ビジネススキル向上術

「人事評価の目標例」適切な目標設定が何より重要

人事評価は従業員が企業にどれだけ貢献したのかを測定することであり、企業が評価項目を設定して従業員がそれらの評価項目をどれだけ達成したかによって業績が評価されます。

人事評価で本人の目標遂行が評価されて給与のアップや昇格、異動などを決める場合の評価材料になるので、本人にとって非常に重要なことになります。

人事評価の目的

人事評価の目的は、会社の経営理念の実現のために経営計画に基づいて部門や個人が実施する行動指針と評価を示すことです。

行動基準を明示することで社員に期待する行動や成果を理解させ、社員がどのように仕事を行っていけばよいかの方向性を伝える意味があります。

社員が職務を遂行した業績を適切に評価して社員のモチベーションを高め、評価結果のフィードバックを通じて上司と部下のコミュニケーションをはかる目的もあります。

目標設定

人事評価を半年や1年ごとに行っている企業が多く、評価される期間に企業にどれだけの貢献をしたかが客観的に判断され賃金やポジションを決める判断材料になります。

人事評価では管理職による従業員の目標設定が行われますが、従業員の一人一人を評価する上で活用されるので重要になります。

目標設定が従業員の仕事を行うきっかけになり、目標を達成して妥当な評価を受けることがモチベーションになり昇給や昇進にもつながります。

目標を設定する注意点

目標を設定する場合には、達成が可能な目標にすることや具体的で期間や期日が明確な目標にすることで目標を遂行しやすくなると思われます。

はじめから達成が不可能な高すぎる目標設定はやる気が起こらないので意味がなく、努力や工夫で達成できる目標を設定することが必要です。

具体的で何をすればよいかが分かる定量的な数値目標などが良く、いつまでに達成すればよいかの期間や期日が明確であることが計画を立てやすくなります。

目標設定の内容

目標を設定する場合は、数値目標が立てられる内容は数字を示すことで説得力のある目標になり実現に向けての行動もしやすくなると考えられます。

数値目標が立てられない内容は、業務の課題の改善策などを示すことで目標の内容が分かりやすくなり具体性のある目標になります。

業務の計画や目標をそのまま目標として設定することの他に、業務に関連した自己啓発や教育講座の受講、資格の取得などを目標として設定することもできます。

数値目標やキャリア

数値目標が立てられる場合は上司が従業員と具体的な新規顧客の獲得件数などを話し合って目標にすれば、本人も納得する説得力のある目標になります。

数値目標が立てられない場合は業務のマニュアル作成などの目標を設定すれば、具体的で業務改善につながる目標になります。

業務に関連する自己啓発や教育講座、資格の取得などを目標に設定すれば、業務のスキルアップになるとともに自分自身のキャリアになり転職などでも役立ちます。

公務員の目標設定

転職コンダクター
転職コンダクター
国家公務員や地方公務員は年1回の能力評価と年2回の業績評価で人事評価が行われるのが一般的で、管理職が設定した目標に基づいて具体的な目標が盛り込まれます。

たとえば必要性の低い規制についての目標であれば、必要性の低い規制を廃止してニーズのある規制についての改善策が検討されます。

そして具体的な事案や数字を盛り込んで目標を設定することで、期末には目標の達成状況が確認されて人事評価が行われることになります。

営業職・事務職の目標設定

企業の営業職の目標は売上や契約件数などで、前年比の売上目標や契約件数の目標を期限決めて達成するなど具体的な数値目標を設定します。

営業職は数値目標が明確で仕事をしながら目標の遂行度を確認できて、目標を達成することが賞与などの金額に反映されるケースが多い特徴があります。

事務職は営業職のように目標を数値化することが難しい場合が多く、マニュアル作成など形に残せることを目標に盛り込むことになると思われます。

製造業・技術職の目標設定

製造業は従業員が果たす役割に基づいて目標の設定を行い、役割の貢献度をラインごとの業績や成果項目などで目標の数値化をします。

たとえば製品のコストダウンを何%はかるかを数字で示すことで、本人は努力や工夫がしやすくなり管理職は数字で評価することが可能になります。

技術職は目標の数値化が難しい職種ですが、数値化できる箇所は数値化して数値化が難しい新製品開発などはいつまでにどうするかなどを具体的に記入します。

適切な目標設定

適切な目標設定は、達成するのが難しい内容であるが本人の努力や工夫によりどうにか達成できる目標だと考えられます。

簡単に達成できる目標は本人の成長につながらないことが多く、会社が能力を十分に発揮させていないことになり上司のマネジメントが不十分と言えます。

目標設定を設定する時に上司が本人と十分に話し合わず本人が納得していない場合は、適切な目標設定になっておらず達成することが困難になることも想定されます。

まとめ

仕事の目標を設定する場合は、上司と本人が十分に話し合ってお互いに納得する目標設定にすることが必要だと考えられます。

本人の職務能力を考えて現状のレベルよりも少し高い目標を設定することで本人の努力や工夫を引き出して、会社に貢献することができると思われます。

転職コンダクター
転職コンダクター
業績が上がり本人が成長し人事評価も高くなります。