20代転職

20代が転職するのにおすすめの職種は何?仕事を選ぶ基準とは

20代に対する求人数は多く、転職するには有利な状況が続いています

20代はキャリアを積み重ねていく年代ですが、転職でやりたい職種に変わることやキャリアアップをはかるには絶好のタイミングと考えられます。

企業が20代の転職者を求める理由

人手不足

20代に限らず、すべての年代で人手不足の業界や職種はあります。そのような業界や職種は業務内容が激しいと想像されると思いますが、必ずしもそうではなくむしろ教育研修の体制や労働条件などが整っている場合もあります。

20代の転職は、すべての年代で人手が不足していて求人数が多い業界と共通している場合が多いと考えられます。たとえばIT業界や建設業界、運輸業界や介護業界などは全世代も20代も共通で人手不足です。

多種多様な業界からの刺激

企業が20代の転職者を求めるのは、自社で採用した新入社員の不足の補充をする意味があります。また自社で採用した人材を育てると同時に、多種多様な業界から採用することで社内の活性化をはかる狙いもあります。

中途採用の20代転職者は自社内の育成とは異なる知識や経験を持つ人材やグローバルな人材が求められ、企業体質に良い意味の刺激を与えることが期待されます。そのために色々な業界から20代の入社が可能になります。

自社で育成できる人材

新卒は自社で採用して育成できる人材です。新卒にはやる気や人柄の良さが求められ、自社の教育研修により必要な知識や経験を身につけます。教育研修や実務経験の過程で、管理職や専門職などに育っていきます。

一方の20代の転職者は新入社員教育や職務経験などが省略されて即戦力が期待されます。また他企業で身につけた自社にはない知識や経験を活用することで能力を発揮して、生え抜きの社員と同じように出世すると思われます。

企業の中核になる人材

以前は新卒で採用する場合が多かったのですが、最近は入社3年目までを第二新卒と考えて積極的に採用している会社が増えています。企業の中核になる人材も、新卒だけでなく第二新卒の中から生まれる可能性が高くなっています。

企業自体が環境の変化に対応していかなければ生き残ることは難しいので、中核になる人材は環境の変化を察知して企業を発展させていく能力が求められます。そのような人材の育成には出身の多様性も必要です。

20代からの転職先を選ぶ基準と相談

規模が大きく良好な労働環境

20代の転職は求人数が多いので、企業を選択することができます。希望する年収やポジションにもよりますが、前職に比べて規模が極端に小さくなると年収やポジションが上がっても労働環境が劣悪になる場合が考えられます。

規模が小さな会社はポジションが上がってもプレイングマネジャーの立場になることが多いので、非常に多忙な毎日を送ることになり体調を崩す可能性もあります。後悔しないためには事前の調査や相談が必要です。

転職者を受け入れる社風

転職者を受け入れる社風の会社であるかどうかを確認することも重要です。日本は高度経済成長期に確立した終身雇用制度や年功序列制度が残っており、制度の影響が強い会社が多い実状があります。

中途採用を受け入れて能力主義を実施する会社が増えていますが、会社によって転職者を受け入れる社風は異なっています。転職者を受け入れる社風であれば適応できると思われますが、受け入れない社風の会社もあるのでチェックが大切です。

業績が好調な会社

業績が好調で将来の発展が期待できる会社に転職することが重要です。業績が悪く資金繰りに困っている場合などは給与などの支払いの遅延が発生する恐れもあり、せっかく入社しても早期に退職する可能性があります。

単年度だけでなく最近5年間の売上や利益など財務諸表を慎重に調べて、今後の経営が大丈夫かどうかを判断することが大切です。20代の転職で会社の幹部を目指そうとするのであればなおさら経営状況の調査が必要です。

転職サイトやエージェントに相談

20代の転職を成功させる近道は、転職サイトやエージェントを上手に利用することです。20代は転職活動に不案内な場合が多いので、アドバイザーやコンサルタントの指導や情報提供が非常に役に立つと思います。

エージェントのコンサルタントの情報で転職市場の概況や業界ごとの状況などが把握できて、志望する会社に応募することを決める判断材料が得られます。更に応募書類や面接など具体的な転職活動についての指導もあります。

転職サイトを活用して正社員になる方法とは?段取りと面接で勝ち抜く方法をアドバイス   現在の企業の募集は、大半がWeb上の転職サイトに求人広告を掲載する方法で行われています。 転職サイトに掲載された多くの求人...

20代からの転職がしやすい業界・職種

今後の発展が見込まれる業界

今後の発展が見込まれる業界はネットサービス業界の他に製造業界やテクノロジー関連の業界、インフラ関連の業界と考えられます。それぞれの業界の成長が予測され期待される背景があります。

ネットサービス関連の業界は発展と転換の時期で、通販や広告は注目です。ネット通販事業はAmazonや楽天、ヤフーなどや多様なEC事業が登場して成長しつつあります。製造やテクノロジー関連は、次世代の技術が成長業界になっています。

人材の需要が高い業界

現代は続々と新しい技術が生まれて生活が便利になっている時代と言えます。技術の進歩に伴い関連のあるIT業界やインターネット広告業界などは成長が見込まれるので、20代で転職する人材に対する需要も高いことが予想されます。

日本の少子高齢化の進行と関連する医療・介護の業界や少子高齢化で人材不足に陥っている企業に人材を供給する人材紹介や人材派遣の人材業界も、20代の転職者に対する需要が高いことが予測されます。

20代前半の転職でキャリアが積める業界や職種

企業は新入社員の採用後に、教育と内定後のフォローや早期退職を防止することに労力がかかります。その点入社から3年未満の第二新卒は、社会人のビジネスマナーを身につけており新入社員教育が不要です。

また実務経験があるので転職先に適応するのが早いので、大手企業だけでなく中小企業やベンチャー企業でも採用が盛んです。20代前半の転職は、IT業界やサービス業界、建築業界や営業職がキャリアを積みやすいと思われます。

マネジメントで上が目指せる職種

20代後半は職務経験があり知識やスキルを持っています。未経験の職種にも転職できると思われますが、同業であればすぐに実力を発揮することも考えられ実務の担当者として十分通用すると思います。

20代の後半でマネジメントの経験がある場合は、管理職として転職することも考えられます。特に人事や総務職などバックオフィス系の職種は会社経営を補佐する業務内容ですので、管理職や役員を目指すには適した職種だと思われます。

20代からの転職が多い業界

不動産業界

不動産業界は年齢制限を設けている不動産会社は少なく入社しやすい面があります。やる気があり成果を出せばそれだけの収入の見返りがあるので、20代で出世して高収入を得たい転職者が挑戦するには相応しい業界です。

ただし不動産営業のような結果が数字になって出る部署では、営業成績が良ければポジションが上がりますが業績が悪いとポジションが上がらず40代や50代でも新卒とあまり変わらない収入になる危険性もあります。

IT業界

IT業界は今後伸びる業界であり20代が転職する業界として適しています。IT業界に転職する際は3ヵ月から半年程度のスケジュールを決めて転職活動をし、教育制度が整っている会社を選ぶ必要があります。

IT業界やスキルの情報を収集して、プログラミングの勉強をするなど転職後に備えることも大切です。前職までの自分の知識やスキルを整理して、コミュニケーション能力や顧客対応能力など活用できるスキルをチェックします。

運輸業界

運輸業界はインターネット通販で買い物をする人が増えてきたことが要因で人手不足が起きています。この傾向は今後も変わらないと考えられるので、運輸業界が発展していく可能性が高いと予想されます。

運輸業界の発展に伴って求人も多くなると推測されるので、20代が転職をするに相応しい業界だと思われます。基本的な業務の内容は商品を運ぶことが中心になるので、運転免許証を保有していれば転職しやすい業界だと考えられます。

接客業界

接客業は学生時代にアルバイトで接客の経験がある人も多いと思われ、人と接することがよほど苦手でなければ働ける業務と考えられます。現在の接客業は、多くの場合はマニュアルが完備されていて入社後に業務の研修もあります。

接客業は小売業を中心に常に人手不足の状態にあるので、20代が転職しやすい業界であると考えられます。学生時代のアルバイト経験や前職で接客の経験がある場合は、転職が有利になることも考えられます。

20代からの転職におすすめの職種

営業・販売職

営業職や販売職は商品を売って商売をする場合には基本になる重要な仕事で、20代の転職でもおすすめの職種です。営業や販売に特別な資格やスキルは必要なく、人と話すことが嫌でなければ担当ができる業務です。

営業や販売は会社の売上や利益を左右する重要な仕事であり、キャリアを積み上げていけば管理職になり役員やトップになるケースも多く見られます。営業や販売の経験を活かして他の職種に変わることもできると思われます。

Web系の仕事

Web系の仕事はインターネット上のサービスを作ることや売ることで、WebエンジニアやWebデザイナー、WebライターやWebマーケターなどの職種があります。Web系の仕事自体が新しく20代の転職に適していると思われます。

Web系の仕事はプログラミングやデザイン、ライティングなどのスキルが必要なので、スキルを身につけることが大切です。一度身につければ実力になり、積み上げるほど価値が高まっていきます。

事務職

事務職の一般事務は、デスクワークの定時で帰ることができる仕事なので比較的楽だと思われます。医療事務の仕事も医療機関で診察券や予約の確認、診察報酬の点数計算、窓口業務などで勤務時間が守られ定時に帰れますので、20代の転職でプライベートな時間も大切にしたい場合に適している職種だと思われます。

簿記や秘書の資格があれば事務職への転職の際に有利になります。また事務職からWeb系の職種への転職も考えられます。

理系の転職がしやすい職種

理系の転職先と考えられる職種は数多くあります。IT系の人材は需要に供給が追いついていないので多くの企業で採用が活発です。未経験者や文系を採用する例も多く理系の20代は転職がしやすい職種です。

MR(医薬情報担当者)や臨床開発モニターの職種も理系にはおすすめの職種です。建築や土木系の職種も理系の転職に適していて、管理職クラスにキャリアアップすることも可能です。技術営業は様々な業界で求められる職種です。

20代の転職で役に立つ資格

TOEIC

TOEICは日本企業への転職でも評価されますが、特に外資企業の場合は大きなアピールになります。TOEICは600点以上が評価される基準と言われていて、基準以下の場合は評価されないことも考えられます。

TOEICのスコアが高いことで、英語能力を上げる努力をしている点などが評価されると思われます。TOEICが800点以上の場合は高度な英語のコミュニケーション能力があると評価されて、転職が有利になります。

簿記

簿記の資格が評価されるのは2級以上になるので、20代の転職者は2級以上の取得が必要です。簿記2級は中小企業から大企業までの財政状態や経営成績が分かり、簿記1級は経営分析やコンサルティングに活かせるようになります。

簿記2級は簿記3級で学んだ内容に加えて商業簿記と工業簿記を学び財務諸表の見方も学びます。簿記1級は更に会計学や原価計算を学び、企業会計の法律を踏まえた経営管理や分析が行えるようになります。

介護福祉士・ケアマネジャー

介護業界は依然として人手不足が続いていて、転職がしやすい状況にあります。介護福祉士になるには福祉系の学校の卒業もしくは実務経験で受験資格を得ることが必要で、ケアマネジャーになるには試験に合格することが必要です。

20代の転職で介護福祉士やケアマネジャーの職種を目指すには介護福祉士やケアマネジャーの資格を取得する必要があります。資格取得により介護のプロフェッショナルとして活躍することが可能になります。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は宅建と呼ばれる国家資格で20代が不動産業界に転職する場合に役に立つ資格です。不動産会社は5人に1人の割合で設置が義務づけられていることや、物件に関する説明などの独占業務で宅建の資格が必要になります。

宅建の資格は不動産会社に入社する条件ではありませんが、業務上必要になる資格であることと土地や建物の構造や法令、税などの実用的な知識を学ぶ試験なので入社前に仕事の準備をする意味もあります。

まとめ~20代の転職を成功させる有利な職種

慢性的な人手不足の状態の業界もあり、転職には有利な雇用状況が続いています。

特に若くてポテンシャルが期待できる20代には多くの求人があるので、業界や職種を間違えなければ転職が成功する環境になっています。