コラム

「仕事を辞めたいと思ったら」見極めポイントをチェックしよう!

仕事をしている人の多くが、仕事を辞めたいと考えたことがあると思われます。

辞めたい理由は給与や福利厚生に関することが多く、仕事のやる気が無くなることも給与や福利厚生の影響が大きいと考えられます。

仕事が好きでやりがいがあっても、働きが給与と見合っていない時は仕事のモチベーションが落ちてくると思われます。

仕事を辞めたいと思う理由

転職コンダクター
転職コンダクター
仕事を辞めたいと思う理由は、給与や休日などの労働条件や上司などとの人間関係の問題、会社の体質や方針と合わないことなどが考えられます。

労働の対価である給与が安い場合は働いたことが報われないと思い退職につながることがあり、残業や休日出勤が多く休めない場合も辞めたい気持ちになります。

上司や先輩が厳しく職場の人間関係が悪いことや会社の体質や方針に馴染めない時も会社を辞めたいと考える理由になると思われます。

仕事に対する意欲

仕事に対する意欲が下がる原因は労働時間や働くオフィスの環境などが関係しており、長すぎる労働時間や快適な温度でないオフィスは仕事の意欲を減退させます。

職場の人間関係が悪いことも仕事の意欲を下げる原因と考えられ、上司との関係が悪い場合はストレスで仕事に集中できなくなります。

その他に会社の体質が合わないことも仕事の意欲を減少させる要因であり、それらの要因により仕事を辞めたいと思う気持になると思われます。

給与など労働条件

給与などの労働条件が悪いことが仕事を辞めたい原因になることはありがちなことで、多くの人に当てはまることだと考えられます。

給与が安く辞めたい時は、給与が高くなるために転勤が多くなることや残業などで激務が予想されること、資格や高い実務能力が必要なことを覚悟する必要があります。

給与は仕事の内容と連動している場合があり、高い給与を得るには難しい仕事を遂行しなければならないことを承知しておくことが重要です。

職場の人間関係

職場の人間関係でストレスを感じる人は多く、人間関係が退職や転職を考えるきっかけになります。

離職者の約3割は人間関係が仕事を辞める理由だとしているデータもあり、職場の人間関係が仕事を辞めたいと思うことと関連があることを示しています。

会社に伝える建前の退職理由は家庭の都合や体調不良などですが、本音の理由は人間関係が圧倒的に多くなっています。

人間関係の悪化は放置すると深刻な事態を招くことも考えられます。

自分のキャリアを考える

今の仕事を辞めたい時ほど、今までの自分のキャリアを振り返り自分が何を得意としてきてどのような実績を上げているかを確認することが必要になります。

人は誰でも働く期間が限られているので、一定の期間に得意な仕事の分野を持ち能力を磨き実績を残すことでキャリアが形成されます。

キャリアの内容が優れていて志望の会社に認められれば、転職により高いステージに上ることができ更に高いレベルのキャリアを作ることができます。

将来の目標となるポジションを考える

転職コンダクター
転職コンダクター
仕事が順調で前向きな時は仕事を辞めることを考えないので、仕事を辞めたいと思う時こそ将来大成するための転職のチャンスと考えることができます。

仕事を辞めたい理由を自己分析して、理由が確認できた時点で転職を視野に入れて仕事に意欲的になれる打開策を模索する必要があります。

現状の仕事を辞めたい状況を改善して将来の目標となるポジションを考えることもできますが、転職で一気にポジションをアップすることもできます。

年収のアップを考える

仕事のポジションが上がれば年収も上がりますが、現在のポジションと仕事の内容が年収に見合っているかどうかを検討することも大事です。

今の会社のポジションから昇進する見込みがあるかどうかを冷静に予測して、不可能だと予想される時は転職エージェントに相談する方法があります。

現状を変えて年収をアップするには、昇進による昇給を目指すか転職によるポジションのアップによる年収のアップを目指すかの二つの道があります。

仕事の面白さを考える

仕事を辞めたいと思う時は、仕事を辞めたい原因を考えることで自分に合った仕事を探す絶好の機会になると考えられます。

今の仕事を続けていくことで本当に満足感が得られるのかを考えて、自分にとって本当にやりたい興味のある面白い仕事を再確認することができる機会にすることができます。

年齢が若い場合は、未経験の職種に挑戦することも可能であり、辞めたい仕事ではなく是非やりたい仕事に転換することができると思われます。

現状の見込みと転職をした場合の比較

仕事を辞めたいと思っても、それぞれの立場や年齢によって対応の仕方が異なってくると思われます。

独身で年齢も若い場合は現状で昇進に努力することも転職でやりたい仕事に挑戦することも比較的容易ですが、家族がいる場合や職位がある場合は難しい場合も考えられます。

退職をしたい気持ちの強さにもよりますが、転職エージェントに相談して自分の市場価値を確かめるとともに現職での昇進の可能性を冷静に予測することも大切です。

まとめ

仕事を辞めたいと思う気持は自分を飛躍させる機会になるので、消極的に捉えるのではなく積極的に考えることが大切です。

消極的に考えて状況を放置すると、悲観的な考えに陥ってうつ病などの症状になるリスクも考えられます。

今まで仕事をしてきて辞めたいと思っているので、原因を究明して前向きに対応することが賢明です。

仕事を辞めるタイミングは?状況別ベストタイミングポイントはココ 会社を辞める時は緊急の場合も多くタイミングを考える余裕もないことが予想されますが、辞める時のタイミングが悪く会社と揉めることにな...