企業別転職術

任天堂転職を成功させるために準備すべき9つの項目

任天堂は国内で大手の玩具やゲーム製造のメーカーで、今までにヒット商品を多く出していてグローバル展開も進んでいます。

残業時間が業界平均より少なく給与水準が高いので働きやすいと考えられ、開発部門と事務部門の企業風土が異なる特徴があります。

中途採用は専門のポジション採用が多く、非公開の求人が鍵になります。

会社情報

転職コンダクター
転職コンダクター
任天堂は1947年に設立された、資本金が100億6,540万円で連結の売上が4,890億9,500万円の会社です。

代表取締役社長は君島達己氏、連結の従業員が5,166名で、家庭用レジャー機器の製造・販売を事業内容として京都府京都市に本社があります。

1983年に家庭用ゲーム機のファミリーコンピュータ、1985年にそのソフトのスーパーマザーズを発売してゲーム玩具メーカーとして知られるようになりました。

どんな人材を求めているか

任天堂から転職する人材に対して、常に新しくユニークな挑戦を前無Kに継続して任天堂を新しい姿に変えていけるような人材を求めているとのメッセージが出されています。

任天堂が花札メーカーからゲーム機器メーカー世界一になったように現在はゲーム人口の拡大から任天堂の知的財産に触れる人口の拡大に変化していると考えているので、業界のトップ企業の安定性を求める人より新しい取り組みに挑戦できる人材が求められています。

求人情報の傾向(選考情報・ポイントなど)

任天堂の求人は事務系の職種では事業を拡大する分野での求人傾向があり、事務系総合職ではシステムリスク管理担当者の求人などがあります。

技術系職種では開発やエンジニア、デザイナーなどで多くの求人があり、実際にソフトウェアエンジニア職やゲーム開発職、デザイナー職などの多くの求人があります。

想定の年収は500万円から800万円程度ですが、交渉次第では更に年収がアップしての転職が期待できる状況になっています。

平均年収、給料、ボーナス

任天堂の2019年有価証券報告書では平均年収が903万円で、平均年齢は38.8歳です。平均給与は約57万円で平均ボーナスは約226万円です。平均年収はここ数年800万円から900万円台で推移しています。

年収は20代で550万から780万円台が上がり、50代では1,100万円台です。

給料は20代の30万円台から上昇し50代で70万円台になり、ボーナスは20代の100万円台が50代は220万円台です。

仕事内容

任天堂の中途採用の募集職種は幅広くあり、デザイナーやエンジニア、サウンドクリエイターやマーケティング、コーポレートスタッフなど多岐にわたっています。

募集職種の応募の内容はほとんどが細分化されていて、特にデザイナーやソフトウェアエンジニアは細かく分かれている傾向があります。

職種によっては求める人物像が個別に提示されている求人もあって、職種についての経験やスキル、資質が詳細に求められる場合があります。

労働環境

任天堂の残業時間は20時間から30時間程度で、同じ業界のバンダイナムコなど他社と比較すると残業時間は少ないと考えられます。

給与や福利厚生は業界では高水準になっています。職場の雰囲気は開発が自由闊達ですが、事務部門はトップダウンで保守的な傾向もあるようです。

仕事のやりがいや成長については高い評価がつけられ、社員に優しいホワイト企業です。長く働くには居心地が良く、女性にも働きやすい労働環境のようです。

現役やOBの口コミ

任天堂社員の口コミ評価は、法令遵守や待遇面が5点満点の4点台で、人材の長期育成や20代の成長環境は2点台ですが全体は3.66点で高めの評価になっています。

企業の強みとして、世界規模で展開するビジネスに携わることができる点や莫大な額が投入されるソフト開発に携われる点が記載されています。

企業の弱みでは何をするにも保守的で意思決定が遅いことが指摘され、特に事務系社員の成長には向かないとの指摘があります。

おすすめの転職エージェントは?

任天堂転職のおすすめの転職エージェントは、大手で依頼されている非公開の求人を紹介してくれるかどうか、求人の提案力があるかどうかなどが重要です。

大手で求人数やノウハウが豊富なのは業界ナンバー1のリクルートエージェントがあげられ、派遣事業の結びつきもありサポートが丁寧なパソナキャリアもおすすめできます。

スペシャリストの採用実績があるJACリクルートメントやスカウトが期待できるビズリーチも推薦できます。

まとめ

任天堂の転職に成功するためには、任天堂という会社が重要視する独創性が自分にあるかどうかやゲームを好きかどうかが重要だと思われます。

会社が求める職種についての実務経験やスキル、語学力などが十分に備わっているかどうかや、職種の細かい条件に合っているかどうかなども大事になります。

任天堂の会社の方針や社風を研究して自分との相性が合っているかどうかを確認することも、長く勤務を続ける上でのポイントになります。

任天堂は全体的には優良な人気のある大企業で転職したい会社だと考えられますが、実際に入社する際は全体ではなく個別の部署の実態が重要です。

内部事情は部外者では確認できないので、内部事情に詳しい転職エージェントのコンサルタントに聞く必要があります。

入社した後に後悔しないように、チェックすることが大切です。