討をすることが大切です。

同じ職種に転職する場合には、キャリアを長くする期間に効果が見込まれる資格を取得することも考えられます。職務に役立つ資格を取得することで、採用時に評価されて年収やポジションに反映されることも考えられます。

転職に対する自分の適性

20代に転職する場合は転職に対する適性を考えることが必要です。転職は想像以上にエネルギーを要する大変なことです。会社に退職を申し出ることは難儀なことで、最近は退職の代行をする会社もあるほどです。

退職に伴う仕事の引継ぎもあり、会社によっては詳細な引き継ぎ書を作成しなければならないケースもあります。同時に転職先を探すことも必要であり、精神的にも肉体的にも強靭でなければ転職の成功は難しいと考えられます。

転職の予定と退職のタイミング

転職先を決めないで退職をしてしまうと、無職無収入の状態になる危険性があります。まだ社会人としての勤務の期間が短い20代の場合は失業保険が支給される場合も少額になる可能性が高く、支給されても支給までに一定の期間がかかります。

無職無収入の状態にならないためには、在職中に転職先を探して志望する会社の内定を貰っておくことが賢明です。転職先が決まっていれば計画的に引き継ぎや退職の手続きができるので安心です。

転職エージェントとの打ち合わせ

20代の転職では、複数の転職エージェントに登録することが大切になります。自分で転職サイトを探す方法も考えられますが、退職の申し出や引継ぎなどで忙しくなる可能性があるのでエージェントが頼りになります。

業界の情報や未公開の企業求人案件が用意されているので、自分の希望に合った企業が見つかる確率が高いと考えられます。相談が無料ですので、複数の会社に登録して相談しやすいコンサルタントを探すことも効果的です。

まとめ~20代の転職は事前に信頼できる人と相談

家族は親身に相談できると思われます。社内社外の相談は情報が漏れないような注意が必要です。転職エージェントは転職の実現で頼りになります。