転職エージェント一覧

ビズリーチの賢い活用方法とは?人事担当者目線で徹底解説します

ビズリーチは株式会社ビズリーチが運営する転職サイトで、主にハイクラスの求人を取り扱っています。

30代から40代で豊富な職務経験があり、年収が600万円以上で更に年収アップとキャリアアップを目指している人などがビズリーチの対象の人材になると思われます。

ビズリーチの特徴

高年収でハイクラス向けの転職サイト

特徴

ビズリーチは、最終学歴は大卒以上で日常会話レベルの英語力がありマネジメント経験があるなどハイクラスの資質と経験を備えた人に適している転職サイトになっています。

求人案件の年収金額は年収600万円以上が約90%で800万円以上が約65%、1000万円以上が約25%となっていて、高年収の人材が転職支援の対象になっています。

求人の業種や職種は大企業からベンチャー企業まで幅広くなっていて、IT系や人事管理、営業やマーケティング、経営や事業企画、コンサルタントや技術開発など質の高い求人が中心になっています。

会員数・求人掲載数・累計企業数・ヘッドハンター数が多い

会員数は100万人以上で求人掲載数は112,000件以上、累計企業数は9,300社以上でヘッドハンターの数は2,700人以上といずれもハイクラスの転職サイトを実施するに相応しい規模を整えています。

求人をカバーする範囲は日本全国の他に、アジアやアメリカなど海外にも及んでいます。

ビズリーチを評価する項目は他社よりも高くなっていますが、特に求人の質や高年収の割合では高い評価になっています。求人の数や実績、サービスの使いやすさやサポートの充実度などの項目も評価されていて、総合的に高い評価がされています。

有料の会員制度がある

ビズリーチを利用する場合には、無料のスタンダードに加えて有料のプレミアムの会員制度があります。

プレミアムの会員の中でも月額2,980円のタレント会員と月額4,980円のハイクラス会員の二つのパターンがあります。

プレミアム会員になるには会費の支払いだけでなく現在の年収を含む登録内容を基本にしたビズリーチ独自の審査基準をクリアする必要があり、職務経歴書の詳細な記載が重要になります。

プレミアム会員は、ヘッドハンターからのスカウト閲覧や返信、企業やヘッドハンターの求人に応募できるメリットなどがあります。

強み・弱み

強み

ビズリーチは保有している求人のすべてが好待遇の案件で、1,000万円を超える年収の案件も多いことが強みです。国内外の優良企業への求人を多数抱え、国内で最大級のエグゼクティブ向けの転職サービスを展開しています。

ビズリーチは利用者の8割以上が企業やヘッドハンターのスカウトをきっかけに転職しており、今までの実績があれば待っているだけでチャンスが訪れる強みがあります。

ヘッドハンターに相談することで専門的で高待遇の求人に応募できる可能性があり、ヘッドハンターが抱えている案件に応募することも可能になります。

弱み

ビズリーチを効果的に利用するには有料会員になる必要があり、転職サイトには珍しい課金制であることが弱みです。

無料会員の場合もスカウトを受けることはできますが、一部のスカウトしか返信できず公募や特集の案件にしか応募することができないために事実上転職サイトとして利用することができないことになります。

転職エージェントとしての企業とのやりとりや求人の紹介などのサービスを受けることができないことも弱みと思われます。企業との調整や応募の決定、応募書類の作成などを応募者自身が行わなければならないことになります。

強みと弱みを考えた利用

ビズリーチを利用する場合は、応募者が登録の条件を満たしているかどうかを確認することが重要です。応募者が年収や経験などでビズリーチを利用する条件に適っていれば効果的ですが、条件に合わない場合は利用することが難しいと考えられます。

求人案件の内容は年収が600万円以上であり1,000万円を超える案件も多いので、それだけの実績やスキルを持った応募者でなければ企業やヘッドハンターの目にとまりスカウトされる可能性は少ないと思われます。

無料で登録してスカウトが来ない場合に他のサービスを利用する方法もあります。

登録方法

登録

ビズリーチの会員登録はメールアドレスがあればできますが、登録時に審査があります。会員登録は3つのステップがあり、最初はメールアドレス、年収、パスワードを登録します。次に基本情報を登録し最後に詳細情報を登録します。

最初の登録でマイページが開設され、ビズリーチにログインできる状態になります。次の基本情報の登録でスカウトが受け取れるようになり、詳細情報まで入力すると審査開始の案内が表示されます。

職務経歴書が審査されて承認されると、スカウトの閲覧や返信、公募求人への応募、有料プランの無料体験ができます。

詳細はコチラ

ビズリーチの公式サイトはこちら

審査

登録の審査結果は3営業日以内にメールで届き、どの会員クラスで承認されたか記載されています。会員クラスはハイクラス会員とタレント会員があり、年収750万円以上がハイクラス会員で未満がタレント会員という年収を目安に分けられるようです。

ハイクラス会員とタレント会員は、年収1,000万円以上の求人への応募ができることとできないこと、ヘッドハンターへの相談ができることと相談に制限があることなどの違いがあります。

審査基準は公開されませんが、求人の応募条件を満たし即戦力となれることを審査していると思われます。

審査に合格しない原因

審査に合格しない原因は、社会人経験が少なくスキルも不足している20代や500万円以下の年収の人、マネジメント経験を有していない人などと考えられます。

しかし必ずしもそうではなく20代で承認される人や年収が300万円台の人、50代でマネジメントの経験がない人なども承認された例もあり、逆にスキルも管理職経験がある人や経験豊富な人が承認されない場合もあり一概に言えない面があります。

審査では職務経歴書が重要になると思われるので、職務要約やスキルの記載を数字や実績を入れて分かりやすく入力することが大事です。

活用方法

効果的な活用が可能な人材

ビズリーチは登録してスカウトを待つことになるので、企業やヘッドハンターがスカウトしたいと思う要件を備えている人材であることが必要になります。

スカウトしたいと思う人材の用件は、現在の年収が600万円以上であることや管理職の経験があること、専門性の高いスキルを身につけていることや中長期的に転職を考えていることなどになります。

転職市場の価値が高ければスカウトがあるのでビズリーチを効果的に活用できる可能性がありますが、転職市場の価値が低いとスカウトはなく課金登録をしても何も起こらない場合も考えられます。

ビズリーチを活用するメリット

転職市場の価値が高い人材にとっては、企業やヘッドハンターからスカウトが届くサービスを活用するメリットは大きいと思われます。送られてきたスカウトメールの中で魅力的なメールに対応すればよいので、自分のペースで中長期的に転職活動ができます。

プレミアム会員になればスカウトを受け取ることや自ら応募することなど積極的に転職活動をすることができますが、転職を検討中の人は無料のプランで取りあえず使ってみれば自分の市場価値を確認することもできます。

無理して課金する必要はなく、無料会員でも登録のメリットがあります。

ビズリーチを活用するポイント

スカウトをされるポイントはいくつか考えられます。経験業種や職種が正確に記載された職務経歴書の作成は好印象につながります。

採用候補者の条件を備えていても、経験年数などが職務経歴書に正しく入力されていなければ対象外になる可能性もあります。

企業名や役職名はできるだけ具体的に記載することも重要です。曖昧な表現で記載することは、相手に悪い印象を与える恐れがあります。

職務経歴書の一覧画面は最終ログインの日時が新しい職務経歴書が上位に表示され意欲が高いと考えられるので、こまめにログインをすることが効果的です。

留意点

ハイキャリア向けの転職サービス

ビズリーチはキャリアアップを目指すハイキャリア向けの転職サービスで、登録すると企業やヘッドハンターから直接オファーを受けることができるようなシステムです。

ハイキャリア向けに限定していて、現在一定以上の高収入を得ているが今後更に高待遇の高いポジションを目指すための仕組みになっています。

そのため登録をする時に年収を確認されて高収入の場合は高収入に相応しい管理職や役員、希少な求人案件が紹介される可能性があります。500万円未満は500万円未満で登録されて、高待遇の案件が紹介される可能性は低くなります。

有料プランと無料プラン

ビズリーチのサービスプランには登録者の誰でも利用できる無料のスタンダードプランと、定額制の有料のプレミアムプランがあります。

有料プランは、月額2,980円のタレント会員と月額4,980円のハイクラス会員に分けて設定されています。

無料プランは基本的にヘッドハンターからのスカウトを待つのみのプランになり、転職活動でヘッドハンターに直接相談することや自分で求人の検索や応募ができるのは有料プランのみです。

有料のハイクラスとタレントも、年収1,000万円以上の求人に応募できるかできないかの違いがあります。

一般の転職支援サービスとの違い

ビズリーチのサービスは、あくまでもビズリーチが収集した外部の求人への応募やヘッドハンターからのスカウトの応募、ヘッドハンターからのオファーに対する応募によって行われ、ハイクラスの候補者に特化しているので効率的に転職を進められます。

一般の転職支援サービスは、管理職や高額の年収を希望する人の場合は何万件という求人から検索するのに時間がかかり使いにくい傾向があります。

ビズリーチのメインターゲットは年収が750万円以上の求職者であり、メインターゲットが明確でない一般の転職支援サービスとは違いがあります。

まとめ~ビズリーチの活用

ビズリーチは、現在年収が高い人が更に高待遇を目指してキャリアアップを希望する場合に活用すれば効果を発揮する転職支援サービスだと思われます。

ハイキャリアで転職できる条件を備えている人にとっては、登録してスカウトを待つシステムは使いやすいと考えられます。