コラム

なぜ働きたくないのか?働きたくない人が抱える共通点を解消!

働きたくないと思う時は誰にでもあり正直な気持ちとも考えられますが、それでは働かないで生きていくのかとなると違ってきます。

大多数の人は何らかの形で働くことで仕事のやりがいを持ち、生活の収入を得ることや結婚して家庭を持つこと、子供を育てることを望みます。

全く働きたくないのでなければ、生きる術はあります。

働きたくない理由

転職コンダクター
転職コンダクター
働きたくない理由は、仕事の内容に働きたくなる理由がある場合や仕事をする条件や環境に不満がある場合、仕事に対する姿勢に問題がある場合などがあると思われます。

仕事の内容では、自分では上手くいったと思う仕事が周囲から受け入れられないケースや取り組んでいる仕事が面白くないケースなどが考えられます。

仕事の条件や環境では給与が安いことや職場にパワハラなどがある場合、仕事の姿勢では仕事の目標がない場合などです。

働きたくない人の共通点

働きたくない人の共通点は、仕事をするのが苦痛で楽しくなく労働が面倒だと感じている点や人とのかかわりが苦手で職場の人間関係も嫌いな点です。

働くことで時間を束縛されて興味のない仕事を続けなければならないことはストレスであり、本当は働くことから逃れて自由になりたいと思っていると考えられます。

働くことが嫌いでも生活をするにはお金が必要なので、働きたくない気持ちと闘いながら働いているのが実情だと思われます。

働きたくない人の考え

働きたくない人の考えには、動きたくないことやできるだけ働く時間を短くしたいこと、人と話したくないことや何も考えたくないことなどがあると思われます。

働きたくないそれぞれの理由の考えを取り入れた仕事であれば、働きたくない人でも働くことができる可能性があると予想されます。

ほとんど動かないで行う仕事や働く時間が短い仕事、人と話さないでできる仕事やあまり考えなくても働くことができる仕事もあると考えられます。

働きたくない人に向いている仕事

動きたくない人にはライン作業やジム作業などが向いており、できるだけ働く時間を短くしたい人には清掃や受付、入力作業などの仕事が向いていると考えられます。

人と話したくない人には倉庫内作業や看板持ちなどの仕事があり、ほとんど何も考えなくてもいい仕事はドライバーや警備スタッフなどがあります。

あまり動かず人と話をすることもない在宅のフリーランスは、ウエブライターやプログラマー、ウエブデザインなどがあります。

働くモチベーション

モチベーションは人がやる気を出して何かをしようとすることで動機づけや目的意識とも言われ、動機づけには内発的動機づけと外発的動機づけが考えられます。

内発的動機づけは自分の心の内側から起こる欲求で仕事を認められてお金を沢山稼ぎたいことなどで、内発的な動機づけが長くやる気が持続すると言われます。

外発的動機づけは第三者の興味や関心が引き金になっている場合で、仕事をして上司に認められたいことなどになります。

働きたくない時の特徴と対策

働きたくない時の特徴は、仕事のことを考えるとやる気が起きないことや仕事に対してギリギリまで動き出せないこと、出勤の準備も適当になることなどがあります。

また仕事が楽しくなくやりがいを感じなくなることや仕事の疲れが取れず体調不良になることなども考えられます。

転職コンダクター
転職コンダクター
働きたくない時の対策は、働きたくない理由の整理や有給などで休み気分転換をすること、信頼できる人に相談することや転職を考えることなどが考えられます。

自分がやりたいことを見つけて具体化する

働きたくないと思ったことが契機となって自分が本当にやりたいことを考えることができれば、その後の自分を変える大きなチャンスになる可能性があります。

自分が幼少期に好きだったことなども思い出してこれから興味を持てる仕事を探すことも、働きたくない意識を変える効果的な方法です。

自分が働きたいと思う仕事の種類や仕事のやり方を調べて、やりたい仕事が見つかった時は具体的に仕事を実施する方法を考えることが大切です。

仕事が好きな人も多い

働くことは困難なことも多いのであまり好きでない人はいると思われますが、働くことがすべて嫌だと言う人は非常に少ないことが推定されます。

今の仕事が自分に合っていないので楽しくない人も、仕事が変われば働くことが楽しくなり仕事が嫌でなくなる人が多いと考えられます。

働くことで収入を得て生活することは基本的なことで重要なことですが、仕事そのものに興味を持っていて仕事にやりがいを感じている人もいると思われます。

働くことが好きになるためには

働くことが好きになるためには、働くことが嫌な原因を自分なりに分析して自分の現在の状況から脱却する方法を模索することが必要になります。

転職コンダクター
転職コンダクター
その上で今後の自分のライフワークをどのようにしたいのかを自問自答して、進むべき方向が定まったら実現に向かって行動することが大事です。

現在の会社でも転職でも年齢にかかわらず仕事を変えるチャンスはあるので、働きたくない考えを払拭するための挑戦をする勇気が重要だと思います。

まとめ

働きたくないと思うことは誰にでもあることで、自然な気持だと思われます。しかし生きていくためには、ほとんどの人が働いてお金を稼ぐことが必要になります。

働きたくないと思った時が自分の本当にやりたい仕事を探し出す自己実現のチャンスです。自分の働きたくない気持ちを分析して自分は何がやりたいのか確認できます。