企業別転職術

日立製作所転職を成功させるために準備すべき9つの項目

日立製作所は日本最大手の電機メーカーであり、伝統的企業風土の大企業と言えます。労働時間は業界の平均であり、給与や福利厚生などが充実した働きやすい環境が整っています。

転職の成功のポイントは転職エージェントの求人情報をうまく引き出すことで、事務系や技術系の職種で専門職のポジションが狙えると考えられます。

会社情報

転職コンダクター
転職コンダクター
株式会社日立製作所は1920年に設立された、資本金が4,587億9千万円で売上が連結10兆343億円の会社で、本社が東京都千代田区にあります。

執行役社長兼CEOが東原敏昭氏で、従業員が単体約3万5千人で連結約30万7千人の、コンピュータや通信機器、家電製品などが事業内容の会社になります。

日本ではトヨタ自動車に次ぐ規模の従業員数になっていて、現在主に9つの事業領域で多岐にわたる活動を展開しています。

どんな人材を求めているか

日立は社会イノベーション事業を通じて社会の課題解決を目指しております。

社会に貢献するという創業以来の会社の理念を受け継ぎながら一致協力して未知の領域に取り組める人材が求められています。

中途採用で募集する職種は研究開発職や人事・労務、システムエンジニアやマーケティングなど多岐にわたっています。

募集の職種は求人毎の応募資格が細かく設定されていて、職務の経験が必須である他に英語力が必要になる職種もあります。

求人情報の傾向(選考情報・ポイントなど)

日立の求人は様々な職種がありますが、エンジニアや人事募集が目立つのでそれらの職種に応募するチャンスだと思われます。

ほとんどの募集は大卒以上が必須条件のケースが多く、グローバルに事業を展開していることで海外転勤の可能性もあり英語力が必要な職種もあります。

業務経験が必要な職種が多い中で業界経験が不問の求人や異業種出身者が活躍中の記載がある求人もあり、未経験の転職を考えている人には好都合だと思われます。

平均年収、給料、ボーナス

日立製作所転職の平均年収は有価証券報告書によると平均年齢が42.1歳で894万円、給料は56万円でボーナスが224万円と推定されます。平均年収はここ数年800万円台で推移しています。

20代の平均年収は460万円台で30代は700万円台、40代は840万円台で50台に970万円台になります。

給料は20代の30万円が50代には60万円台になり、ボーナスは20代の120万円台が50代は250万円台です。

仕事内容

日立の仕事は部署により内容が異なっていて、ワークライフバランスを保つのが難しい部署とワークライフバランスが取りやすい部署があるようです。

顧客先に常駐している部署は深夜業や休日出勤もあることや、SE職もオーバーワークや夜間休日のシステム保守などでワークライフバランスが取りにくいようです。

一方で休みを取りやすい部署は有給消化や定時退勤を実現しており、産休や育休、短時間勤務を利用する女性も多いようです。

労働環境

日立製作所の平均残業時間は月間で40時間から50時間程度で、部署によるばらつきはあると思われますが同業他社と比べても平均的な労働時間の会社であると考えられます。

職場によって体育会的な雰囲気の部署もあれば和気あいあいと仕事をしている部署もあるようですが、全体的に雰囲気が良いと思われます。

日立製作所が古い歴史があり独特の社風がありますが、社員はお互いの仲間意識が強く働きやすい労働環境が築かれています。

現役やOBの口コミ

日立の社員による口コミの評価は法令遵守が5点満点の4.7点ですが、人事評価や20代の長期育成が2点台で全体の評価が3.45点で平均的な点数になっています。

福利厚生が充実していて、病気で休職の時の丁寧な対応の声がありました。企業文化は基本を重んじる姿勢があり、失敗に対する親切な教育の記述も見られました。

仕事の規模が大きく海外に挑戦できる魅力があるとの意見の反面、若手は雑務が多いとの指摘もありました。

おすすめの転職エージェントは?

日立製作所が転職者を募集する時には、大手の転職エージェントや中小のエージェントに非公開の求人として依頼する場合があります。

日立製作所転職のコーポレートサイトから直接申し込むこともできますが、その後のキャリアプランなどを一人で考えるのはリスクがあります。

大手で転職者の満足度が大きいdodaや20代に強いマイナビエージェント、高額の年収の優良求人を掲載している転職サイトのビズリーチなどがおすすめです。

まとめ

日立は電化製品だけでなく海外の大きなプロジェクトも行なっている印象があり、国内で2位の規模の大きな企業です。

給与や福利厚生のレベルが高く転職者が安心して働ける労働環境で、伝統的な社風ですが転職をしたいと考える希望者も多いと思われます。

人気がある会社だけに転職で入社するのは難しく、職種についての十分な職務経験を持っていることや語学など応募の資格要件を満たしていることが合格のための基本条件になります。

日立は日本を代表する会社で保守的なイメージもありますが、実際には穏やかで慎重な社風のようです。

事業領域は広くなっていて入社後の事業部をまたぐ異動は少ないようなので、入社前にキャリアプランを明確にして入社部署を慎重に選ぶことが大事です。

非公開求人の紹介を受けるために、転職エージェントの登録が必須です。