20代転職

20代の女性が転職する上で考えておくべき7つの事項

20代の女性が転職で考えておくことは、転職する理由や応募する志望動機を自分でも納得できて応募する企業に説明できるようにしておくことです。

また採用する企業が求めることと自分の希望する雇用形態など働き方が合致するかどうか確認する必要があります。

20代の女性が転職する理由

キャリアアップ

以前は結婚をしたら仕事を辞めて専業主婦になる時代もありましたが、現在は結婚後に全く仕事をしない女性は約3割の少数派になっている状況です。

女性の転職に対する社会の見方も変わってきて長期的なキャリアを視野に入れた女性が増加しています。20代の女性もやりたい仕事への挑戦やキャリアアップのためのポジティブな理由の転職を目指すケースが増えています。

給与

給与は転職の理由になる要素ですが、20代の女性にも当てはまると思われます。年収アップを目指したい気持ちは理解できますが、年収だけを目的にすると仕事の内容や会社の雰囲気などが見落とされることも考えられます。

年収が高い会社が自分にとって働きやすいかどうかは分からないので、年収の高さを求人広告に出している会社は内容をチェックすることが大事です。

労働条件

労働時間や休日などの労働条件が悪いことが転職の理由になる場合があります。ブラック企業の場合は毎日がサービス残業で手当てが支払われずボーナスも貰えないケースもあるので、転職することもやむを得ないと考えられます。

しかし職場に問題がなく違法なことも行われていない状況で、もっと高い年収を自分が望む理由で転職する場合は慎重に検討することが大切です。

仕事のやりがい

仕事にやりがいを感じられないことも転職の理由であげられることです。仕事のやりがいは重要なことですので、やりたい仕事に転職することもひとつの方法です。

ただし他社に転職するのは大変なことですので、自社に異動を自己申告できる制度がある場合は希望の部署に異動できないかどうかを確認することが必要です。確認の後に転職を検討しても遅くはないと思います。

20代の女性の志望動機

会社が志望動機を聞く狙い

採用側が志望動機を聞くのは、なぜ業界や自社を選んだのかを知りたい狙いがあります。採用側は志望動機を聞いて20代の応募者が業界や会社のどこに関心を持ち応募したのかを知り、今後の困難な求人活動の参考にしたい意図もあります。

志望動機で会社側が応募してきた理由を知ることから応募者とのやりとりが始まりますので、志望動機は非常に大事な意味を持ちます。

応募者が志望動機を伝える目的

応募者が志望動機を伝えるのは、会社を志望する動機を伝えることで自分の意欲や仕事に対する姿勢をアピールして採用に合格する目的があります。志望動機が会社側に正しく伝わればお互いの信頼感が生まれて円滑な面接になります。

志望動機は退職から転職の経過を明らかにして、前向きでチャレンジ精神がある人柄がアピールできるような内容が望ましいと考えられます。

女性に最適な転職サイトの選び方とは?女性が転職サイトを通して良い会社を見つける方法   女性に適した転職サイトは、女性が性格や職務能力、今後やりたい仕事などを分析して自分に相応しいと思うサイトになります。 複数...

志望動機の内容

志望動機の質問には、応募者がどれだけの熱意を持って会社を志望しているかを確認する意味があります。熱意が弱い場合は会社で成長していく意欲も低くなり、困難な課題などですぐに辞めるリスクが考えられます。

また志望動機で応募者が会社の社風に合っている人材であるかどうかも観察しています。社風に合わないと意欲が低下して早期に退職することも考えられます。

志望動機の書き方

志望動機は、企業から指定された書類に記述して提出します。特に指定がない場合は、提出する書類のフォーマットに応じた簡潔で明瞭な記述で作成することが必要です。

記述は転職の理由を明らかにして、自分の強みや魅力が表現できるように工夫した内容にします。会社を選んだ理由と、自分が今までの実績やスキルを活かしてどれだけ会社に貢献できるかアピールします。

 20代女性の雇用形態

正社員

20代女性が正社員で転職する場合は、給与や待遇、今後結婚や出産などを迎えた場合に仕事の継続が可能かどうかなどを確認することが必要です。また転職先の見つけ方や転職先で上手くいく方法なども研究する必要があります。

転職の相談をする人を見つけておくことや転職サイトやエージェントを活用することも大事です。転職先が決まってから退職することも重要です。

派遣社員・契約社員

派遣社員や契約社員などの非正規労働者の割合は、男性の2割程度に比べると女性は5割程度になります。男性に比べると女性の場合はあまり正社員にこだわらず、派遣社員や契約社員でも良いと考えている人も多いと考えられます。

20代の女性の非正規社員の割合は3割から4割程度になり女性全体の割合より低くなりますが、それでも3人に1人は非正規社員になります。

女性が派遣社員や契約社員を選ぶ理由

女性が派遣社員や契約社員などを選ぶ理由は、総務省統計局の労働力調査では自分の都合の良い時間に働きたいからが23.9%で最も多く、家事・育児・介護等と両立したいからが22.2%、正規の社員の仕事がないからが19.4%となっています。

他には家計の補助・学費等を得たいからや専門的な技能等を活かせるから、通勤時間が短いからなどの理由が見られます。

20代女性は正社員が可能

20代女性は正社員であることが可能で正社員には色々なメリットがあります。

20代社員は結婚や出産が予想されますが、正社員は産休や育休が取りやすい面があります。また産休後の時短勤務など選択肢が増えることもあります。

正社員のメリットは20代では感じにくい面もありますが、年齢が増すにつれて給与や紹介される仕事などで非正規社員よりも有利になります。

20代女性の転職で求められること

会社に貢献する人材

20代女性の転職で求められるのは職務能力やマネジメントで会社に貢献することです。女性の社会進出に合わせて産休や育休、時短勤務などの制度を整備している会社が増えていますが、それらの制度は会社に必要な人材に用意されている面もあります。

20の女性には、自分の能力を発揮して会社に認められて長く勤務してもらいたいという企業の期待が込められています。

仕事とプライベートの両立

20代女性の転職では、仕事とプライベートの両立という難しい問題が大切になります。企業は仕事で戦力となることに対する期待の比重が大きくなりがちですが、20代女性は逆にプライベートに意識が向きがちな傾向もあります。

企業には女性の立場を考える余裕を持つことが必要だと思われますし、女性は企業が期待することに可能な限りは応える配慮が大切になります。

20代女性の働き方の選択

20代女性が働く場合は、選択が必要になります。20代女性は結婚や出産を迎える可能性が大きいので、結婚や出産の後でも働いて仕事と家事を両立できるのかどうかや会社が迎えてくれて周囲が協力してくれるかどうかなどの不安もあります。

最終的には20代の女性自身が働き方を選択して、自分の選択に応じたキャリアや実績を積み上げていくことになると思われます。

20代女性の転職の時期

20代女性の転職では、ポテンシャルが大きい20代前半が有利だと考えられます。最近は結婚の年齢も上がっているので、ある程度の期間はキャリアを積むことができる可能性が高いと思われます。

20代の後半になると企業が求める職務能力やスキルが高いレベルになってくるので、それまでのキャリアが問われることになります。同業の場合は管理職の可能性もあります。

20代女性の転職の強い面

年齢

20代の女性は、他の年代に比較すると求人数が多い優位性があります。また20代であれば正社員として採用されやすい面もありますが、年齢が高くなるにつれて求人数が減ってくるので転職がしにくくなり正社員としての採用も難しくなります。

正社員の求人では年齢の制限があることもあり、年齢が高くなると非正規社員から正社員へ転職することが困難になってきます。

将来性

契約社員や派遣社員は、正社員に比べると雇用期間が決まっていて責任のある仕事を任されることがない気楽さがあります。また正社員よりも採用されやすい面があるので、20代の女性にも人気がある雇用の形です。

しかし賞与や交通費が出ないことや産休や育休も取れないことがあり、将来派遣社員や契約社員から正社員になることが難しくなるデメリットも考えられます。

若さをアピールする転職活動

20代の女性は前半の25歳までは第二新卒の扱いになる場合が多いと考えられます。採用する側としては、新卒に比較すると第二新卒の方が社会人の経験があり新入社員教育をする手間が省けるメリットがあります。

20代前半の女性の転職では、若い年齢の柔軟な考え方や素直な対応が強みになります。採用担当者が一緒に仕事がしたいと思うような印象が大切になります。

女性の特性を活かした能力の発揮

20代後半の女性は社会人としての経験が長くなりますので、豊富な実務の能力を発揮することが求められます。これまでのキャリアを実践の職場で活用することにより、会社運営に貢献することが期待されます。

特に職場内や社外のトラブルなどの際に、女性の特性を活かした対応で問題解決の力になれば評価されます。また指導的な立場も任されるようになると思われます。

20代女性の転職で考慮すべき点

結婚

20代の女性で正社員として働いている場合は、結婚後に同じように仕事を続けていくことは時間的に難しい現実があります。結婚をすれば家事などプライベートな時間が必要になるので、どうしても仕事の時間が制限されてしまいます。

企業の側としては、結婚をした後は残業ができないことなどの理由で責任のある仕事は任せられないという判断をすることも考えられます。

出産

20代の女性が転職をする場合は出産のタイミングを見計らうことが大切になります。会社によっては出産に理解がある場合も考えられますが、転職の直ぐ後に出産すると休暇が取りにくく周囲の目が厳しい会社もあります。

出産に理解がある会社は面接のやりとりで判断できる場合があり、面接で出産の予定があることを述べても採用する会社は理解がある可能性があります。

産休

20代女性の転職で採用側が気にすることは、妊娠して出産することで産前産後休業(産休)をいつ利用するのかという点です。出産することになれば、産休期間中の担当していた仕事をどのように分担するのかという問題が出てきます。

また産休について新たに事務的な手続きが必要になることもあり、色々手間がかかることが発生するので煩わしいと感じる場合があります。

育休

20代女性が育児休業(育休)を利用する場合も、採用企業が気にすることは育休を取るタイミングと育休の間の仕事の分担をどうするかの問題があり産休と共通しています。また事務的手続きの発生についても産休と同様です。

更に育休は保育園や幼稚園などが不足していて確保ができない場合が考えられるので、育休を延長する可能性があることも企業側が気にする点です。

20代女性が転職で注意すべきこと

ワークライフをバランスさせる転職は歓迎されない面がある

20代女性の転職では、ワークライフバランスを見直したい内容の転職理由は企業から歓迎されない場合があるので注意が必要です。

企業は前職の経験を活かしながら自社に貢献してくれる人材を求めて採用を実施しています。面接では応募者のワークライフバランスがどう変わるかが重要な問題ではなく、応募者が入社後にどのように成長して貢献してくれるか判断されます。

働きやすさを優先することがネックになる場合もある

働きやすさは個人差があり、残業が少なく短時間勤務の労働条件が働きやすい人もいますし評価制度がしっかりしている会社が働きやすい人もいます。結婚や出産後も活躍できる会社が働きやすいと考える女性もいます。

その他専門能力を伸ばせる会社や休暇が取れる会社など色々な要因があると思いますが、要望が多過ぎると転職のネックになるので絞り込むことが必要です。

結婚や出産と転職のタイミング

20代の女性にとっては結婚と出産が仕事のキャリアに与える影響が最も大きな出来事になります。転職のタイミングも、結婚と出産が予定されている場合はどのようにしたらよいのか迷うと思います。

男性の場合も転職のタイミングが大切ですが、女性の場合は男性以上に結婚や出産などのライフイベントが仕事のキャリアや転職のタイミングに影響しやすい要素になります。

転職サイトや転職エージェントの有効活用

20代女性の転職は、結婚や出産の問題が加わり男性以上に難しい要素があると思われます。20代女性の転職を効率的に進めて成功させるには、20代女性の転職に強い転職サイトや転職エージェントを有効に活用することが大切です。

転職エージェントは多くの事例を保有しているので、複数のエージェントに登録してコンサルタントに直接相談することをおすすめします。

まとめ~20代女性の転職を成功させるためには

20代女性の転職は、結婚や出産が予定されることもあるので難しい状況も予想されます。

しかし多くの企業は若い発想や女性特有のきめの細かい能力などを求めているので、転職を決断した場合は転職エージェントにも相談して転職に挑戦することも推薦できます。