ビジネススキル向上術

人事考課には意味がないの?問題点と失敗する原因を探る

人事考課は社員の業績や能力などを把握して社員を育成する方法として、多くの企業が導入しています。

人事考課とは?メリットデメリットも解説 戦後の日本経済の高度成長を支えた終身雇用制度が、その後のバブル崩壊による業績の低迷で盤石ではなくなって現在に至っています。 ...

人事考課は社員を評価する上で主に昇給や昇進の決定などに力点が置かれていて多くは成功しますが失敗例もあり、失敗すると会社だけでなく本人にも悪影響を与えます。

査定する人の力量不足で失敗するリスクも考えられます。

人事考課の問題点

人事考課には社員の職務能力や勤務成績の査定と人材育成の二つの目的があり、それらの総合的な評価が賃金や昇進のベースになることが望まれます。

人事考課制度は、上司の管理職が根底に人材育成の考え方を持って実績や能力を査定することで社員を成長させることができると思われます。

意思疎通が不十分で形式的な人事考課を義務的に実施し続けていると、人事考課に不信や不満を持った社員が退社する結果を招くことも考えられます。

人事考課が失敗する要因

人事考課が失敗する要因は、人事考課の評価基準が決まっていないことや社員に考課の結果を説明していないことなどが考えられます。

また目標の設定がはっきりしていないことも失敗の要因で、上司から期待される具体的な内容が示されないと社員は今後の取り組みができないと思われます。

人事考課が会社の経営方針の変更や環境の変化に対応して柔軟に変わらないことも要因になるので、現状に適した人事考課にしておく必要があります。

人事考課の目標設定

人事考課の目標設定は上層部と人事部門が組織全体の目標を部門に配分し、現場のマネジャがメンバーとすり合わせてメンバーの個人目標が設定されます。

メンバーの個人目標をマネジャや人事と共有することで、部門内の進捗状況を確認できて人事評価に役立てることができます。

目標設定はSMARTの法則を活用することで、具体的で計測可能であり達成可能で適切な、期限が決められている内容の目標を設定することが可能になります。

部下の自己評価記入の注意点

人事考課で自己評価を記入する際は自分をアピールすることが必要になるので、マイナスの表現ではなく前向きな表現を心掛けることが大切です。

読みやすく分かりやすい内容で具体的に簡潔に記述することが重要で、数字を入れることやプロセスと結果をつなげることも効果があります。

自分を過大評価することや過小評価することは避けて自分を客観的に評価して誠実に記載することが評価者に好印象を与え、高い評価になると思われます。

上司の評価の注意点

人事考課は評価する上司に会社の業績アップのために社員に適切な目標を設定して達成させ評価する義務があり、評価する際に注意することがあります。

上司は人事考課の目標設定を本人と共有して、進捗状況の把握とともに結果についてのフィードバック面談も十分に行う必要があります。

人事考課はハロー効果や中心化傾向などの評価エラーに注意して、本人を育成する観点から公正で理解や納得が得られる評価を行うことが求められます。

フィードバック面談のやり方

人事考課制度の中でもフィードバック面談は重要度が高いと思われますが、実際は結果と処遇を伝えるだけにとどまっている場合が多いようです。

フィードバック面談は評価結果や課題認識、解決策をお互いが共有して、本人に動機づけをすることが重要な役割になります。

面談は世間話などで場の緊張を和らげてから始めて、最初は本人の自己評価の報告を遮らずに受けて最後に人事評価の結果を伝えて今後の課題の解決を話し合う流れです。

人事考課に必要な要素

人事考課に必要な要素は、評価者が人事考課を理解して運用できる力量を持っているかどうかが一つの要素になります。

評価者が人事考課の一連の流れを上手く進行して、被評価者の自己評価を冷静に聞いて評価結果を相手が納得するように伝えることができることなどが重要です。

また人事考課制度の内容が批評家者に理解され受け入れられるかどうかも大きな要素であり、制度に不備があるのであれば会社や人事が改定する必要があります。

人事考課制度の失敗の要因

人事考課制度は評価者と被評価者が制度の内容を十分に理解してお互いの意思疎通ができていないと、制度の運用が上手くいかなくなる可能性があります。

たとえば年に一度の人事考課の実施で評価結果を伝えるだけの内容であれば、意思疎通が難しいので制度が意味のないものになる危険性があります。

人事考課の目標設定も不明確になるので効果が出ないことになり、社員の士気が下がり退職などに結びつく要因になることも考えられます。

人事考課を成功させるためには

転職コンダクター
転職コンダクター
人事考課制度は社員のモチベーションを高めるために重要であり、経営者をはじめ上司などや人事が一体となって効果的な制度を考え共有する必要があります。

会社として人事考課制度をつくるだけでなく、実際に制度を適用する社員に周知徹底することも制度の定着には大切になります。

人事考課制度の効果を上げるために年に数回の実施をして評価者と批評家者の意思疎通を深め、人事考課が会社の発展に役立つようにすることが重要です。

まとめ

人事考課は社員が公正に評価され育成される有力な方法であり、上手く運用すれば社員に心強い制度になりますが運用に失敗すると処遇や昇進などの評価につながるので重大なことにもなります。

評価者である上司が人事考課の意味や運用を熟知していることと、人事考課制度が会社の実情に合った内容になっていることが大事です。