企業別転職術

日本マイクロソフト転職を成功させるために準備すべき9つの項目

日本マイクロソフトは世界最大のソフトウェア開発企業の日本支社で、中途採用の入社者が多く米国本社でのグローバルポジションの応募もあります。

労働時間が短くフレックス制度や在宅勤務を推進しているホワイト企業で、平均年収は業界でも高い方です。

自由な雰囲気で働きやすい環境ですが、実力主義で結果が求められます。

会社情報

転職コンダクター
転職コンダクター
日本マイクロソフト株式会社は1986年に設立された、資本金が5億円で売上が3,232億5,700万円の会社です。

代表取締役社長が平野拓也氏で従業員が2,147名、本社が東京都港区にありコンピュータソフトウェアおよび関連製品の開発、営業、技術支援が事業内容です。

日本マイクロソフト社は、Windowsの開発などオフィスソフトの市場を独占する世界を代表するIT企業のマイクロソフト社の日本法人になります。

どんな人材を求めているか

日本マイクロソフト社は外資系の中でもトップクラスの企業で、応募者が多く高いスキルや豊富な経験を求められるので転職が難しいと言われています。

採用する人材には誠実さやあきらめない前向きな姿勢、学習意欲が高く知識を吸収する能力を持っていて好奇心が旺盛であることなどが求められます。

IT業界は女性が少ない業界ですが日本マイクロソフト社は女性の数が多く、女性の管理職への登用も推進していて女性の転職も可能です。

求人情報の傾向(選考情報・ポイントなど)

日本マイクロソフトのサイトの求人はエンジニアや営業、カスタマーサクセスやマーケティングなどの職種の求人があり、応募要件が英語で記述されています。

英語力は必須要件で、業務経験は3年以上で5年以上が望ましく職種によっては10年以上の業務経験が求められるようです。

サイトの求人は公開されているものですが非公開の求人がある可能性が高く、転職エージェントによっては公開求人の3倍以上の非公開求人も考えられます。

平均年収、給料、ボーナス

マイクロソフトの平均年収は転職サイトの調査では1,171万円になっていて、平均給与は73万円から97万円でした。

20代は660万円から830万円台で、徐々に上がって50代の前半にピークの1,290万円から1,400万円台になります。

給料は20代の40万円から50万円が徐々に上昇して50代前半で最高金額の80万円台になり、賞与は20代の160万円から200万円台が50代前半に350万円台になります。

仕事内容

日本マイクロソフトには営業や企画、サポートの仕事内容があり、職種として営業職やマーケティング職、サポートのエンジニア職などがあります。

営業の部署は基本的に19時30分には退勤することができるので比較的ホワイトな仕事と考えられますが、企画やサポートは終電ギリギリになることが多いようです。

企画は課題にしっかり取り組むと23時くらいになってしまい、サポートも緊急の仕事が入ることもあり毎日忙しいようです。

労働環境

日本マイクロソフトの平均残業時間は40時間から42時間ですが、常に残業があるというより時期によることが多いようです。

実力主義で結果が出せれば労働時間は関係なく個人がコントロールできることになるのですが、部署によっては残業が多く営業系やサポート系は日常化しているようです。

リモートワーク環境が整っていてオフィスの労働時間以外の自宅での労働時間がある可能性も考えられので、転職の際は部署の確認が必要です。

現役やOBの口コミ

日本マイクロソフト社員の評価は、法令遵守や待遇面、風通しの良さで5点満点の4点台で、人材の長期育成が2点台の他は3点以上で全体も4.04点の高い評価でした。

グローバル企業としてDiversity & Inclusionを重んじる企業カルチャーは学びが多く素晴らしいとの、企業の姿勢を評価する意見がありました。

待遇や報酬が良く仕事のやりがいもあるが、業績が悪ければ首になる覚悟も必要との口コミもありました。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェント活用の理由は、非公開の求人情報の紹介してもらえることや応募書類・面接の指導、待遇面の交渉や内部情報の提供があります。

大手の転職エージェントは活用する理由のすべてを満たしているので、リクルートエージェントやdodaなどの大手を利用するメリットが大きいと言えます。

マイクロソフトの転職ではリクルートエージェントとdodaの登録で効果があると思われ、パソナの実績と非公開求人も期待できます。

まとめ

日本マイクロソフトは米Microsoft Corporationの日本法人で、自分の力による仕事を行って結果を出すことが求められる実力主義の社風の会社です。

中途採用で募集する職種は幅広いが、それぞれの職種で能力を発揮する十分な経験やスキルが求められるのでそれなりのキャリアが必要です。

外資会社の個人を尊重する考え方に違和感がなく、合理的でフレキシブルな働き方ができることが転職成功の秘訣だと思われます。

日本マイクロソフトは完全自由なワークスタイルの外資会社であり、日本的な会社と異なるオンオフの切り替えが上手な人に向いている会社と考えられます。

転職をする際は公開の求人に応募するのは合格が難しいと思われるので、複数の転職エージェントに登録をしてコンサルタントに非公開求人を紹介してもらう必要があります。