コラム

会社の歓迎会はいらない!歓送迎会をする意味ってあるの?

日本の企業では新年会や忘年会、歓迎会や送別会を行うのが当たり前になっていて、会社全体で実施する会社行事となっている場合と職場単位で開催する場合があります。

交流と親睦を深めるコミュニケーションの場としては良い機会だと考えられますが、飲めない人や飲み会が苦手な人は居心地が悪い会合だと感じると思われます。

歓送迎会の傾向

今までは歓送迎会を行うことが当然と思われ実施されてきましたが、最近は歓送迎会の実施に変化の兆しがみられるようになっています。

職場で開催される歓送迎会に出席するかどうかの男女200人のアンケートでは、4割以上が参加の予定で2割弱が不参加と答えています。

職場の歓送迎会の変化が見られるのは約4割の職場で歓送迎会がないと答えたことで、働き方改革やコンプライアンスの影響で歓送迎会が減少していると思われます。

会社の忘年会はいらない!?忘年会をすることの意味を考えてみた 忘年会は年末に1年を振り返る機会であり、会社勤務をしている場合にはお互いを慰労する意味もあると考えられます。 しかし楽しみ...

歓送迎会の欠席理由

歓送迎会は新たな仲間との交流の場となり同僚や上司の門出を送り出す場になるので、社会人として参加しなければならないと思われます。また職場の飲み会もお互いの交流と親睦をはかるために必要です。

理由次第で欠席することができますが、行きたくないという理由は協調性がない人と思われ人間関係が壊れる恐れがあります。

体調不良や取引先との付き合い、家族と急遽会わなければならない事態などが妥当な理由になると思われます。

歓送迎会の支払額

歓迎会や送別会などの主役がいる飲み会は、主役からの参加費用は取らず主役を除く参加者で参加費用を割る方法が一般的です。

参加費用の回収は少し余裕をもった見積額を事前に徴収して、後日会計報告とともにそれぞれに差額を返却することにすれば間違いがないと考えられます。

上司などが事前に会費より多くを出すことを申し出た場合はお礼を言って受け取り飲み会の費用に充てて、会費を若い順や女性から安くしていくのが賢明です。

歓送迎会の店

歓送迎会の店を探す場合は、インターネットで探す方法や口コミで確認する方法、自分で店に足を運ぶ方法などがあります。

インターネットで探す場合は歓送迎会の開催場所や参加予定人数、予算や会場設備などを確認して探すことが大切になります。

インターネットで店の口コミを確認することも参考になりますが、周囲に店を利用した人がいれば正確な情報が得られます。

また自分で足を運んでみることが、一番信用できる情報になります。

歓送迎会の幹事の役割

歓送迎会の幹事は歓迎会や送別会の世話をすることで、主に企画や準備、手配など裏方としての役割を果たすことになります。

当日の司会者を兼ねることもありますが、厳密には司会者とは異なる役割であり計画性や協調性、企画力や調整力、忍耐力などの能力が求められることになります。

幹事に求められる能力は職務を遂行する能力と共通するので、幹事を任されるようになれば会社から一人前として認められたことになると考えられます。

歓送迎会の司会の役割

歓送迎会の場合は最初に司会者が開会の言葉を述べて、同時に自分の自己紹介を簡単に行います。次に出席者で最も上の役職の方々に挨拶と乾杯の発声をお願いします。

最初の乾杯は一般的にはビールで行い、乾杯の後は歓談の時間には参加者のそれぞれが食事に合わせて好きなお酒を楽しみます。

頃合いを見はからって新入の社員や送別の社員の挨拶を述べてもらい、最後に出席者の中で二番目くらいの役職者に挨拶や手締めをお願いします。

歓送迎会のNG行動

歓送迎会のNG行動の男女からのアンケートでは嫌がられるランキングの一位は酔ってパワハラをする行動、二位が酔ってセクハラをする行動になっています。

三位は部下いじめをする行動で四位は愚痴ばかりを言う行動、五位にスマホをいじってばかりいる行動があげられて、NGランキングのベスト5になっています。

男女でパワハラやセクハラがNG行動の上位で、男性ではパワハラやセクハラの厳格化を実感している人が増えています。

歓送迎会の改善

歓送迎会は日本の企業が新入社員を歓迎する意味や新しい門出を迎える人を送り出す意味で実施してきた慣習で、目的は意義のあることだと考えられます。

本来の趣旨を尊重して持続していくことが重要だと思われますが、お酒を飲むことに伴うトラブルが起こることで敬遠される傾向になっています。

しかし酔ってパワハラやセクハラを行うことについての対応が厳しくなっていることや自由参加になっていることなど改善の兆候もあります。

まとめ

転職コンダクター
転職コンダクター
歓送迎会は新しく入る社員を歓迎することや新しい門出を迎える人を盛大に送り出す意味で意義深い会であり、会社行事として重要なものと思われます。

歓送迎会のお酒で酔ってパワハラやセクハラを行うなどの弊害が出てきて不要論も聞かれますが、弊害を無くして本来の歓送迎会を実施し続けていくことが重要だと考えられます。