コラム

新入社員に送る言葉をポイントごとに解説

新入社員に贈る言葉は学生から社会人になる心得の言葉、仕事についての言葉、社会人の考え方についての言葉などが考えられます。

社会人の心得は挨拶や時間を守ることなどで、仕事については報告・連絡・相談が重要だという言葉などです。社会人の考え方についての言葉は志を持って常に学び続けることが大事なことなどです。

社会人の心得

社会人として最初に心掛けたいことは挨拶をしっかりすることで、「大きな声ではきはきと挨拶する」ことが新入社員に贈る言葉にあげられます。

次に社会人は時間を守ることが基本的なことになるので、「約束した時間を厳守すること」がアドバイスとしての言葉になります。

最後に社会人の心得として会社の行事で失敗しないことに注意することが大切になるので、「会社関係では飲み会でも気を抜かないように!」という言葉を贈ります。

仕事を行う場合の注意

仕事を行う場合に前提となることは報告や連絡、相談を行うことで、報・連・相は上司に対して部下が行わなければならない部下の義務になります。

会社など組織で仕事を行う場合は、管理者が部下の一人一人の動きを把握して部門などのマネジメントを行うことになるので報告や連絡をすることが必要になります。

また部下に個人的な考えはあっても部門全体の判断が必要な状況も考えられるので、必ず上司に相談することが大切になります。

社会人としての考え方

学生から社会人になることは、社会人としての考え方を身につけ会社に貢献する仕事をすることを通じて自分も成長することです。

社会人としての考え方は、社会人に必要な資質を習得して自分が興味を持った業務を行うことで会社から評価される人材になる努力をするような助言があります。

会社から評価されることについては、「人は見た目がすべてだ!」や「社会人は結果を出すマインドと思考法が大切だ!」などの言葉があげられます。

得意な仕事の分野を持つこと

社会人として生きていく上で頼りになることは得意な仕事の分野を持つことで、「誰にも負けない仕事の分野を持ちなさい!」という言葉を贈ります。

会社などの組織は様々な職種があるので、入社して実習期間などで興味があり自分に合うと思う仕事を探し出すことが大切です。

営業でも人事でも自分で決めた分野の業務をマスターして実績を上げれば、会社内で評価されるだけでなく転職などをする時にアピールできるポイントになります。

健康についての言葉

社会人としての勤務の長丁場を生きていくには健康が基本になるので、「健康を維持するための対策を考えた方がいい!」という言葉を贈ります。

健康を維持する方法は人それぞれ異なると思われますが、食事などに注意してゴルフやテニスなどスポーツの趣味を持つことなどが考えられます。

運動は長期間の仕事をするための基礎体力を維持増進するために必要であり、毎日の筋力トレーニングなどを習慣にすることが効果的だと思われます。

職務能力についての言葉

学業だけでは職務を遂行するためには不十分だと思われるので、「職務能力を高めるために自己研鑽に励むように!」という言葉を贈ります。

自己研鑽は読書が基本で、職務に関係のある専門書や将来のマネジメントのポジションに備えた経営学や哲学、ITやAIなどについての本も読む必要があります。

学生と社会人の違いは学問をビジネスの場面で活用できるかどうかの違いであり、社会人は学問をビジネスで実践する醍醐味があります。

キャリアについての言葉

キャリアについては、「興味のある仕事に熱中してキャリアを積み上げることが大事!」という言葉を贈ります。

外資系の企業だけでなく日系企業でも実務のキャリアを重視する企業が増えていて、キャリアを持っていることが社内の昇進や転職をする時に重要になります。

職務に関連する資格を取得することも評価される場合がありますが、実務で経験を積み業績を上げることができれば高く評価されて昇進や転職で有利になると思われます。

自分のワークライフの願望

ビジネスの成功は個人の資質や運で異なりますが、自分の願望が実現する可能性もあるので「最初に自分の大きな願望を持ちなさい!」という言葉を贈ります。

ビジネスに従事する期間は通常は40年ほどになると思われますが、自分のワークライフで何を目標にするかが重要になります。

自分の願望が実現する場合も実現しない場合もありますが、最初に自分が目指すポジションや職務の目標を決めることにより実力が発揮しやすくなります。

ビジネスを行うことで自分の人生を考える

色々な職業がありそれぞれの生き方がありますが、ビジネスに従事する場合は人生の比重の大きな部分がビジネスで占められることになります。

そこで「ビジネスを行うことを通じて自分の人生に挑戦しなさい!」という言葉を贈り、ビジネスを通じて人生を充実させるために努力することをすすめます。

ビジネスの各職務は奥が深く専門的な知識やスキルを高める楽しみがあり、会社や部門をマネジメントすることはやりがいがある仕事です。

まとめ

ビジネスの世界に限らずどの世界でも、新入社員には無限の可能性があると考えられますが、可能性を実現できるかどうかは別のことです。

ビジネスは仕事を通じた闘いの場であり、先達からの言葉を消化していかに自分の世界を構築できるかが成功と不成功の分かれ目になります。

転職コンダクター
転職コンダクター
ビジネスのキーワードをどう活かすかが問題です。