30代転職

30代からの転職で失敗しないためには?成功するための6つの法則

30代は社会人の経験や職務能力を身につけて体力的な不安も少ないので、転職には適した年代と考えられます。30代で未知のことに挑戦すれば自分自身が成長し、キャリアアップをはかれるメリットがあります。

転職の成功には必要事項の確認や失敗しない対策が大切です。自分の転職適性や転職の注意点のチェックも重要です。

30代からの転職の必要事項の確認

転職理由の明確化

転職の理由を明確にしておけば、自分が後悔しないだけではなく採用面接で質問された時の対策になります。30代は職務を身につけて自信がある一方で、仕事に慣れてマンネリになり別の仕事を考える年代でもあります。

転職の理由を明確にして自分が納得しておけば、転職後に元の職場の方が良かったと後悔することも少ないと思います。採用の面接官は転職の理由を聞く場合が多いので、簡潔に説明できるようにしておくことも必要です。

転職目的の設定

転職の目的を決めておくことも大切です。目的を達成できるかどうかは本人の努力と資質が大きいと思われますが、はじめに目的を定めておくことも重要です。

目的を設定すれば、目的を達成する戦略・戦術を考えることができます。最終的な目的を決めることで、目的を達成する具体的な方法論が考えられます。

大小の目標を立てて達成していけば、最終の目的に至る可能性があります。目的設定は面接の際に聞かれた場合にも役に立ちます。

他社でも通用する職務能力

職務能力は、すべての会社で通用するとは限らないのが一般的です。それぞれの会社には独自の社風や仕事のやり方がある場合が多く、転職をしてすぐに力を発揮できる可能性は少ないと考えられます。

しかし会社の規模や転職の状況などによって事情は異なってきます。たとえば大企業に課長として転職した場合は組織の壁がありますが、中小企業に社長の勧誘などで部長の立場で転職した場合はすぐに実力を発揮できることも考えられます。

業績・資格のチェック

会社の規模や社風などで転職後に職務能力を発揮できない場合もありますが、職種によっては可能だと思われます。具体的には営業のお客様とのやりとりのセールスの技術はどの職種でも通じると考えられます。

また会社経理の簿記の資格や外資系会社の会話に必要なTOEICの資格などは、転職で会社が変わっても活用できると思われます。30代の転職では、自分の得意な職種が通用するか保有資格が活かせるかのチェックも効果的です。

30代からの転職に失敗しないための確認

転職しない場合の可能性の把握

30代の転職

30代に転職する場合は、転職しない場合の年収やポジション、仕事のやりがいや面白さを把握しておくことが不可欠だと思います。

30代で転職しない場合を予測するのは難しいと思われますが、必要なことです。

日本企業の多くは40代で社内の評価や将来性がはっきりしてきますが、30代ではまだ評価が確定しておらず将来の可能性も不透明な面が考えられます。そういう状況で転職を選択することは困難であり熟慮が必要になります。

転職した場合の成長

転職しない場合の安定感も捨てがたいものですが、厳しいけれども全く新しい環境に飛び込んでいく爽快感はあります。特に30代は体力を中心に知力や気力も充実していますので、新しい職場に適応していくエネルギーがあります

30代の転職は体力や職務能力などがあるので失敗の不安は少ないと思います。転職後は新しい環境に順応して成果を上げたい気持ちが強いと思われますが、その後自分が成長していることに気づくと思います。

転職しない場合と転職した場合の比較

転職には色々な理由があり、転職した方がスッキリする場合もあるように思われます。しかし長い目で冷静に考えると、転職しない方が年収やポジションに恵まれ仕事もやりがいが出てくるケースもあると思われます。

30代の転職はキャリアを積み上げて更に上を目指していく観点からは効果的だと考えられますが、現状の収入やポジション、将来性などを転職後に期待できる収入やポジション、仕事の面白さと比較してみる必要もあります。

転職に失敗した時の対策

転職に十分な準備をして臨んでも必ず成功するとは限らないと思います。書類審査や面接の段階で不合格になる場合もありますし、入社後に入社前の労働条件と違い短期間で退職することも考えられます。

採用試験で不合格の場合は、原因がどこにあったのかを究明して対策を考えることが必要です。入社後の労働条件の違いは、自分の認識ミスかエージェントの紹介ミスか志望した会社の虚偽記載かなどを突き止め対策をすることが必要です。

30代で転職に失敗するパターンの認識

現状認識が不十分なこと

30代の転職に失敗するパターンで多いのは、転職の動機になった過去のことにとらわれていて転職をする職種など現状認識が不十分になることです。転職の動機は過去のことと認識して、今後の転職の現状を知ることが大切です。

30代の転職は可能性が大きいのですが、業界や職種を調査研究して自分の前職の内容も勘案して慎重に検討し選択することが大事です。30代の転職市場を吟味せずに行動すれば失敗するリスクも考えられます。

自己分析が甘いこと

転職は採用企業が求める人材レベルと志望者が希望する条件が合致すれば、決定する可能性が高くなります。企業が求める人材のレベルに志望者が達しない場合は、採用に合格せず転職が失敗することが予想されます。

志望者は自己分析が甘く、採用側の要請と合わず失敗する傾向があります。

採用側が求めている求人レベルを正確に把握して、自分が求人レベルに達しているかどうかを客観的に判断する冷静な自己分析が必要だと思われます。

志望する業界や職種の確認不足

30代が転職をする場合は、志望する業界や職種の選定が重要になります。業界や職種をあまり考えずに採用が決まる場合もありますが、転職後に後悔する可能性も考えられるので慎重に確認することが大事だと思います。

自分が経験した業界や職種と関係ある転職先を考えることは、転職後のイメージを描きやすいと思われますが確認は必要です。自分が不案内な業界や職種は、失敗するリスクが大きいので入念なチェックが必要になります。

希望年収やポジションが高すぎること

希望する年収やポジションが現状とかけ離れている場合は、転職に失敗する確率が高くなります。年収やポジションは、企業が本人の業績や資質、日頃の活動などを評価して決定しており、客観的に信頼できます。

30代の転職で現状や前職の年収やポジションとギャップがあり過ぎる場合は、転職が成功しないことが多いと考えられます。転職エージェントなどのアドバイスを参考にして、妥当な年収やポジションを希望することが賢明です。

30代の転職に成功する要素の自覚

転職の適性

日本の終身雇用が絶対的な制度として機能しなくなってきたことは確かですが、大多数の会社勤務をする人は一社で働きます。転職をすることは少数の一人になることであり、覚悟が要ることです。

転職は会社退職することになり、勤務している会社の了承を得なければならないストレスがあります。また転職先が決まるまでは不安定な立場になりストレスを抱えることもあります。それらのストレスに耐えられる転職に対する適性が必要です。

マネジメント能力

転職には仕事のやりがいの他に年収やポジションのアップが条件になりますので、管理職が転職先の仕事になるケースが多くなります。希望するマネジメントの仕事も大切ですが、年収とポジションの上昇も重要です。

通常は年収とポジションが連動していて、マネジメント能力を発揮できるやりがいのあるポジションに就任すれば高額の年収も手に入ります。担当職で年収が高い場合もありますが、仕事のやりがいは管理職が上と思われます。

チャレンジ精神

組織で仕事をする場合は、ポジションが上位になるほど職務権限が大きくなります。そのため上位のポジションになればより高度な仕事に取り組むことができるようになるので、仕事のやりがいもポジションに比例して大きくなります。

規模が大きい会社であれば会社内で異動があり希望により他の部署に挑戦することが可能です。しかし同じ会社ではなく別の会社に転職する場合、職場環境の変化に立ち向かうチャレンジ精神が求められます。

30代の転職を成功させるパワー

30代の転職を成功させるパワーは一朝一夕に生まれるわけではなく、日頃の心がけと努力で培われるものです。最初は勤務している会社で職務能力を磨き業績を上げて認められ、マネジメントができる立場になることが重要です。

管理職クラスになるまでに自分の得意な職種を持ちマネジメント能力を向上させることが、転職で闘う最大のパワーになります。マネジメントの力は、初級管理職から経営トップに至るまで必須の能力になります。

30代転職の注意事項の確認

業界・職種の選択

業界や職種は最初の会社を選択する時に決まる場合が多いと思われます。たとえば学生時代に専攻した政治に関連する製造業界を選び、会社の中枢で政治的な人事などの職種を選ぶことなどが該当すると考えられます。

30代の転職ではまだ管理職になっていない場合も考えられますが、実績を上げてマネジメントができる立場になっていることが大切です。どの業界や職種でも、マネジメントを行う共通性があれば応用がきくと予測できます。

転職のポジション

30代の転職では最初の職位について慎重に決めることが重要になります。管理職の経験がないのにいきなり上位の管理職に就任すると失敗するおそれもあるので、それほど上位ではない管理職の立場が適切だと思われます。

たとえば課長代理でスタートすれば、部長のような責任を持たされることもないが課を管理監督する権限はあるので適当だと思われます。試用期間の課長代理の後に課長に昇格するのが、一般的で自然だと考えられます。

転職者の存在とリスク管理

30代の転職で新しい会社に入社する場合は、色々な問題を克服する必要があります。特に転職者は大多数の生え抜きの社員から注目される存在ですので、入社後の早い時期に仕事の上で会社に認めてもらうことが大切になります。

転職者は管理職でない場合でも処遇などが好条件で入社する場合が多いので、周囲の見る目が厳しくなり小さなミスも許されないことが予想されます。大きなミスをすれば会社に居られなくなるリスクもあります。

家族の同意

転職は経済的に不安定になる要素が多いので、家族の同意を得ることが必須になります。転職が成功して年収が上がる場合もありますが、転職前に提示の労働条件が守られず年収がダウンするケースも考えられます。

年収がダウンすれば家族が大きな影響を被ることも考えられるので、転職をする前に家族には相談をして同意を得ておくことが大切です。状況次第では共働きも必要になるので、家族が転職を了承していることが重要になります。

30代転職の魅力の認識

30代というポテンシャル

30代は20代より社会人の経験が長く、40代に比べると今後ビジネスに携わる期間が十分にあります。転職の条件は整っていて、キャリアを積み上げていくのに適した魅力的な年代であると言えます。

20代のようにはじめからやり直しがきく年代ではありませんが、40代に比べるとある程度のやり直しも可能な年代です。30代のポテンシャルを認識しながら転職を検討して、好機が訪れたら転職をすることが成功の秘訣だと思います。

未知の世界に挑む楽しさ

転職をせずにひとつの会社で自分の目標を実現させていくことも素晴らしいのですが、社会人や職務の経験を基本にして未知の世界に挑むことも楽しいことです。複数の会社で自分の職務能力が通用すれば自信になります。

巨大な会社組織で大きな仕事を成し遂げることも意義のあることですが、中小企業で会社を代表する役員や管理職として難しい課題を解決することには大きな満足感があります。極度の緊張がある反面、充実感もあります。

キャリアアップ

日本企業は高度経済成長期の終身雇用や年功序列の慣習が残っていますが、徐々に職務能力により転職をする傾向も強くなっているように思われます。会社組織に依存して生きていくことは難しい状況と考えられます。

そこでキャリアアップが大切になって、30代から計画的にキャリアを積み重ねていく人も増えてきたように感じられます。転職エージェントや転職サイトも多くなって、テレビなどメディア広告も目立つようになっています。

自分の成長

転職は会社に事情を説明して了承してもらうことや引継ぎをすることに加えて、会社探しや面接などの就職活動が重なり非常にエネルギーのいることです。そのため初めての転職は体力や気力が充実した年代でなければ難しい面があります。

30代は体力や気力が充実しているので、初めての転職には適していると考えられます。転職をしないことが無難で有利なようですが、転職を体験することによる自分の成長を得ることはないと思います。

まとめ~30代の転職成功には冷静な認識や確認と転職成就のエネルギーが必要だ

転職に成功するには、転職理由を明確にして転職に必要な自分の職務能力などを冷静に確認することが前提です。志望業界や職種を調査研究して、動向や将来性を認識して応募することも大切です。

転職にはかなりのエネルギーを必要とするので、体力があり職務能力も身についている30代で実施することが効果的だと思われます。

コミュニケーション能力とは?コミュニケーション能力向上の方法 コミュニケーション能力は伝える能力と受け取る能力があります。 伝える能力向上は結論から話すことや言葉を相手に合わせる方法が...