転職エージェント一覧

マイナビ税理士を賢く活用する方法を徹底解説!

税理士は個人や企業の税金に関するサポートを行うもので、税務代行や税務書類の作成、税務相談に業務が分けられいずれも税理士の資格がないと行うことができない独占業務になります。

マイナビ税理士は業界や職種に特化した専任制のアドバイザーチームに特徴があります。

マイナビ税理士の特徴

転職のプロのアドバイス

アドバイス

人材業界でマイナビは40年以上の実績があり、サービスの支援体制は確かな体制を確立しています。転職についてのアドバイスは、税理士業界に精通したプロが行います。

マイナビ税理士では3年後、5年後、10年後を見据えたキャリアカウンセリングが実施されて、中長期的な観点からのアドバイスが行われま

キャリアカウンセリングを受けることで、自分だけでは分かりにくい自分自身の強みやアピールポイントが新しく発見できる機会になることが考えられます。また転職で必要な履歴書など応募書類作成や面接の対策なども指導されます。

非公開求人

マイナビ税理士の求人案件は税理士法人や会計事務所などの税理士有資格者や税理士科目合格に向けた求人のみを扱っているので、求人の総数は約2,000件であっていうそれほど多くはないと考えられます。

しかし専門的な求人だけを考えると総合的な業種を扱っているエージェントに比較するとはるかに多い求人数で、専門的な転職先を探すには十分な求人数と思われます。

求人件数2,000件の約80%が非公開求人でありマイナビ税理士だけが保有する独占求人もあるので、穴場の優良な求人が探し出せる可能性が非常に高いと考えられます。

自分の市場価値が分かる

転職市場の価値は、年齢やキャリアの年数によって変わっています。この市場価値は客観的に捉えなければならないので、自分だけで正確に把握することは困難です。

転職エージェントを利用すれば、業界に詳しいアドバイザーが経験やスキルを客観的に洗い出してくれるので、冷静に自分のキャリアを見直すことが可能になります。マイナビ税理士に登録すれば、税理士としての自分の市場価値を正確に把握することができます。

自分の市場価値を正確に把握した上で、今後中長期的に仕事をしていくにはどのような選択をするのが良いか判断できます。

強み・弱み

強み

マイナビ税理士の強みは、他社と比べて税理士の転職市場を熟知していて実力と知識量が豊富な専任コンサルタントが多数在籍していることです。転職希望者がどの税理士法人を狙えばよいか、どのタイミングで転職するのが一番有利なのかなどのノウハウを教えてくれます。

マイナビ税理士を運営する会社が人材大手のマイナビであり、組織として転職支援の体制がしっかりしていて税理士業界と深いかかわりを持っていることも強みです。

約8割の非公開求人を含む税理士にマッチした求人数が充実していることもマイナビ税理士の強い点と言えます。

弱み

マイナビ税理士の弱みは、アドバイザーの対応が悪い時もあることです。マイナビ税理士は質の高いアドバイザーが多数在籍していますが、中には対応が悪いアドバイザーに不満を持つ人もいます。

対応の悪さは、連絡がしつこい場合やレスポンスが遅い場合などのようです。電話連絡などは人と人とのやりとりなので相性もあり、すべてのやりとりが上手くいくことは難しいと考えられます。

どうしてもアドバイザーと相性が合わない時は、アドバイザーを変えてもらうことも考えられます。マイナビ税理士の求人が正社員というのも弱みと思われます。

強みと弱みを考えた利用

マイナビ税理士は転職市場を熟知した実力のある専任コンサルタントが多数在籍していることで、転職で狙う税理士法人やどのタイミングで転職すれば有利なのかなどが分かる強みがあります。

マイナビ税理士を運営するマイナビが大手人材であることで、知名度があり信頼もあることも強みになっています。

大半のアドバイザーは質が高いのですが、中には連絡のやりとりでしつこい対応になることや連絡が遅い場合もあり質が低いと判断されるケースもあるようです。

相性が合わない場合はアドバイザーのチェンジもひとつの方法として考えられます。

登録からの流れ

登録、面談、求人紹介

マイナビ税理士のサービスを受けるには、マイナビ税理士のサイトから無料転職支援サポートへ申し込んで会員登録をします。

申し込みは、名前や生年月日、住所や保有資格、現在の就業状況や経験者数、電話番号やメールアドレスなどの基本項目を入力します。

その後、職務経歴書の勤務先企業名や勤務期間、経験業務などの情報を入力して登録が完了します。

面談は1対1で1時間から1時間半ほど行われ、転職の動機や希望条件、今後のキャリアプランなどあらゆることが相談されます。面談が終了すると、その情報を基に求人の紹介が行われます。
詳細はコチラ

マイナビ税理士の公式サイトはこちら

応募書類作成、面接

紹介された求人案件で良さそうな求人があれば、アドバイザーに伝えて応募の手続きをとってもらいます。応募先が決まれば応募書類の履歴書や職務経歴書の作成は添削が行われて、その企業に合った履歴書の書き方なども指導されるので安心できます。

また面接の指導もあわせて行われ、合格するために重要な注意点などが伝えられます。面接日の調整やセッティングなどは通常はアドバイザーが行うので、応募者は面接対策に集中することができます。

面接は採用の中心であり、質疑応答や応募者の印象を面接官がどう判断するかが決め手になります。

内定、入社、アフターフォロー

面接に合格して内定が確定した後で、在職の企業に退職の意志を伝えます。内定が不確定なままで退職の意志を伝えると、不合格となった場合に無職の状態になるので気をつける必要があります。

入社する会社との給料など勤務条件の交渉や入社日の調整はアドバイザーが行ってくれるので、退職日などをアドバイザーに伝える必要があります。

退職して新しい会社に入社した時点で転職は完了しますが、入社後に勤務条件などで行き違いやトラブルが発生する可能性もあります。入社後のフォローもキャリアアドバイザーに依頼しておくことが大切です。

活用方法

効果的な活用

マイナビ税理士はアドバイザーによるサポートが充実しているサイトなので、在職中の転職をする人や転職をするのが初めてで不安を感じている人に活用されると大きな効果が発揮すると考えられます。

また税理士の求人のみを取り扱っているので税理士としての転職を目指している人にも適しており、自分に合った求人案件が探し出せる可能性が高いと思われます。

求人の中にはかなり質が高い案件も多く含まれているので、現在よりもキャリアアップをすることにより高いレベルで活躍をしたいと考える人が効果的に活用できるサイトになっています。

活用するメリット

マイナビ税理士は公開求人数で他社と比較するとナンバーワンではありません。しかし独占している非公開求人や転職サポートでは他社よりも優っていると考えられるので、転職を実現させるのであればマイナビ税理士を活用するのが効果的だと思われます。

他の転職サイトも併用してマイナビ税理士と比べてみることで、マイナビ税理士を活用するメリットを確認することも良い方法だと考えられます。

実際に他社のサポートを体験してみれば、求人の数や質、キャリアアドバイザーのレベル、サポート体制の内容などの違いを比較することができます。

マイナビ税理士の求人先

マイナビ税理士で求人数の多い求人先は、会計事務所や税理士法人、監査法人やコンサルティングファームになります。マイナビ税理士は各企業と太いパイプを持っているマイナビが運営していることで、多くの優良な求人案件を集めることができます。

約1,000件以上の求人があり、税理士に特化している転職サイトの中でもトップクラスなので自分が希望する求人を探しやすくなっていると考えられます。

マイナビ税理士の求人は税理士の正社員のみになっているので、応募したら税理士以外の職種だったというような間違いはないと思われます。

留意点

マイナビ税理士の利用に適した人

マイナビ税理士の利用に適した人は会計士の有資格者や科目合格者で税理士法人や会計事務所を探している人、会計士の専門的なサポートを求めている人など、税理士の専門的な業務を行う人が適していると思われます。

特にすでに税理士資格を持っている人や一部の科目を合格している人で、一般の企業ではなく税理士法人や会計事務所に転職を希望する人には最適のエージェントです。

他の業種へ転職を希望する場合は別の転職エージェントを利用した方が効果的だと思われるので、別のエージェントに登録して活用することが賢明だと考えられます。

専門的なサポート

マイナビ税理士は税理士関連に特化したアドバイザーのみを採用しているのでアドバイザーの専門的な知識などについては質的な差が少なく、誰が担当しても専門的な内容に対して完全にサポートできる体制になっていると考えられます。

一般的なエージェントでは、キャリアアドバイザーやコンサルタントの質的な差が大きく担当したアドバイザーの知識や経験が不足していて十分なサポートが受けられなかった例が多いと思われます。

マイナビ税理士は採用の段階で専門性をチェックすることで、十分なサポートができる能力の担当者を揃えています。

転職しやすい時期

税理士業界では、税理士法人が求人を募集する一定のパターンのタイミングがあります。税理士業界の求人募集が増える時期は8月の下旬と考えられ、8月下旬に求人が増えるのは税理士の国家試験と関係があります。

税理士の国家試験は毎年8月1週目の火水木と定められていて、その時期は税理士を目指す人が資格取得の試験勉強に時間を使い就職活動に割ける時間がほとんどなくなります。

試験勉強の5月から8月上旬は求人を控え8月下旬に求人募集が増えることになります。同じ理由で12月も求人が増え、8月下旬と12月に求人が増えます。

まとめ~マイナビ税理士の活用

マイナビ税理士は税理士の資格保有者や科目合格者、税理士法人や会計事務所を探している人や会計士の専門的なサポートを求めている人などが活用する場合に適していると思われます。

税理士関連の仕事以外の転職希望者は、別の転職エージェントの活用が賢明だと思います。