20代転職

20代の転職理由とは?第二新卒からでも遅くはない!自分に合った企業の見つけ方

20代の転職理由はキャリアアップや労働条件、やりたい仕事などが考えられますが、採用する企業の見方を考えて転職の理由を伝えることが大事です。

転職先は、転職エージェントに相談して慎重に選ぶことが重要です。

20代転職の理由

年収

20代の転職で年収アップを理由にすると、年収アップを望むことを転職理由にする根拠について面接官に伝えなければならなくなり難しくなります。しかも説明の仕方次第では面接官の印象が悪くなるリスクがあります。

本音では年収アップが理由であっても、面接で伝える場合には「職務の遂行に努力して会社に貢献した結果として年収がアップすることになれば良いと思います」というような表現をして直接の表現は避ける方が無難です。

労働時間

労働時間は法律で定める時間が基準ですが会社によって残業時間などに多少の違いがあります。労働時間を転職の理由にして現職や前職の会社の残業などの労働条件を批判すれば悪い印象になる場合があります。

労働時間は個人差があり一概に労働時間が長いとは言えない場合も考えられます。また残業を否定的に説明すると、残業がダメな人だと判断される恐れがあります。労働時間を理由にする場合は、誤解されないような注意が必要です。

人間関係

人間関係が実際に転職の理由になるケースは非常に多いと思われます。しかし人間関係が嫌だからというネガティブなことを転職の理由にすれば、面接官に悪い印象を与えて採用が難しくなってしまいます。

面接官は入社後に同じようなネガティブな不満を持ちすぐに退職するのではないかと思う場合があり、不合格にする可能性が高くなります。前職で起こった人間関係の問題は入社後も起こる確率が高いので、採用を避けると考えられます。

キャリアアップ

キャリアアップは転職の理由として相応しいと考えられます。ただし20代の前半ではまだ社会人としての経験も浅いので、キャリアアップという理由の伝え方には注意が必要な場合もあると思われます。

ある程度の職務経験がある20代の後半の場合は、環境を変えて更に大きなステージに挑戦したいという意味でキャリアアップを理由にすることが適しています。具体的には職務能力の向上やマネジメントの仕事をすることが考えられます。

20代転職で必要なこと

ポテンシャルのアピール

20代の転職では採用担当者が期待するポテンシャルをアピールできるかどうかが重要です。特に20代の前半はそれほど職務経験がないので、仕事に対する意欲や今後のポテンシャルを感じさせることが大切です。

20代の求人には未経験歓迎の業界や職種もあり、20代であれば対応することができるという企業の考えがあると思われます。若い年齢が持つ考えの柔軟性や適応力の高さなどのポテンシャルが期待されていると考えられます。

性格の良さ

20代の転職では性格の良さも求められます。20代は年齢的な優位性がありますが、性格に問題があると新しい環境に馴染めないことで職場のお荷物になる可能性もあります。転職に適応できる性格の良さをアピールすることも大切です。

会社にはそれぞれのカルチャーがあり、会社にマッチする人物を重視して採用する傾向があります。志望する会社の社風を研究して、自分に合いそうな会社に自分の性格をアピールすることも効果的です。

転職先の業種や職種との相性

転職先を選定する場合は、自分が志望する業界や職種を選ぶことと同時に自分と相性が良さそうな会社を選定することが重要になります。規模が大きく有名な会社でも、相性が合わない場合は長く勤務できないことも考えられます。

相性が合うかどうかは企業のホームページなどを見て企業を研究することが考えられますが、転職エージェントの企業に詳しいコンサルタントから企業についての非公開の情報を聞くことも効果的だと思われます。

将来の目標

20代の転職は一度で終わるとは限らないと思われます。30代や40代に次のキャリアップの転職の機会が来ることも考えられます。自分のビジネスライフ全体の目標を設定して、20代の転職を考えることも必要です。

たとえば将来の目標を経営のトップとした場合は、20代で職務能力を磨くことやマネジメントの準備をすることが必要になります。職務能力やマネジメントの経験をしながらそれぞれの段階を昇っていくことになります。

20代転職の強み

年齢

20代は転職をする場合に年齢的な優位性があり、実際に他の年代に比べると圧倒的に求人数が多くなっています。特に20代の前半は入社3年以内の第二新卒と重なる年齢で、新卒と同じように採用する企業もあります。

20代の後半では実務の経験がありますので企業は即戦力として採用する意向があります。20代の後半の転職を志望する場合は、実務能力を活かしてキャリアをアップすることとマネジメントを志す場合が考えられます。

体力

20代は体力があるので、体力やエネルギーを必要とする仕事にも向いています。デスクワークもできますが、営業やセールス、建築や建設、工場や運送などの体力を必要とする業務ができる強みがあります。

ただし体力の強弱は個人差があり、仕事に没頭し過ぎることやお酒などで徐々に衰えてきて体力が落ちてきます。日頃から筋肉トレーニングやスポーツで基礎体力を鍛える習慣をつけることが長いビジネスライフを成功させる秘訣です。

知力

知力はデスクワークやマネジメントをする上で不可欠になります。それぞれの業務には高い実務能力があり専門的なレベルになるためには専門知識を学ぶ必要があります。またマネジメントにはビジネスのマナーや常識も必要です。

マネジメントの仕事で部門や人の管理をするには、様々な経験とともに幅広い分野の知識を自分にインプットすることが必要になります。社内社外の色々な人間と交流するには、それなりの教養が大事になります。

失敗してもやり直しがきくこと

20代の転職はやり直しがきく点が有利です。30代から40代になっていくと、転職で失敗できない年代になっていきます。例外の人もいますが、一般的には年代が増すと転職が難しくなってくることは事実です。

20代の前半は職種の変更などの大きな方向修正もできます。まだ企業が第二新卒として採用してくれる年代なので、未経験の業界や職種で一からやり直しが可能な年代です。しかし20代の後半では徐々に厳しくなってきます。

20代に合う企業の条件

勤務条件が合理的

20代が転職先に選ぶのは、事業内容や勤務地、職種などが自分の希望に当てはまる会社が多いと考えられます。他には給与や休日、会社の評価の仕方が合理的であることなども重要な条件だと思われます。

20代が最も重視するのはプライベートで、仕事とプライベートが両立できる働き方ができる会社を選ぶ傾向があると思われます。30代が会社を最も重要に考えて、年収が高くなるほどプライベートを重視しなくなる傾向と対照的です。

転職者を受け入れる社風

企業が転職者を受け入れる社風であるかどうかも大切な条件になります。終身雇用や年功序列制度の影響が強い企業は、転職者を受け入れても生え抜きの社員に比べると中途採用に対してあまり歓迎しない風潮があります。

まだ歴史が新しい会社やベンチャー企業は中途入社が多く、転職者に対する特別な意識はほとんどないと思われます。20代の転職者が伸び伸びと働けるのは、転職者を受け入れる社風ができている会社だと考えられます。

教育研修の環境が整っていること

企業の規模にかかわらず転職者を受け入れる教育研修の体制が整っているかどうかも20代の転職者には大事なことです。30代以上は即戦力の職務能力を保有している場合が多いと思いますが、20代はまだ教育研修が必要です。

営業などは実戦で職務能力を磨いていくことも考えられますが、人事や経理、研究などの職種は実務だけで職務能力が上達することが難しい面もあります。20代の転職者には教育研修の体制が不可欠になります。

キャリアが積める社内体制

20代は社内にとどまる場合も転職する場合も、キャリアを積む重要な年代になります。20代にどのようなキャリアを積むかで、将来希望する目標のポジションに到達できるかどうかが決まる可能性があります。

年代ごとのキャリアが積める社内体制が整っていれば、20代に希望する職種でキャリアを積み一定の経験の後に管理職となることができます。更に上級の管理職から役員、トップに到達することも夢ではなく実現可能なことです。

20代転職の可能性

同業他社に転職してのキャリアアップ

20代で同業他社に転職する場合は、経験を評価されてキャリアアップができる可能性が大きいと考えられます。前職で年収などの退職理由があっても、転職による新しい環境で年収やポジションが飛躍的に伸びる可能性があります。

未経験の業界に転職する場合は仕事が軌道に乗るまでタイムラグがありますが、同業他社の場合は前職と共通部分が多く仕事の要領を飲み込むのが早いので短期間で活躍できる可能性が高くなると予想されます。

本来やりたかった仕事に転職

20代で現在の仕事が本来やりたかった仕事でない場合は、転職によってやりたかった仕事に変わるチャンスだと思われます。20代の前半であれば未経験の職種に転換しても短期間に適応していけると考えられます。

20代の後半でも、それまでの実務経験を活かして本来やりたかった仕事に挑戦することは可能だと思われます。20代は長いビジネスライフが始まったばかりですので、後悔しないような転職を慎重に考える必要があります。

未経験の職種への挑戦

20代の前半は大卒で22歳から25歳前後の年代になり、企業がポテンシャルを重視する採用を実施する年齢になります。中途市場でも求人数が多いので、未経験の業界や職種を選んで応募できる年代です。

20代後半でも未経験の業界に転職することはできますが、未経験の職種に転職することは厳しくなってきます。20代後半は採用基準がポテンシャルから即戦力に変化するので、未経験の職種は能力が発揮できない可能性があります。

仕事を通じての自己実現

ビジネスライフは仕事を通じて自己実現をはかっていく側面があります。40年前後の長いビジネスを続ける期間の中で、20代は基礎固めをする時期でありキャリアを形成していく初期の段階に位置づけられます。

20代の実務経験で自分の本籍地となる職務能力を磨くことができることやマネジメントの前段階のような経験ができれば、その後の管理職や役員への道や高度な専門職への道が開けてきて自己実現が可能になると考えられます。

20代転職で留意すること

転職後の短期間で転職を繰り返さないこと

少子高齢化が急速に進行する日本では人手不足の業界が多く、特に20代に求人が集中しています。そのため20代で応募すれば採用される確率が高く、20代で安易な応募をして採用が決まることも予想されます。

しかし慎重に検討をしないで転職先を決めると入社してから後悔することになることも多く、またすぐに退職をすることになりがちです。それでも別の求人はあるので、何度も同じ過ちを繰り返すことになるケースが見られます。

キャリアを積み重ねることを意識すること

20代は社会人としての経験が浅いのでどうしても年収のアップなど目先のことに目を奪われると思われますが、20代は今後長く続くビジネスライフのキャリアを積み重ねる年代であることを意識する必要があります。

20代の前半で何度も転職を繰り返していると、キャリアの積み重ねができずに20代の後半を迎えることになります。そうすると即戦力の職務能力を求められても対応できなくなり採用に不合格になることも考えられます。

職務能力の証明になる資格の取得

20代の後半は職務能力が求められる年代になります。職務能力は実務の経験や実績が基本ですが、転職の際に職務能力を証明する場合に効果的な資格があれば、採用に合格する可能性が高くなる場合もあります。

たとえば経理職に転職する場合は簿記2級以上の資格が有利であり、簿記1級であれば更に評価が高くなります。また不動産業界に転職する場合は、宅地建物取引士の資格が業務上も必要になるので取得することが必須になります。

転職サイト・転職エージェントの活用

20代の転職は求人数が多く年齢的に有利です。

しかし注意しないと志望と異なる企業に採用が決まり、入社してもすぐに退職することになる場合もあります。自分だけで業界や職種を選ぶことは情報が少ないので、ミスにつながる場合もあります。

転職サイトやエージェントは転職の情報を豊富に保有しており採用企業とパイプを持っている場合もあります。応募する企業を選定する重要な相談の際には、転職エージェントが頼りになります。

まとめ~20代の転職はやり直しがきく

20代の転職はすべての年代で最も有利だと考えられます。日本は少子高齢化が進行して若手の採用が難しい状況で20代の求人が多くなっていますが、20代はキャリア形成の時期でもあるので転職先の決定が重要です。