転職エージェント一覧

マイナビ会計士の賢い活用方法とは?

マイナビ会計士は、人材会社のマイナビグループが運営する会計士の転職に特化した転職エージェントです。

会員登録をすることで、マイナビグループのネットワークを活かした全国展開のマイナビ会計士の専任のキャリアアドバイザーによるサポートを受けることができます。

マイナビ会計士の特徴

会計士専門の転職支援サービス

特徴

マイナビ会計士は会計士の転職に強く、会計事務所や税理士法人などの会計士の転職支援サービスが中心になりますが、コンサルテイングフォーム他の様々なニーズに合わせた求人の紹介や転職支援のサービスも行なっています。

具体的にはIPO支援や事業承継、M&Aアドバイザリーや投資銀行業務、事業再生や企業再編、税務業務や内部監査、経営企画などの業務についての求人や転職を支援します。

ストラクチャードファイナンスや公開引受・審査、ファイナンシャルアドバイザーなどのファイナンシャル関連業務の求人紹介なども行っています。

非公開求人が約80%

マイナビ会計士の求人は非公開の求人が約8割になっています。企業が求人を非公開にする理由は、キャリア採用をしていることを競合他社に知られたくないことや応募が多数になることを避けて採用を効率的に行いたいためなどです。

マイナビ会計士に登録することで、自分の想像以上の非公開の優良企業を紹介される可能性があります。また未経験や異業種からの転職が成功することや地方へUターン転職で年収が大幅にアップすることなどの例が多数見られます。

気軽にマイナビ会計士に相談して登録することで、優良な非公開求人が紹介されます。

会計士業界に精通したキャリアアドバイザー

マイナビ会計士には会計士の専門知識を持つキャリアアドバイザーが在籍しており、履歴書や職務経歴書の作成や面接の対策でも専門的なアドバイスをしてくれます。

転職希望者の今までのキャリアの棚卸をして将来のキャリアプランを見据えた求人紹介やサポートをしてくれるので、満足できるアドバイスをしてもらえると思われます。

キャリアアドバイザーとの面談方法は対面か電話が選べますが、業界や年収などの希望条件を正確に伝えて、担当キャリアアドバイザーと良好な関係を築いてサポートしてもらうために直接面談することが効果的です。

強み・弱み

強み

マイナビ会計士の強みは、運営会社マイナビの転職エージェント界の屈指の知名度になります。知名度がマイナビ会計士の信頼につながっていることが強みと言えます。

全求人の約8割が非公開求人であり、実際に取り扱っている求人の非公開の比率は更に高いことも強みと考えられます。

非公開求人は転職エージェント上で一般公開されていない求人でありエージェントがその企業に合う求人を紹介するので、非公開の求人を紹介されれば転職希望者に有利になる可能性が高くなります。

非公開の求人が多いと転職希望者にメリットがあると思われます。

弱み

マイナビ会計士の弱みと思われることは、取り扱っている求人が会計士の求人であるために公認会計士の資格を持っていないと求人を紹介してもらえないことです。

公認会計士の資格は試験に合格してから2年の実務経験を必要としていて実務経験がないと公認会計士として認められないことになっています。

そのため公認会計士の資格を持たない人が別業種から公認会計士へ転職することは、非常に困難だと考えられます。

これから公認会計士として働くための実務経験を積む場合は、公認会計士事務所などで実務経験を積むことが効果的だと思います。

強みと弱みを考えた利用

マイナビ会計士は運営会社であるマイナビの知名度が強みであり、信頼に結びついている面があると思われます。

また非公開の求人が約8割であることも、一般公開されていない求人を紹介してもらえる転職希望者には大きなメリットがあると考えられます。

公認会計士の資格を持っていないと求人を紹介してもらえないことがマイナビ会計士の弱みであり、公認会計士の試験に合格しても2年の実務経験が必要なことが公認会計士への転職を難しくしていると考えられます。

公認会計士への実務経験は、公認会計士事務所などが適していると思われます。

登録方法

会員登録、面談の日程調整

マイナビ会計士の登録に必要な情報は、氏名や生年月日、住所や保有資格、勤務状況や経験などの職務経歴、希望勤務地や希望条件などがあり、それらを登録フォームに入力して登録します。

マイナビ会計士は非公開求人が約8割の転職サイトであり、登録をすれば優良な求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。面談の日程調整は、会員の登録が済むと電話もしくはメールで個別面談の日程調整の連絡が来ます。

最初は電話連絡で、電話に出ることができない場合にメールというパターンが多いので、マイナビ会計士からの電話に注意が必要です。
詳細はコチラ

マイナビ会計士の公式サイトはこちら

個別面談、求人の紹介

個別面談は実際にキャリアアドバイザーと会って、登録時に入力したデータを基にして就職先のことや求人紹介の希望などについての具体的な話し合いを行います。

個別面談で話し合った内容がベースになって求人案件の紹介をしてもらうことになるので、個別面談の話し合いでは自分の経歴をキャリアアドバイザーにしっかり伝えることが重要になります。

求人案件を紹介する際は、キャリアアドバイザーが話し合いの内容を取り入れて転職希望者に合いそうな求人を何件か紹介してくれます。その中から応募する求人を絞り込んでいくことになります。

応募書類の作成、面接、内定

キャリアアドバイザーから紹介してもらった求人案件から応募する企業を選んで、応募書類を作成することになります。応募書類の作成は添削などの指導が受けられ、志望動機の文章を作成する場合のアドバイスなども貰えます。

応募が済むと面接に進みます。面接の日程調整はキャリアアドバイザーが代行してくれるので、都合の良い日をキャリアアドバイザーに伝えます。希望すれば面接の指導が受けられ練習にも対応してもらえます。

面接に合格すれば内定が下りるので、キャリアアドバイザーと打ち合わせをして入社の日を決める段階になります。

活用方法

転職先に応じた効果的な活用

マイナビ会計士は、初めて転職活動で活用して成約した実績が全体の70%になっています。それだけ転職活動を一からサポートする体制が整っていて、実績に結びついています。

マイナビの知名度やネットワークを活用した事業会社の求人も多く、採用が決定した業態の40%は事業会社になっています。

マイナビ会計士の公式サイトには事業会社や監査法人、会計事務所・税理士法人やコンサルティングファームの4つの転職先ごとにそれぞれの専門サイトがあり、分野ごとに動向や求められるスキル・経験などが紹介され活用しやすくなっています。

マイナビ会計士の評価

マイナビ会計士の自社アンケートでは、マイナビ会計士の利用者の95%が面談の際のキャリアアドバイザーのサポートの内容に満足している結果になっています。

また楽天リサーチ社が2016年に実施した全国の20歳から49歳男女の会計士資格保有者・試験合格者100名の調査では、マイナビ会計士が若手会計士の使いたいサイトのNO1になっていて支持されています。

面談など様々なアドバイスの専門性の高さや効果的なサポートなどが、若手を中心とする会計士資格取得者や試験合格者から高い評価を受けていることが証明されています。

転職先

転職先は新日本、トーマツ、あずさ、PwCあらたの4大監査法人のほかに、中小の会計事務所や税理士法人などもあり、様々な規模の求人案件に対応しています。求人の約8割が非公開の求人であって、一般には公開されていない求人です。

勤務地は、北海道・東北、東海・北陸、関東・甲信越、関西、九州・中国・四国のエリアに分かれていますが、関東・甲信越の求人数が圧倒的に多い傾向があります。

それぞれの求人が事業会社、監査法人、会計事務所・税理士法人、コンサルティングファームごとに指定され仕事の内容も細かく示されています。

留意点

求人の種類ごとの仕事内容

マイナビ会計士の求人は事業会社、監査法人、会計事務所・税理士法人、コンサルティングファームの業態ごとに、それぞれの仕事内容が細かく示されています。

事業会社は経営企画やCFO、IPOの経理や財務・M&Aなどの業務になっており、監査法人は会計監査やIPO支援、IFRS関連業務などになります。

会計事務所・税理士法人は税務コンサルティングや国際税務、事業承継や相続税などの業務になって、コンサルティングファームは経営コンサルティングや財務アドバイザリー、戦略コンサルティングや企業再生などの業務になります。

キャリアアドバイザーとの接し方

マイナビ会計士を利用する場合は、電話だけの対応ではなくなるべくキャリアアドバイザーに直接会って面談することが効果的だと思われます。特にファーストコンタクトは実際に会えばその後のコミュニケーションがスムーズになると思われます。

キャリアアドバイザーは売上目標があり、通常はすぐに転職したい人を優先します。面談ですぐに転職したい意向を伝えることで優先度が上がります。

転職希望者を企業に紹介する場合、最終更新日が新しい人から順に紹介することが一般的なので、マメに連絡を取り最終更新日を更新する必要があります。

マイナビ会計士利用のメリット

マイナビ会計士を利用すれば会計士業界専門のキャリアアドバイザーがサポートをしてくれるので、会計士の有資格者が有利な条件で転職できる理想の求人を探せる可能性が高くなると考えられます。

様々な業界の求人があるので転職の選択肢が広がりキャリアアドバイザーのサポートで応募書類の作成や面接対策ができるので、書類選考が通って面接に合格する可能性も高くなります。

またキャリアアドバイザーは採用ニーズを把握していて企業のニーズに転職希望者がどう対応するかが分かるので、企業と応募者の最適なマッチングが可能になります。

まとめ~マイナビ会計士の活用

マイナビ会計士は会計士の資格を保有する人が活用することに適しています。

マイナビ会計士には会計士業界に特化した専門的なキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、転職希望者が相談するには最適の環境が整っており、理想的な転職活動が実現できると思われます。