20代転職

20代からの転職で大手に入るための条件や転職方法とは?

20代からの転職では、同じ職種や共通性のある職種であれば未経験の大手の会社に入社が実現する可能性が高いと思われます。

20代の未経験者を採用している大手企業は多く、特に第二新卒は入社できると思われます。

20代からの転職で大手に入る条件

なぜ転職したいのかをはっきりさせる

大手の会社は給与など労働条件が整備されているので採用担当者がなぜ転職するのか理解できないことも考えられ、転職者が入社してもすぐに辞めるのではないかという懸念を持っている場合があります。

そこで転職して大手に入るには、前職を辞めて大手に転職する一貫性のある明確な理由を上手く説明することが重要な条件になります。すぐに辞めるのではという懸念を覆す説明ができれば、転職に成功する可能性が出て来ると思われます。

現職や前職の不満をそのまま転職の動機にしない

現職や前職の会社への不満をそのまま転職の動機にするのは、会社に対する批判と受け取られ面接で悪い印象になることも考えられるので避けた方が無難です。不満の動機を今度の志望の会社で改善するなど前向きな内容にすることが大切です。

転職の動機は職場環境や人間関係など自分だけでは解決することが難しい場合が多いので、動機についてよく考えて会社の批判にならないような内容にすることが転職の成功につながると思われます。

企業名や会社規模だけで企業を選ばない

大手の会社でもそれぞれの内容は違うので、本当に自分に合う会社なのかどうかを確認して応募することが大切です。企業名や会社の規模で企業を選ぶと、入社後に合わない会社と分かり早期に退職することも考えられます。

特に会社の理念や社風などは独特の内容もあるので、入社後にどうしても馴染めないケースも出て来ると思われます。会社の理念や社風はホームページなどでは分からないので、エージェントに確認することも必要です。

入社後にやりたい仕事を具体的に考える

大手の会社に転職する場合に一般的で抽象的な志望理由を説明しても、面接官を納得させることは難しいと思われます。会社側は具体的なことで会社に貢献してくれることを求めているので、抽象的な説明は効果が薄いと予想されます。

入社後のやりたい仕事を具体的に考えてアピールすることは分かりやすく効果的だと思われます。転職の場合は社会人の経験があるので、面接官に具体的な内容で説明すれば納得してもらえると考えられます。

第二新卒が大手に合格するポイント

大手企業の第二新卒採用の状況

最近は多くの大手企業が第二新卒の採用に積極的な傾向があります。新入社員の退職は3年以内に約3割の高い割合になっているので、第二新卒が次々に生まれてくる状況が続いています。

第二新卒は企業が求めるビジネスの基本的なマナーやスキルを既に備えており、入社後の新人教育を実施しないで早い時期にOJT教育を行うことができます。

そのため第二新卒は企業が採用したい年代であり第二新卒の側も入社するチャンスがあります。

 前職をやめたことや職務経験の少なさをカバーする説明

第二新卒が大手企業を目指す場合は積極的な志望動機を明確に説明することが大切です。前職を離職した不満などを理由にすると会社の批判になり悪い印象につながりかねないので、前向きの志望動機にすることが重要です。

職務経験が少ないことは若さと意欲でカバーされると思われます。面接官が応募者にポテンシャルを感じることが採用につながる大きな要素になるので、入社後仕事に取り組む姿勢を表明することも効果的だと思います。

企業が求める人物像に自分の考え方が近いことをアピール

企業の求人の内容を研究して、求める人物像の要素に近い自分の考え方や実績をアピールすることも大事です。企業はそれぞれ特徴があり、特に伝統や歴史がある大手企業はユニークな特徴がある場合も考えられます。

大手企業は自社の企業文化に相応しい若い力を求めていることが考えられます。一方の応募者も大手企業の特徴を把握して自分に合うことを確認して、積極的に挑戦することで転職に成功する可能性が高くなると考えられます。

自己啓発や資格の取得に挑戦などで学ぶ姿勢をアピール

第二新卒の年代はビジネスライフのキャリアを形成する初期の段階であり、自己啓発や職務の経験が必要な時期です。大手企業の採用面接では自己啓発の姿勢を示すことも大切で、資格への挑戦も姿勢のアピールになります。

挑戦している資格の内容が職務に関連していれば、採用担当者の評価も上がると考えられます。入社後に担当すると予想される職務についての展望を説明する中に資格の話を盛り込めば、一層効果的になると思われます。

大手の採用面接

書類審査・筆記試験

大手企業の書類審査は履歴書と職務経歴書で行うのが一般的です。審査は字が丁寧で誤字脱字はないかのチェックや、写真がスーツ姿であるかなど基本的なことです。筆記試験はSPIなどが使用されます。

履歴書では転職回数や学歴、募集している職務の経験の有無などが見られます。職務経歴書では、複数の転職をしている場合に納得できる転職理由かどうかや転職に一貫性があるかどうかもなどが見られます。SPI試験は参考程度です。

一次面接

大手企業の一次面接は、書類審査で合格した応募者に対して募集する職務の責任者によって実施されます。面接者は営業や製造などの現場の課長や所長などの役職の場合が多く、職務に精通した人が面接をします。

一次面接では通常は職務についての経験やスキルのレベルが確認され、実務経験が少ない場合は職務の適性や今後のポテンシャルに重点を置いた面接が実施されます。現場を重視する企業では、一次面接が採用の合否を左右します。

 二次面接

二次面接は営業や製造などの現場を統括している本社の課長クラスが複数で面接官を担当する場合が多いと考えられます。一次面接で合格した応募者に対して、募集した部門の課長だけでなく他部門の課長も加えた面接を行います。

二次面接の合格を決める場合は、人事が面接の評価を集計して合格の候補者を提示します。採用人数にもよりますが評価が拮抗している場合は、評価会議が行われて人事の責任者が調整を行う場合も考えられます。

役員面接

二次面接の合格者は最終の役員面接を受けることになります。大手企業の場合は応募者が多いので最終の役員面接までに多くの応募者が不合格になり、役員面接の受験者はかなりレベルの高い人だけが残っていると考えられます。

そのため役員面接で合否を決めることが難しく、面接官の役員同士の評価が分かれる場合や厳しい採点の役員と採用人数を考える人事の責任者の見解が分かれる場面も起こります。しかし結局話し合いで解決します。

大企業とは

大企業への転職で後悔してしまう人の特徴や実例は?大企業での仕事について 入社3年以内の離職率は全体では3割以上と高いのですが、大企業は全体に比べるとそれほど高くないと推定されます。 しかし大企業...

大企業の定義

大企業は中小企業の基準を超える企業になります。製造業や建設業、運輸業では資本金の額または出資の総額が3億円を超えて従業員数が300人を越える会社や個人になり、卸売業などは資本金等が1億円を超えて従業員数が100人を越える会社です。

サービス業では資本金などが5000万円を超えて従業員数が100人を越える会社、小売業では資本金などが5000万円を超えて従業員数が50人を越える会社を大企業と定義します。

中小企業の定義

中小企業の定義は中小企業基本法に定めています。製造業その他は資本金の額または出資の総額が3億円以下の会社または常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人で、卸売業は資本金の額等が1億円以下で従業員数100人以下の会社及び個人です。

小売業は資本金等が5000万円以下で従業員数が50人以下の会社及び個人で、サービス業は資本金等が5000万円以下で従業員数が100人以下の会社及び個人になります。

大企業で何をやりたいか

学生の時は業界や企業のことがよくわからないのが当たり前だと思います。アルバイトなどで働いた経験があっても正社員として大企業で働いた経験はないので、大企業で何をやりたいのか分からないのが本音だと考えられます。

学生の時には何をやりたいのか分からなくても構わないと思います。しかし入社して社会人として実務を経験した後は何をやりたいのかを決めて、大企業に転職するか中小企業に転職するか選択することが大切です。

大企業で何ができるか

大企業と中小企業では資本金や従業員数が違うので、会社組織として行うことができる内容が異なります。会社組織に所属する個人のプライドも違いますし、会社の仕事のやりがいや権限も異なってくると思われます。

大企業は規模が大きくなるので、組織の一員としての役割を果たしながら安定的で着実なビジネスライフを望む人に適していると考えられます。会社組織の中にあらゆる部門があるので希望する仕事ができる可能性があります。

大手企業の強み

資本の大きさによる懐の深さや安定感

大手企業の強みは資本金や従業員数などの規模の大きさです。大手企業の数は少ないけれども有名な会社が多く、経済界では圧倒的な影響力を持っています。多少の経済の変動でも揺るがない安定感と懐の深さがあります。

大手企業の社員であれば業界の会合などでも一目置かれますし、管理職になると会合を主導する立場になり仕事の満足感も大きくなります。中小企業は社長や役員が出席する会合に大企業は課長が出席する場合もあります。

歴史があり信用されること

大企業は歴史と伝統がある会社が多く有名で世間から信用されています。時々大企業の社員が不始末をしてマスメディアの攻撃を受けることもありますが、通常はブランドとして仕事がやりやすい会社と考えられます。

中小企業やベンチャー企業は大企業に比べると知名度低く、新規の企業訪問などで玄関払いをされるケースもあります。それだけ規模の大きさの違いはありますが、歴史や信用に寄りかかっていると凋落する危険性もあります。

組織の大きさによる情報収集の力

大企業では、組織の大きさを活用した強力な情報のネットワークを持っている場合が多く見られます。国内では本社を中心に支店網や多くの販売店をはじめとして、研究施設や製造工場、物流拠点などが整備されています。

国内だけでなく世界の主な地域に事務所や製造工場を備えていてグローバルな企業活動を展開している会社もあって、各国から伝えられる情報が政府機関などよりも早く正確であるケースが考えられるほど充実しています。

労働条件の良さや福利厚生の充実

大企業と中小企業の違いは労働条件の良さや福利厚生の充実に見られます。大企業は就業規則など規程類が整備されていて、労働環境や給与や賞与をはじめとするビジネスライフ全般の福利厚生が有利になっている点が大きいと思われます。

たとえば寮や社宅の料金負担の違いがあります。本人が負担する借り入れの料金は法律違反にならない範囲の低金額に設定されていて、給与の手取り額が減らないようにきめ細かい配慮がなされています。

大手企業の弱み

意思決定に時間がかかること

大手企業の弱みは、規模が大きいので各部門の承認を得ることに時間がかかり意思決定が遅れる点です。大企業でも改善して時間を短縮している会社も見られますが、旧態依然たる稟議制度で遅い会社も多いと思われます。

会社活動で意思決定が遅いことは、ビジネスチャンスを逃す要因になることが考えられ、中小企業やベンチャー企業にチャンスを奪われる事態も予想されます。企業規模が大きい場合でも意思決定を早める工夫が必要です。

環境の変化に対応して組織を変革する意識

環境の変化に対応して組織を変革するスピードが遅いことも大企業の欠点だと思われます。業績が好調な業界や企業でも、変化に対応できない場合は10年程度で消滅していくことが今までのデータで分かります。

目まぐるしく変わっていくニーズにどれだけ対応できるかが、企業の盛衰を分けるポイントだと思われます。転職をする場合は、志望会社が大企業でも変化に対応できる柔軟性や対応能力を持っているかを判断する必要があります。

仕事のやりがい

仕事のやりがいは個人差があります。有名な大企業の一員としてのプライドを大事にしながら安定した仕事と生活を送ることに生きがいを見出す人もいますが、中小企業で責任の重いポジションで働くことが生きがいの人もいます。

どちらを選択するかはその人の仕事やポジションへの適性が大きいと思われます。大企業の組織で働くことが向いている人が、突然中小企業のハードな労務問題を任されるとノイローゼになることも考えられます。

出世のスピード

出世を望む場合は大企業の昇進は遅いので中小企業に転職することが近道になります。大企業で実務の経験を積んでマネジメントも行なっていれば、どのような規模のどんな業種の会社でも働けると予想することができます。

前職でマネジメントの経験があれば、課長クラスのポジションから部長クラスや役員までの階段を駆け上がることはそれほど難しくないと考えられます。ただし年収は大企業が高いので、転職では折衝が必要になります。

まとめ~20代の大手企業への転職は可能

20代で大手企業へ転職することは十分可能であり、若いほど大成のチャンスもあります。

20代は求人が多く転職には恵まれていますが、適切な企業を選ぶには転職エージェントと相談することが効果的だと思われます。