企業別転職術

日本航空(JAL)転職を成功させるために準備すべき9つの項目

日本航空(JAL)は国際航空事業の会社で、現在国内は143路線、国際線は571路線を保有して収益は国内線と国際線で半々です。

航空事業の他に、パッケージツアーの販売やフライトでたまるマイルを使えるクレジットカード事業を行っています。

求人職種の経験と英語力があれば、日本航空に転職できる可能性があります。

会社情報

転職コンダクター
転職コンダクター
日本航空株式会社は1951年8月に設立された会社ですが、会社更生法適用により2010 年2月に上場が廃止になり2012年9月に再上場した経緯があります。

現在東証一部に上場しており、資本金は355,845百万円で代表者は赤坂祐二氏で従業員数は12,750人、連結では約34,000人で、本社は東京都品川区にあります。

主な事業は定期航空運送事業や不定期航空運送事業、航空機使用事業や関連する事業になります。

どんな人材を求めているか

日本航空は求める人財像が示されており、感謝と謙虚の気持ちを持つとともに仲間を思う心を大切にする人材を求めていることが記されています。

具体的にはゼネラリストとしての視点を持ち、強みを活かしスペシャリストになれる人材、柔軟な発想でチームワークを実現できる人材が求められています。

JALの目的は航空機を安全に運行し顧客に最高のサービスを提供することで、このことをチームワークで実現できる人材が期待されます。

求人情報の傾向(選考情報・ポイントなど)

日本航空は日本を代表する航空会社で、2010年に経営破綻した後にV字回復を遂げ、現在は新しい人材の採用を積極的に行っています。

中途採用は地上職の事務系と技術系があり、いずれの職種も国内外を問わずに勤務が可能であることとキャリア形成のため35歳程度までの募集になっています。

客室乗務員はTOEICが600点以上や勤務の内容上身体面の条件が厳しく、心身ともに健康で航空機乗務に必要な体力が条件になります。

平均年収、給料、ボーナス

日本航空の平均年収は、直近の有価証券報告書によると820 万円で、ここ数年の年収の推移は605万円から867万円になっています。

給料は約63万円と予測され、ボーナスは20代の約90万円から30代は約200万円で、50代前半が約270万円と推定されます。

総合職の年収は約1,100万円で技術職は約800万円、一般職は約820万円であり、課長の年収は約1,200万円で部長は約1,300万円と推定されます。

仕事内容

日本航空の仕事は業務企画職と技術職があります。

業務企画職は営業や空港業務、生産管理やマーケティング、経理や法務などで、航空運送事業全般に配属されます。

技術職は飛行機整備が主な仕事で、機体工学専攻の人などが採用されます。

業務企画はそれぞれやりがいがあり、営業は法人契約がスムーズに結べた時に運行業務は航空機の離発着の時にやりがいを感じるようです。

技術職は安全性を保ち続けることをやりがいと思うようです。

労働環境

日本航空の労働時間は月間の平均残業時間が17時間から19時間と推定され、営業部門は残業がやや多めですが部署によっては残業がなくほぼ手定時で退社できるようです。

企画部門などは自分で仕事を組み立てることもできるので有給は思い通りに取得できて、会社更生法適用後はワークライフバランスを重視して残業が減っていると思われます。

残業の時間や有給の取得がしやすいかは部署により違いがあるので、情報の確認が必要です。

現役やOBの口コミ

日本航空の口コミ評価は法令遵守や社員の相互尊重は5点満点の4点台で高く、待遇面の満足度や人事評価の適正感などは2点台で低くなっていて総合評価は3.37点です。

ナショナルフラッグキャリアの使命感とプライドを持つ反面、ANAの追い上げでナンバー1の座から転落した挫折感があるとの指摘があります。

歴史が長いことで蓄積した経験とノウハウの強みがある一方、政治力や対外的なアピールの力が弱いという声もあります。

おすすめの転職エージェントは?

日本航空は歴史のある大企業で大手のエージェントが相応しく、求人数が業界ナンバー1で大手企業の非公開求人を多数保有するリクルートエージェントがおすすめです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからスカウトが届くシステムのビズリーチも、転職エージェントと連携して利用すると有効な転職サイトです。

伝統ある企業を多く扱ってきたリクルートエージェントと転職サイトのビズリーチを活用することが効果的だと考えられます。

まとめ

日本航空は会社更生法の適用で上場廃止を経験しているだけに、再上場してから会社の再生に向けての意気込みが一層強いと考えられます。

転職者への期待も大きいと考えられので、職種の経験やスキルを活かして新しく生まれ変わる会社に貢献することをアピールすれば転職に成功する可能性があると思われます。

本来日本でトップクラスの企業で労働条件や労働環境のレベルが高いので、転職者が実力を発揮しやすい会社であると言えます。

日本航空は会社更生法の適用を受ける前は日本を代表する大企業で、圧倒的な存在感がありました。しかし会社更生法で上場が廃止されたことで、すぐれた経営者の下で一からやり直して会社の本質が変革したように思われます。

これから以前より素晴らしい会社に生まれ変わっていくには、転職者の力が必要であると考えられます。