人事採用術

人事の基本的な役割とは?人事のベストセラー本もチェックしておこう!

人事は会社組織の中で、「人・物・金・情報」の4つの要素の「人」についての役割を担っている部署になります。

人についての役割には採用や教育、異動や給与など様々な職務があるので、人事の専門書でも色々な種類が考えられます。

また人についての仕事をする基本となる本や、問題に対応する法律などを学ぶ場合もあります。

労務問題を上手く解決する方法 労務問題は、会社の規程類や労働法に違反することなどで発生する場合が多いと思われます。労務問題の原因を探り早い段階で問題を解決する...

人事の基本

転職コンダクター
転職コンダクター
企業などの組織は人という経営資源を有効に活用していくことで発展していくと思われるので、人事の果たす役割が重要になります。

人事の仕事は、経営の基本になる人材の採用や企業に貢献できる人材を育てる教育、人材の処遇を決定する人事労務などが基本業務となります。

更に組織を維持し発展させるための人事制度の創設や就業規則などの規程類の整備、企業としての法令遵守や従業員のメンタルヘルスなども実施する必要があります。

採用

採用は募集や採用試験などの業務で、会社の人事部が中心に行います。採用の前提として、労働基準法や雇用対策法、男女雇用機会均等法や職業安定法などの法規知識が必要です。

採用業務は採用計画に基づいた求人や会社説明会、面接や選考、内定や内定者のフォローが一連の流れです。

採用の本には、採用と組織の「採用を変える 組織が変わる」や採用活動の法則を書いた「採用マーケティングブランディングの原理原則」などがあります。

教育

人事の教育は各社の社風があらわれる業務で、それぞれの会社が独自の教育を行います。基本的には、社内教育と専門教育に分けることができると思われます。

社内教育は新入社員教育や中堅社員教育、役職者研修などが中心の教育で、会社の理念や方針を教育するケースが多いと考えられます。

専門教育は知識やスキルを習得することが狙いで、勤続年数によって修得しなければ資格などを設定することで教育の効果を上げる場合があります。

労務管理

労務管理の業務は、労働時間の管理や給与・福利厚生、安全衛生や労使関係の業務など多岐にわたります。更に人事異動などを行う会社も見られます。

労務管理は社内の人に関する仕事が大半で、社内の人材の配置や社員の定着率、労働に見合った適切な給与や労働時間の管理などが主な業務になります。

企業を存続させ発展させていくための人件費の抑制などや社員の士気を高めて売上や利益を伸ばすことなど、経営的な観点も求められます。

給与・処遇

給与や処遇は働く人の重大な関心事であり退職の30%以上が給与や処遇面を理由に挙げているので、人事として重要な業務になります。

退職の理由は仕事の内容でやりがいがないことや残業などの労働環境は退職理由の20%弱であり、給与や処遇がいかに退職に結びつくかを示しています。

人事は給与や処遇の面で従業員の一人一人に納得して満足感を感じさせることが大切で、給与や処遇が定着率を高めることを自覚する必要があります。

人事制度・規程類

人事制度や規程類は会社の歴史で整備されているかどうかが異なります。しかし大企業で制度や規程類が整備されていても、運用が形骸化されているケースも見られます。

人事制度は社員の処遇や働き方などの人事に関する内容で、評価制度や目標管理制度、等級制度や賃金制度などの会社の状況に合う制度が必要です。

規程類は法令や定款に基づいて作成されるもので、労働基準法に対応する就業規則をはじめとして各種の規程類があります。

コンプライアンス遵守

コンプライアンス遵守は法律を守ることが大前提で、企業は企業倫理や社会的な良識、社会的規範を守ることなどを求められます。

法律で罰せられないことでも法律の抜け穴をかいくぐるような行為は慎むべきで、人事は会社が社会的な良識を逸脱することを監視する役割があります。

コンプライアンスを遵守するには、会社の方針を明確にしてコンプライアンスの組織を作りコンプライアンスの予防や治療、環境整備をはかることが重要です。

人事のメンタルヘルス業務

メンタルヘルスは心の健康で、厚生労働省がガイドラインで精神障害や自殺だけでなくストレスなど労働者の健康に影響を与える可能性のある問題と定義しています。

メンタルヘルス不調を防止するメンタルヘルスケアは人事の業務で、社員が心の健康を保持し増進できる職場の仕組みを作り運用することが求められます。

メンタルヘルス業務は生産性の低下を防ぎ、メンタルヘルス不調による事故や災害の発生を軽減する効果も期待できます。

人事のベストセラーの本

人事のベストセラーは採用や教育など分野ごとに多くありますが、人事にも関係するビジネス書はD.カーネギーの「人を動かす」で日本でも500万部を突破している歴史的なベストセラーです。

人事トップが採用や育成、評価などを書いた「WORK RULES!」や人と企業の新しい関係のリード・ホフマンの「ALLIANCE」もおすすめです。

企業の成長に重要なことを書いた「How Google Works」も人事が学べます。

まとめ

人事の仕事をすることは、経営者の役割を果たすことでもあると考えられます。人・物・金・情報の人の面について、経営者と一緒に考えて施策を実施することになります。

人事の仕事は法律が関係してくるので法律の知識や考え方が仕事をする上で大事になり、人事関連の書籍や判例などを研究して絶えず学ぶことが求められます。