企業別転職術

電通転職を成功させるために準備すべき9つの項目

電通は新卒採用の慣習が根強い状況があって、中途採用の数が限られていて中途入社の難易度が非常に高くなっています。

しかし2019年の公式サイトのキャリア採用のページではデジタル領域事業枠で募集がされていて、スキルや経験次第で正社員入社が可能になっています。

契約社員はネット上の公開求人で募集されています。

会社情報

転職コンダクター
転職コンダクター
株式会社電通は1901年の創業で、代表者が山本敏博氏、従業員は単体が6,921人で連結が62,608人、資本金が746億円で本社が東京都港区にあります。

電通は日本最大の広告代理店で、テレビ・新聞・雑誌・ラジオ・インターネットなどが媒体の広告事業や最先端のデータマーケティング、様々なプロジェクト運営を行っています。

国内広告市場シェアは28.8%で、圧倒的なリーディングカンパニーの立場になっています。

どんな人材を求めているか

電通は考える力と実現する力を重視し、既成概念を打破し新しい考えを実現する力を持つ人材や周りを巻き込み驚くようなアイデアを出せる人材を求めています。

求人は電通のホームページでデジタルの専門性を持つ正社員を募集していて、応募資格は3年以上の業務経験となります。

仕事内容はデジタル広告領域のメディアプランニング業務、コンサルティングや広告運用業務、データ分析に基づく統合マーケティング戦略立案業務などです。

求人情報の傾向(選考情報・ポイントなど)

電通の求人情報にはアカウントエグゼクティブや営業などの求人がありますが、公開求人が少なく契約社員の募集になっていて業務経験が問われないなどの傾向があります。

しかしこれらはあくまで一般に公開されている求人で、非公開の求人が3倍以上ある場合もあり技術系や事務系の職種が含まれている可能性があります。

最近はデジタル分野のマーケティングや分析、広告関連システム開発、アプリケーション開発などの求人があります。

平均年収、給料、ボーナス

電通の平均年収は有価証券報告書によると1,179万円で、過去5年間平均の1,191万円は一般企業に比べると高くトップクラスです。

20代は680万円台から1,060万円台で30代40代と上昇し、50代前半がピークの1,540万円台になります。

給料は20代が50万円台80万円台で50代前半が最大の120万円台になり、ボーナスは20代の130万円台から50代前半にはピークの300万円台にまで上昇します。

仕事内容

電通の仕事はクリエイティブな内容であり、仕事に対しての結果が求められる職場環境があります。

任された課題について結果を出すことが求められるので、結果的に課題を遂行できる幅広いタイプの優秀な人材が集まっています。

電通でしか関わることができない大規模な案件が多く仕事のやりがいがあり、若い年代から質量ともにハードな仕事を任され職務遂行の力がつきます。

職場の雰囲気は基本的には上下関係の厳しい風土があります。

労働環境

電通の平均残業時間は月間50時間から60時間程度で同業の博報堂などより少なくなっていますが、部署によっては仕事量が多く100時間以上の残業もあるようです。

近年は過労死などの労務問題を踏まえて、2016年に電通労働環境改善本部設置して法令遵守や労働環境の改善に取り組んでいます。

残業時間も徐々に削減していますが、転職の際には転職エージェントのコンサルタントに部署などを確認することが必要だと思われます。

現役やOBの口コミ

電通社員の口コミは社員の士気や20代社員の成長環境などが5点満点の4点台で、人事評価の適正感などは3点台だが全体では4.01点と高い評価になっています。

提案内容がアイデアベースで営業思考が強く、顧客の理想と現実のギャップを埋める課題解決をするより提案をクライアントと一緒に実現する傾向があるとの声があります。

日本で広告に携わるなら電通がベストと考える意見や、広告業界で一番の会社と認める声があります。

おすすめの転職エージェントは?

電通は国内で2位の博報堂の4倍の売上高のガリバー企業で海外事業の拡大にも力を入れている人気の会社であり、中途入社は難しい状況です。

非公開求人を紹介してもらえる転職エージェントを複数活用することが必要で、大手のパソナキャリアやリクルートエージェント、ランスタッドなどへの登録がおすすめです。

パソナはサポート力が高く、リクルートエージェントは業界最大手で、ランスタッドはハイクラスの転職に強みがあります。

まとめ

電通の公開求人は少なく審査も厳しい状況なので、転職エージェントに登録して非公開の求人を紹介してもらうのが効果的で採用に合格する可能性があると考えられます。

電通の中途採用は随時行われていて、正社員採用も契約社員採用も専門職のポジションの採用が多くなっている傾向があります。

複数の転職エージェントに登録しておき、非公開の求人が発生した時にすぐに連絡してもらえるように準備しておくことが必要だと思われます。

電通は国内外で知名度のある大企業になっているので、中途で入社するには今までの実績と経験が必須であり考える力や実現する力も求められると思われます。

電通を志望する際は、自分が電通という広告代店で何をやりたいのかをはっきり決めた上で転職エージェントの非公開求人に応募することが成功するコツだと考えられます。