企業別転職術

全日本空輸(ANA)転職を成功させるために準備すべき9つの項目

ANA(全日本空輸)はアジアを代表する航空会社です。ANAの職種は多く職種ごとに評判が異なりますが、全般的には働く環境の評判が良いと言えます。

ワークライフバランスが良く女性にも働きやすい環境が整備されていて、チームで働く場面が主になりますのでチームの意識が尊重されメンバー同士の関係も大事になります。

会社情報

転職コンダクター
転職コンダクター
全日本空輸(ANA)は2012年に設立された本社が東京都港区にある会社で、売り上げ約1兆4千億円で従業員が約1万4千名の航空運送が中心の事業内容です。

国内線のシェアが約50%で、年間の利用者数は国内線と国際線を合わせると5,000万人以上になります。

ANAは東京国際空港と成田国際空港を中心に世界42都市で国際線を展開していて、アジアやヨーロッパ、北米で自社運航をするとともに共同運航も行っています。

どんな人材を求めているか

ANAのサイトには純民間資本の航空会社としてスタートした歴史から常に挑戦者の意識を持ち変化に柔軟に対応しています。

国内だけでなく国外でも業務を行うことから国や会社などの枠を超えた多種多様な人材を求めていると考えられます。

常に挑戦者であることを実現し挑戦し続けることができる人材が求められ、様々な文化や習慣、価値観などを理解しグローバルなレベルで能力を発揮する人材を育成していくことが大切になります。

求人情報の傾向(選考情報・ポイントなど)

全日空の求人はほとんどANAグループの採用で、ANA単独の採用は現在中止の傾向にあります。

ANAグループには、航空運送を支える人材やビジネスサポート、商社や空港地上支援などの職種があります。

一般公開の求人は転職サイトやHPで業務や応募要件を確認することができますが、非公開の求人もあります。

非公開が公開の求人の3倍以上の転職エージェントもあるので、登録して希望の職種を推薦してもらうことが効果的です。

平均年収、給料、ボーナス

全日空の平均年収は2019年現在776万円で、平均年齢は45.5歳、平均給与は約49万円で平均ボーナスは約194万円と推定されます。

基本給は少なめでも手当が厚くなっていて、管理職になるまで給料にあまり差が出ないような給与体系になっています。

営業やビジネス職の平均年収は500万円から700万円、事務や専門職は400万円から1,000万円、開発やエンジニアは450万円から2,100万円で幅があります。

仕事内容

ANAの仕事は、総合職、客室乗務職、運行乗務職の3つの部署があります。

総合職は事務職と技術職で、客室乗務職はキャビンアテンダントと呼ばれ運行乗務職は自社で養成したパイロットです。

総合職は会社運営の仕事で、コーポレート機能やビジネス機能、オペレーション機能を果たします。

技術職は航空機のエンジニアで整備計画の策定や技術的方針の決定、部品の調達や整備を行ない、客室乗務員はフライトに搭乗して接客をします。

労働環境

ANAの労働環境は基本的管理がしっかり行われていると考えられます。

現場部門の残業は少なく間接部門がやや多い傾向がありますが、全体の残業時間は20時間未満でプライベートとのバランスが良好だと思われます。

1ヶ月休暇制度で大型の休みを取ることや、フレックス制度を使って早めに帰ることもできることもできます。

国内外のジョブローテーションや他社出向で多くの環境を経験できるので、能力の向上と成長が期待できます。

現役やOBの口コミ

口コミは、給与は多くないが手当が厚く大型の休みなど福利厚生が充実している記述があります。残業時間の管理やレックス制度の活用などで、ワークライフバランスが良いことが評価されています。

コンプライアンスの意識やモラルが高い社風であり、挑戦する雰囲気があって活気のある風土との意見があります。

仕事のやりがいがあり成長できる環境を評価する一方、現場と管理部門の温度差やシフト勤務の厳しさを指摘する声もあります。

おすすめの転職エージェントは?

ANAへの転職エージェントは、実績があることや求人情報やサポートできるノウハウを持っていることが重要です。

大手は最大手のリクルートエージェントや2番目のdoda、また就職成功率が高いジェイックなどがおすすめです。

リクルートエージェントは転職の実績がナンバー1でdodaも満足度が高く、充実したサポートが期待できます。ジェイックはフリーター専門の転職サイトで、未経験の転職成功や定着率に定評があります。

まとめ

ANAは航空運送事業の世界トップクラスのエアライングループであり、大手で様々な挑戦をしたい人や成長企業で働きたい人に相応しい会社だと思われます。

研修制度が整っているのでしっかり学びたい人や語学力を活かしてキャリアアップをはかりたい人にも適していると思われます。

またエアラインビジネスに興味がある人もANAが向いているので、業界の情報や非公開求人案件を有する転職エージェントを活用することが効果的です。

ANAは日本を代表する航空会社で、日本航空が2010年に経営破綻をしてからは特に実質的な業界ナンバー1の会社になったと考えられます。

会社の挑戦的な社風や労働条件や福利厚生などの良さで働く環境が整っており、エアラインビジネスに関心があり英語にも抵抗がない人が転職をする会社として申し分がないと言えます。