20代転職

20代が未経験からでも転職に成功させる7つのポイント

20代に対して求人をする企業が多いので、20代は転職がしやすい年代と考えられます。

特に20代の前半は年齢が若く未経験の職種に転職することも可能だと思われているので、採用側も新入社員と同じような扱いの第二新卒で採用する企業が増えてきています

20代の未経験の転職を成功させる要素

ポテンシャル採用

20代前半の22歳から25歳までは大学の新卒から3年間の年代で、企業はポテンシャルを優先して採用するので転職者も未経験の業界や職種に挑戦しやすい年代です。

20代前半はまだ現職の会社の色に染まっていないので未経験の業界や職種に適応しやすく、新人教育は終了して社会人の経験もあり戦力になるまでの期間が短いので企業にも好都合な年代だと思われます。

仕事を達成する意欲

企業は20代の転職者に仕事を達成する意欲の強さを求めます。20代は求人が多いので転職が簡単に成功する確率が高く、また転職する意識になる傾向があります。

転職でやりたい仕事があれば、入社の後も長く勤務して仕事の目標達成に強い意欲で取り組んでくれることが期待できます。企業は面接で希望の仕事や意欲の強さを確認して、早期退職しないことを判断します。

性格と適性

20代の転職の成功には応募者の性格と転職や職種に対する適性が重要になります。転職は20代のキャリアの上で大事であり、退職の申し出や引継ぎなどが重なると相当なプレッシャーになります。

これらのプレッシャーを跳ね返して転職を成功させるには、性格の強さが必要になります。また未経験の業界や職種への適応では柔軟な考えや仕事に対する適性が求められます。

社会人の経験

20代の転職者が採用する企業に歓迎されるのは、既に社会人の経験があるので手間のかかる新人教育の省略ができることもあります。学生から社会人に転換する教育は問題が起こる場合も考えられます。

新入社員教育を終了して社会人の経験もあるので、企業としては職務経験を積ませることやマネジメントを経験させることに専念することができる歓迎する人材になります。

転職前の確認

現職の経験年数の確認

20代で転職する前に確認することは、自分の今までの実務の経験年数です。20代の前半であればこれからの潜在能力を評価してもらえる可能性がありますが、後半では実務能力の発揮が求められますので一定の実務経験の年数が必要になります。

自分が20代の後半になっていて実務経験の年数が不足していると思う場合は、もう少しキャリアを積む判断も必要になります。

職務能力のレベルの確認

20代の後半では、実務の経験年数だけでなく自分で職務能力のレベルのチェックをしておくことが大切です。20代の後半では会社に貢献できる職務能力が求められるので、実力を実践で発揮できるようにしておくことが必要になります。

職務能力のレベルを口頭で説明することは難しいので、職務に関係のある資格を取得しておくことがレベルの証明になると考えられます。

志望する会社のチェック

せっかく転職が成功して志望する会社に入社しても、会社の業績が悪化してすぐに退職しなければならなくなることや会社が倒産するリスクもあります。そのようなことの防止のために志望する会社の業績をチェックしておくことが重要です。

志望する会社の過去5年間の売上と利益の推移など財務状況を、公開されているホームページなどの情報で調べておくことが大切です。

転職サイトや転職エージェントの活用

転職サイトを利用して自分が志望する多くの会社の状況を調べることは有効だと考えられます。また転職サイトから志望する会社に応募することもできると思われます。しかし応募する場合は転職エージェントで相談する方が確実だと思います。

複数の転職エージェントに登録してアドバイザーと相談して志望する会社を選び、応募書類や面接の指導を受けるのがおすすめです。

20代未経験の転職の仕事の選択

未経験でも転職しやすい業界

未経験でも転職しやすい業界は、IT業界だと考えられます。IT業界は極端な人手不足の状態になっているので少しでも関心のある人を入社させたいと思っていて、未経験の応募者にとっても採用のハードルが低くなっています。

特に20代の転職者に対しては可能性を重視して将来を見据えたポテンシャル採用を行っていますので、未経験でも転職しやすいと考えられます。

未経験でも転職しやすい職種

IT業界の職種は、20代の未経験でも前職との関連で転職しやすいと思われます。たとえば企業が開発したシステムやソフトウェアを紹介して受注を取ってくるIT業界の営業職には、別の業界の営業経験があれば転職できます。

Webマーケターも多の業界でマーケティングを経験していれば転職でき、プログラマーやエンジニアもシステムエンジニアの経験が活かせます。

現職や前職との共通性

20代で未経験でも転職しやすいのは、どのような業界でも共通性がある職種だと考えられます。たとえば営業職は業界が違っても業務内容に共通性があるので、前職の経験を活かして未経験の業界で活躍することができます。

業界で未経験でも転職しやすいのは業績が好調な業界や人手不足の業界なので、そのような業界の営業職であれば転職がしやすくなると考えられます。

自分と仕事の相性

20代の未経験の転職で早期退職を防ぐには、志望する仕事に対する自分の相性が合っているかどうかを見極めることが必要です。

20代の転職は未経験でもすぐに決まる傾向がありますが、相性が合わないとすぐに辞めることになります。

自分だけで判断せずに信頼できる人や転職エージェントのアドバイザーに相談することで、客観的な意見を聞くことができると思います。

20代未経験の転職の時期

成功しやすいタイミング

20代で未経験の転職に成功するタイミングは、転職の目的やその人の経験やキャリアによって異なります。未経験の分野に転職する場合は、前職の会社に染まっていない社会人として経験が浅い3年目から4年目が有利だと言われます。

同業でのキャリアアップを目指す転職は、仕事が基本から高度な内容に移る経験が5年目から6年目がベストなタイミングと考えられます。

20代の前半

20代の前半は第二新卒と呼ばれる年代で、大学卒業からそれほどの時間が経過していないので前職の仕事のやり方や考え方に凝り固まっていない年代です。採用側としては、新入社員と同様に一から教育できるので採用したい年代です。

ただし企業としては若く柔軟性はあるが、忍耐力が不足していることや定着するかどうかの懸念材料があると考えている可能性があります。

20代の後半

20代の後半は企業が最も採用したいと考えている年代だと思います。20代前半はポテンシャル採用の年代ですが、20代後半は若さがありながら実務の経験も持っている年代なので企業として採用ニーズが高くなります。

職務の基礎はできていて、これから職務能力を高めていくこともできますしマネジメントの仕事をして会社の中核人材になっていくことも期待できます。

女性の場合

女性は結婚と出産が転職と関係してきて、育休があるので出産予定日の1年以上前が転職のタイミングと考えられます。

産休は労働基準法で産休が定められていますが、育休は労使協定に基づき会社側が1年未満の従業員の育休の申し出を拒否することができます。そのため転職しても育休が取れずに退職するケースも考えられるので、1年以上前の転職が賢明だと思われます。

20代未経験の転職のチェック項目

仕事内容

20代で未経験の仕事に転職する場合は、年齢が若いほど転職がしやすいと考えられます。特に20代前半は第二新卒と呼ばれる年代は、企業が新入社員と同じような扱いで採用する年代なので未経験の仕事に変わりやすくなっています。

20代でも後半になってくると仕事内容が変わる転職がしにくくなります。20代後半では、実務経験で即戦力になることが期待されます。

勤務時間

勤務時間に無理がなく定時で帰ることができる仕事は、事務職や工場勤務などが思い浮かびます。仕事の内容は事務職がデスクワークのパソコン作業などで工場勤務は立ち仕事などになり、楽ではありませんが勤務時間は正確な仕事です。

20代の転職で仕事以外のプライベートな時間を大切にしたい場合は、事務職や工場勤務など時間が守られる仕事への転職が考えられます。

年収

20代が転職する場合は、年収がどのくらいになるのか気になると思われます。20代の平均年収は300万円代と予想されますので、自分の現在の年収が平均より高いのか安いのかをチェックしてみることが必要です。

その上で、年収の目標を決めて転職活動をすれば励みになると思われます。ただしあまり高い目標は実現が難しいので無理のない目標にすることが大切です。

企業の概要

志望する企業に関することについては、事前に調べておくことが重要になります。所属する業界の動向や企業の概要をホームページなどで把握することが必要です。企業の社風や業績の状態も研究しておくことが大切です。

事前に調査しておけば自分が思っていたことと違うことで失望する状況がなくなるので、早期に退職する事態になることを防ぐことができると思われます。

志望企業の内容の確認

規模

会社の規模は一般的には大きい方が安定していて福利厚生などが充実していると考えられます。ただし規模が大きくなれば社員数も多くなり出世の競争相手も増えるので、昇進や昇格のスピードが遅くなることが考えられます。

その点では中小企業やベンチャー企業に転職する場合は20代でも最初から枢要なポジションに就くこともあり、昇進のスピードも早いと思われます。

労働条件

会社勤務は長く続けていくことになるので労働条件が大事になります。勤務時間や給与はもちろんですが、会社までの通勤、休日や休暇など、長く働くための条件が整っているかどうかを確認することが大切です。

会社の歴史が長く就業規則など規程類が充実している会社は、労働条件が整っていると考えられます。急成長の会社は労働条件が整備されていない場合もあります。

業績

会社の業績が景気の動向に左右される業界もあります。転職する時の業績を確認することと過去の調査や将来の予測をすることも必要になります。

売上や利益が落ち込むと給与や賞与の支払いなどに影響することも考えられます。

生活必需品を扱っていて長い歴史がある会社は信頼できると思われますが、歴史の浅いベンチャー企業などは業績の状況を確認する必要があります。

社風

志望の会社でも、社風が自分に合わない場合は長続きしない可能性があります。規模が大きく業績が安定している優良企業でも社風が合わないことで仕事に意欲的にならないことはあるので、転職の際には注意する必要があります。

日本の会社は大多数が働きやすい社風だと思われますが独特の社風がある会社もあるので、自分の価値観と合うか確認することが大事になります。

20代未経験の転職の注意事項

長く続けられる仕事の選択

20代はすべての年代で最も求人数が多い年代であり、転職が決まりやすい年代です。そのために仕事を選ぶ時に安易に選んでしまうことが考えられます。しかし一度転職をすれば簡単には転職できなくなるので、慎重に選択する必要があります。

職種を決める時はやりたい仕事であることも大事ですが、自分が職種への適性があり長く続けられことが重要になると思われます。

慎重な企業の選定

20代で未経験の転職をする場合は、それまでの社会人の経験を活かして慎重に企業を選定することが重要になります。20代でも転職に失敗すれば年齢が高くなっていき転職の条件が厳しくなりますので、成功させることが大事です。

自分にも業界や企業の情報があると思われますが、できれば家族や社外の業界や企業に詳しい人と相談することも効果があると考えられます。

転職活動のスケジュール化

転職を決断しても活動しないままに時が過ぎていってしまうと、転職できる時期を逸してしまうことも考えられます。それを防ぐには、転職活動をスケジュール化して期間で実施することを決めることが有効であると思われます。

転職活動は一般的に3ヵ月前後と言われますが、色々な事情がそれぞれ異なると思いますので、2ヶ月から半年くらいの幅を考えるのが現実的です。

複数の転職エージェントへの登録

20代の転職は業界の動向や企業の情報をはじめとして、企業の選択や年収の折衝、応募書類や面接の指導などがあり転職エージェントが不可欠になります。転職エージェントは得意不得意もあるので、複数に登録する必要があります。

20代前半が得意なエージェントもあり20代後半に強いエージェントもあります。非公開の企業からの求人依頼や内容もそれぞれ違います。

まとめ~20代未経験の転職は職種と企業を慎重に選ぶことがポイント

20代で未経験の転職をする場合は、その後の長いビジネスライフを考えた上で職種と企業を慎重に選ぶことが重要になります。

業界や企業に精通した信頼できる人に相談することや転職エージェントの情報や求人案件を活用して、転職を成功させることが大切です。

転職相談で良くある相談内容6選!元人材派遣会社代表がお答えします! 転職相談でよくあるのは会社の経営方針や労働環境、人間関係や給与、仕事内容や会社の経営状態などの問題です。 いずれも本人には...