転職エージェント一覧

マイナビジョブ20’sの活用方法や登録方法を詳しく解説!

マイナビジョブ20’sはマイナビワークスが運営する転職エージェントで、20代に向けての転職支援サービスを行っています。

20代の中でも第二新卒や既卒のサポートに強い特徴があります。各地で各種セミナーも開催していて、年間約1万7000人が登録しています。

マイナビジョブ20’sの特徴

第二新卒のアプローチ方法

アプローチ方法

マイナビジョブ20’sは専任のキャリアアドバイザーがカウンセリングによって応募者の希望条件などをヒアリングして、それぞれに合う求人を紹介します。

社会人4年目以降の一般的な転職は、キャリアや経験をベースに即戦力としての期待があります。しかし第二新卒の場合はポテンシャルや熱意が重視される傾向があるので、一般的な転職活動とは異なるアプローチが必要になります。

マイナビジョブ20’sは第二新卒のアプローチの仕方なども踏まえて、面接の対策や履歴書など応募書類の添削、応募手続きや面接日程の調整などを行います。

適性診断

マイナビジョブ20’sにはマイナビジョブ20’s適性診断というテストがあり、申し込み後に個別カウンセリングをするまでに受けることになっています。この診断は利用者がどのような仕事と向き合うのかを考えるもので、行動スタイルと照らし合わせて回答します。

診断結果はキャリアアドバイザーがカウンセリングに活用され、アドバイザーの主観的な判断ではなく客観的な視点からカウンセリングをして応募者に合ったアドバイスをすることに役立つと思われます。

診断の結果や質問の分析をアドバイザーと共有して、実際の面接に備えます。

各種セミナー

マイナビジョブ20’sは20代の転職について熟知したキャリアアドバイザーによる様々なセミナーを開催しています。

セミナーの会場は新宿や名古屋、大阪で、セミナーのテーマは「《年収400万円以上》求人紹介セミナー」と個別面談や「《2019卒で現職の方限定》転職支援サービス説明会」、「《既卒・離職中・フリーターの方向け》ジョブ20’sアドバンス2daysセミナー」や「【地元で働こう!】未経験者歓迎の愛知県内勤務×販売職セミナー」、「若手×積極採用/未経験・経験浅・営業⒮辱個別相談会のご案内!」などです。

強み・弱み

強み

マイナビジョブ20’sの強みは株主が株式会社マイナビ100%で、大手人材サービス企業のマイナビグループのひとつである安心感があります。取り扱っている求人数が約1500件ですべて第二新卒や既卒が応募できる求人になっていて、80%から90%が非公開の特別な求人であることも強みになっています。

マイナビジョブ20’sは全国展開をしていますが、関東や東海、関西を中心に求人が集まっているので使い勝手が良い転職エージェントです。取り扱っている雇用形態は主に正社員ですが、契約社員や紹介予定派遣も含まれています。

弱み

マイナビジョブ20’sの弱みはキャリアップの場合の利用には不向きであることと、入社1年未満の転職者にも不向きであると考えられることです。

キャリアアップの求人内容を他のエージェントと比較すると、業界によっては仕事の内容や報酬などの点で劣る面がある場合も見られ弱みになっていると考えられます。

たとえば金融業界などについては、業界の知識が十分ではなく紹介される求人も満足できるレベルには達しない例も見られるようです。入社1年未満の転職者も得意ではなく、保有する求人案件も少ないので対応が不十分と思われます。

強みと弱みを考えた利用

マイナビジョブ20’sは、診断テストを活用した客観的なキャリアカウンセリングや面接対策、応募書類の指導などでは利用すべき強みが感じられます。

また求人の質や量、転職のサポートも利用すべきレベルだと思われます。しかし年収の交渉などは経験が少ないため弱い面があると考えられます。

マイナビジョブ20’sは20代専門の転職エージェントで特に1年以上から5年目が主なターゲットになっていて、特に第二新卒や3年以内の20代に強みがあるので第二新卒や3年以内の20代の人は登録して活用すれば効果が得られると思います。

登録

申し込み

マイナビジョブ20’sの利用は、Web申し込みからスタートします。申込フォームで必要事項を入力した後に、マイナビジョブ20’sの担当者から応募者に個別カウンセリングの案内があります。

必要事項の基本情報は、氏名や生年月日、性別や都道府県、携帯番号や連絡先メールになります。職務経歴は、就業経験がある場合とない場合を選び、ある場合は発信方法を選択します。学歴は学校名・学部・学科・専攻を記入し、文理区分、卒業年・区分も記入します。

希望条件は転職希望時期を記入し、外国人の方への欄は日本人には回答不要です。

詳細はコチラ

マイナビジョブ20’sの公式サイトはこちら

面談

面談は個別カウンセリングの形で行われます。20代の転職市場に詳しいキャリアアドバイザーが、登録された情報を基にして1対1のカウンセリングを実施します。

個別カウンセリングでは、キャリアアドバイザーの知識や経験と適性診断による客観的な分析を活用して一人一人の隠れた強みや適性を引き出すようにします。そしてそれぞれの希望や強みにマッチする最適の求人を紹介するために多くの求人案件から選び出します。

カウンセリング機会を利用して、転職に関する疑問や意見などをキャリアアドバイザーに気軽に相談することもできます。

応募

マイナビジョブ20’sはマイナビグループの中で20代専門の転職エージェントとして、20代を対象とする1000件以上の求人案件を用意しています。業界や職種に未経験の挑戦を歓迎する求人案件も豊富に取り揃えています。

求人に応募する際は、キャリアアドバイザーと相談しながら応募企業を慎重に選び出します。選考に通過するように、面接対策や応募書類の添削などの指導なども行います。

企業の採用担当者に応募者の人柄ややる気、ポテンシャルなどが伝わるように、応募書類の他にマイナビジョブ20’sからも推薦状が出されます。

活用方法

マイナビジョブ20’sの効果的な活用

マイナビジョブ20’sを活用すれば求人応募の後の面接の日程調整など企業とのやりとりをすべて行ってもらえるので、面接対応を効果的に行うことができます。

また面接に関する追加の求人情報をキャリアアドバイザーから入手できることや、キャリアカウンセリングと別の面接指導も実施するので万全の状態で面接に臨むことが可能になります。

面接を通過できなかった場合は見送られた理由を採用担当者に確認して応募者にフィードバックするので、次の選考に活かすことができます。転職は合格が重要であり合格にはフィードバックが必要です。

マイナビジョブ20’sを活用するメリット

応募企業に内定して入社しても、入社前の希望の労働条件と実際の労働条件が違うことも考えられます。そのような自分からは交渉が難しい条件面などについての調整を、マイナビジョブ20’sのキャリアアドバイザーが応募者に代わって行うメリットがあります。

会社側と確認の話し合いをして、入社前の条件と違う理由についての納得できる説明が得られると思われます。

転職は採用試験に合格すれば終わりではなく入社後も続きますが、マイナビジョブ20’sがはじめから終わりまで転職活動をサポートするので安心できるメリットもあります。

マイナビジョブ20’sの対象範囲を限定した転職活動

マイナビジョブ20’sは20代や第二新卒に特化されているので企業の求人数はマイナビエージェントなどより少なめになっていますが、少ない分だけ厳選された求人になっていると考えられます。

マイナビエージェントは20代の後半や30代の経験を積んだ社会人が対象であるために、マイナビジョブ20’sよりも求人数が多くなっています。

マイナビジョブ20’sの対象範囲がマイナビエージェントよりも狭められているので、対象範囲となる応募者にとっては求人数が少ないと感じることはなくむしろ選択肢が多いという感想も聞かれます。

留意点

年収アップが難しい

マイナビジョブ20’sは20代や第二新卒に特化しているので、転職による年収アップは難しい状況が予想されます。20代を積極的に採用する企業の中には、コストカットを狙っている場合も多いのが実態と考えられます。

日本企業は大多数が勤続年数で給料を段階的に引き上げていく給与体系を導入し実施していて、若い年齢では給料が安いことが多い状況になっています。

マイナビジョブ20’sが20代や第二新卒に特化していることは、採用されやすい求人案件が集中する側面があるとともに給料アップが難しい面もあることを示しています。

全国展開をしていない

マイナビジョブ20’sは全国展開をしていない状況です。若手に特化した転職エージェントであれば若者が集まらない地方に全国展開しても効果的でないので、若者が集まる都市部に拠点を置く傾向があります。

マイナビジョブ20’sの対象も若手に特化しているので、やはり若手が集まる都市部に展開することになり全国展開はしないことになります。

大都市に在住している若者はマイナビジョブ20’sを活用することができますが、拠点のない地方に在住している場合はマイナビジョブ20’sの活用には不利なことを留意することが大切です。

マイナビジョブ20’sの活用

マイナビジョブ20’sは、20代の若手や第二新卒、既卒で職歴がない人などが活用できる転職エージェントだと考えられます。

マイナビグループでも20代の支援に特化している会社で若い人に向いている求人案件が多く転職難易度が低い求人もあるので、未経験でもフリーターでも活用して挑戦してみることができます。

現在の企業の雇用は少子高齢化の影響もあり人手不足が深刻になっていて、20代であれば未経験でも既卒でも受け入れる状況があると思われます。最近は第二新卒を積極的に採用する企業が更に多くなっている傾向があります。

まとめ~マイナビジョブ20’sの活用

マイナビジョブ20’sはマイナビグループで20代の若手や第二新卒に特化していて、企業からのニーズが高い転職エージェントです。

マイナビジョブ20’sが対象とする年代で拠点がある大都市に在住している場合には、有効に活用すれば効果が得られると考えられます。