企業別転職術

JTB転職を成功させるために準備すべき9つの項目

JTBは傘下に多くの事業会社がある国内最大手の旅行会社で、旅行業の他に出版業やグローバル事業なども行なっていて事業分野が多岐にわたっています。

中途採用は事務系も技術系も専門職のポジションの募集が多い傾向があります。傘下の事業会社は社風などが異なるので、転職の場合は各社の実態を把握することが大切です。

会社情報

転職コンダクター
転職コンダクター
株式会社ジェイティービーは1963年に設立されており、資本金が23億4百万円で連結の売上が1兆3,437億14百万円の会社になります。

事業内容は旅行業や出版業を行っていて、代表取締役社長が高橋広行氏で連結の従業員数が26,646名、本社は東京都品川区にあります。

中途採用は原則としてグループ会社ごとに行っていて、海外法人の会社の中途採用も募集されているので海外で働きたい人にも向いていると思われます。

外資系企業に転職するには?求められる人物像や面接を突破する具体策をアドバイス 日本企業から外資系企業に転職する場合は日本企業と外資系企業の違いを理解することが大切です。 そして今までの実務経験を確認し...

どんな人材を求めているか

中途採用の募集職種は営業やデータドリブンマーケティングなどがあり、カウンター窓口の店頭営業業務は契約社員での募集となっているようです。

求める人材は、新しい情報やスキルを習得するなどの自己成長の努力をすることや、自律的に課題解決に取り組む自律創造型の人が期待されています。

自律的に課題を解決する資質として、コミュニケーション能力やホスピタリティの精神、主体性や発想力、ポジティブ思考などが求められます。

求人情報の傾向(選考情報・ポイントなど)

JTBでは旅行もWeb販売が主流となっている現状に対応して、競合他社に負けないようにWebサイトの再構築に取り組んでいてエンジニアを広く募集しています。

転職サイトのJTBの求人情報では、WebマーケティングやUIデザイナー、フロントミドルウェアエンジニアやITセキュリティエンジニアなどを募集しています。

業務経験年数が問われることはないようですが、大卒や大学院卒など学歴が問われる場合があるようです。

平均年収、給料、ボーナス

JTBの平均年収は有価証券報告書によると550万円で、平均年齢が34.2歳で平均の給料は34万円と推定されます。

ボーナスは冬が一律1.5で、夏は業績に応じて支払われ1.5から3.5程度のようです。

平均年収は職種別で異なり、総合職は785万円で一般職が556万円、技術職が549万円で契約社員の添乗員が350万円程と推定されます。

役職者は、課長クラスが798万円で部長クラスが883万円と推定されます。

仕事内容

JTBの仕事内容は旅行企画やツアーコンダクターの仕事が思い浮かびますが、その他にも多岐にわたる職種が中途採用として募集されています。

企画営業やマーケティング、社内SEやウェブディレクター、人事や総務、法務やリスク管理、ライターなどが現在募集されています。

それぞれの求人は実務経験が必須になっていて、職種ごとに応募条件が違うことや英語や中国語の語学スキルが求められる求人もあるので確認の必要があります。

労働環境

JTBはかつて残業手当が出ないサービス残業が常態化していた時期がありましたが、現在は企業体質を改善してサービス残業を強いられることがない状態になっています。

ただし旅行業界は繁忙期には職種を問わず多忙になる労働環境があり、忙しくなることについてある程度の覚悟が必要と思われます。

通常は残業時間が業界でも平均的であり、結婚休暇や育児休暇、産前後休暇などが充実しており女性にも働きやすい環境が整っています。

現役やOBの口コミ

JTB社員の口コミは法令順守が5点満点で4.7点の高得点ですが、他の全てが3点以下で待遇面の満足度などは2点台で全体が3.10と低い評価です。

組織や企業文化が体育会系的で、上司が言うことが絶対の風習が根強いとの意見や働き方改革が旧時代のシステムで進められ効果がないなどの声があります。

旅行に興味のある人は案内の仕事はやりがいを感じる反面、プライベートの旅行も仕事の一環となることに不満の声もあります。

おすすめの転職エージェントは?

JTBの転職では、非公開を含む求人の保持やJTB以外の求人も提案できる力と転職をサポートするノウハウがあるかどうかが重要です。

リクルートエージェントやパソナキャリアJACリクルートメントは求人案件の保有やサポートする力でおすすめの転職エージェントです。

リクルートエージェントは業界の最大手でJTBの転職実績が多く、パソナはサポートが丁寧です。JACリクルートメントはスペシャリストの実績があります。

まとめ

JTBは国内で最大手の旅行会社で傘下に多くの事業会社があるので、JTBの職種を検討するとともに傘下の会社の特徴も把握しておくことも転職成功に効果的だと思われます。

旅行業が中心ですが出版業などもあるので、業種が異なる仕事を希望する場合は検討の余地があると考えられます。

中途採用は事務も技術も志望の職種の経験やスキルが必要で語学力の求められる職種もあるので、転職エージェントに確認しておくことが必要です。

JTBは旅行の会社として最大の会社ですが出版業などの仕事を行っており、傘下に多くの事業会社がありグループとして広範囲の事業活動を展開している会社です。

少し体育会的な企業風土があるようで保守的な面も指摘されていますが、強みのある企業文化に馴染むことができれば思う存分力を発揮できる会社だと考えられます。