30代転職

30代の女性が正社員として転職するのに覚えておきたい7つのポイント

30代の女性が正社員として転職するには、応募企業にアピールできるキャリアや職務能力を持っていることが必要になります。

また結婚や出産を含む将来的なキャリアプランを持っている人材が採用企業に評価されて、転職に成功する可能性が高いと考えられます。

30代の女性が正社員として転職する前の確認

退職の理由

退職の理由は人間関係や労働条件、ハラスメントや業務内容、企業風土など色々あると思います。退職の理由を本当に考え直してみることで、転職する必要があるのかどうかもはっきりしてくることが予想されます。

退職の理由を考え直した上で転職を決断した後は、採用で不合格になる確率が高い退職理由でなく合格になる前向きで応募企業に評価される退職理由を考えます。

 職務能力

30代の女性が正社員として転職するには、[企業が求める職務能力を持っていることが重要になります。20代はこれからのポテンシャルを期待されますが、30代はすぐに会社に貢献する能力が期待されます。

30代でも後半よりも前半の求人数が多いので、年齢的には30代前半がチャンスです。後半でもキャリアによる職務能力がある場合は転職ができると考えられます。

実績

職務能力を証明するものとして、今までのキャリアで上げた実績も大切です。経験してきた職種でどのような実績を上げたのか記述し説明できれば、転職後の業務で実績を上げることが期待されて転職が成功する可能性が考えられます。

更に転職先が同業種であれば新しい会社や職場に馴染む時間がかからないと予想され、早期で即戦力になれると思われ転職が有利になります。

資格

職務能力の証明

職務能力の証明に有力なのは、職務に関係する資格です。最も典型的な資格は経理業務と関係のある簿記の資格です。経理の職種では簿記2級以上の資格が職務能力の証になるので、30代の女性が正社員を目指す場合には効果的な資格と考えられます。

他にも30代の女性が転職を希望する職種と関係があり今後の需要も高い資格は、保育や介護、医療などの分野の資格です。

30代の女性が正社員として転職する条件

採用側が求めること

採用側が30代の正社員としての転職を希望する女性に求めるのは、今までのキャリアを活用した実践的な職務の遂行能力が基本になります。正社員として長く勤務する場合は、マネジメント能力も求められます。

30代の女性は結婚や出産、キャリアップなどが起こる可能性があるので、採用側が求める職務能力やマネジメント能力の発揮に専念できるのかの確認も必要です。

応募側の労働条件

30代の女性が働く場合には会社の求めに応じた職務能力の活用やマネジメント業務に本格的に携わることにするのか、それとも家事とのバランスを考えた仕事を希望するのかをはっきりさせることが必要です。

仕事中心を選択すればキャリアを積み上げていく生活になり、家事とのバランスを選択するのであれば正社員の雇用形態を検討することが必要な場合も考えられます。

条件の突き合わせ

採用する企業が求める条件と応募者が希望する条件を突き合わせることで、30代の女性が正社員として転職する際のイメージが明確になってくると思われます。両者の共通点を基準に今後のキャリアをデザインすることができます。

転職を成功させるために注意する点は、応募者が譲れない条件は必要最小限にしてできるだけ企業が求める条件に沿う転職を推進することです。

面接でアピールできるポイント

30代の女性が正社員として転職する場合は、応募書類や面接でアピールできるポイントを整理しておくことが大切です。自分のアピールポイントを把握して、応募書類に記述する文書や相手に伝える説明を研究する必要があります。

応募書類は書類審査で合格するため、しっかり推敲した履歴書や職務経歴書を作成することが大事です。また面接では効果的な説明が重要です。

30代の女性が正社員として転職した実例

営業職

営業職は30代の女性が正社員として転職するには適した職種です。30代の前半には求人件数が多くあるのに後半になると少なくなる職種がありますが、営業職は前半でも後半でも求人募集が数あります。

営業は本人のやる気が重視され実績を上げると評価されるので、30代の女性の転職が可能です。特に保険営業やルート営業などは需要が高く転職の可能性があります。

販売職

服飾やスーパーなどの販売職は、30代の女性が正社員で転職できる職種だと思われます。ただし30代の前半に多くの求人があるのに対して、30代の後半になると求人はあるが正社員の求人数は少なくなる傾向があります。

それでも30代女性の前半も後半も常に求人がある職種であり、30代の女性が正社員として転職するチャンスがある業務内容であると考えられます。

介護職

介護職は30代全体で求人があり、女性が正社員として転職する場合に選択する職種に相応しいと思います。介護職は20代女性よりも社会経験があり様々な場面にも対応できる30代の女性に適した仕事だと考えられます。

介護職の需要はいつでもあるので結婚や出産があっても復帰しやすく、介護関連の資格を取得しておけば介護職の能力が証明されて更に有利になります。

事務職

事務職は30代の女性が正社員として転職できる職種と思われます。30代前半の求人数が多い傾向がありますが、後半でも求人があります。今までの経験を活かすことができるので、仕事に対するストレスも少ないと思います。

一般事務や営業事務などの業務もありますが、医療事務など資格を取得すれば転職の際に有利になる事務職を目指すことも効果的だと考えられます。

30代の女性が正社員として転職することが難しい理由

採用側の退職の危惧

採用側が応募の志望動機を必ず質問するのは、会社を志望した動機が明確でない場合は応募者が採用後にまた転職するのではないかと危惧する面があると思われます。面接官の質問に正確に答えることで疑問を取り除くことが大事です。

志望動機をはっきり面接官に伝えることにより、応募者が入社後に応募企業で能力を発揮して転職をしないと思わせることが大切になります。

産休・育休

30代の女性が正社員として転職する際の面接で、結婚や出産の予定があるかを聞かれる場合があります。採用側としては、せっかく採用しても入社後の短期間で産休や育休に入られると困るという本音があると考えられます。

結婚後の転職は入社後の短期間で出産をして産休や育休を取りにくいことが予想されるので、結婚前の転職が会社にも本人にも好都合な面があります。

未経験の場合の教育

30代の女性が正社員として未経験の職種に転職する場合は、30代の半ばまでがチャンスが大きく後半は厳しくなると考えられます。30代後半の場合は経験や実績が求められますので、未経験の教育が必要な職種では転職が難しくなります。

未経験の職種の募集企業は、30代後半の女性よりも入社後の結婚までの期間が長くポテンシャルが期待される20代を採用します。

キャリアアップかプライベート重視かの選択

30代の女性が正社員として転職する場合は、今までのキャリアを活かして更にスキルアップをはかるかプライベートを充実させるかの選択に迷うと思います。30代の女性は結婚や出産などで転機を迎える可能性が高くなります。

キャリアアップかプライベート重視かを選択した上で、希望の仕事に応募する際の最も効果的な転職のタイミングを考えることが重要になります。

30代の女性が正社員としての転職に成功する要素

業界・会社の選定

30代の女性が正社員として転職するには、条件の良い業界を選ぶことが重要です。衰退期に入っているような業界ではなく、将来の発展に期待が持てる業界を探すことが必要です。業界の中でも労働条件が整った会社を選ぶことも大事です。

歴史が長い業界も選択の対象になります。また業界にブラック企業が少なく、クリーンなイメージの業界であることも大切な要素です。

おすすめの業界・職種

公務員は最も安定感がある職種で、30代女性の転職に向いています。公務員は高度経済成長期には不人気でしたが、低成長の現在は人気があります。地方公務員の社会人経験者枠の募集もあるので、30代でも転職が可能です。

製造業は歴史が長く安定している業界です。他の業界と比較すると労働条件が整っていて残業なども少ないので、30代女性の転職に適しています

リスク管理

30代の女性が正社員として転職する場合はリスクがあると思われます。業界や職種によっては募集の人数が少ないので希望しても応募できないことや入社できても馴染めないまま退社することもあるので、対策を考えておくことが必要です。

転職をするということにとらわれずに、現在の職務を継続していく可能性や現状の会社で勤務形態を変えることなどの検討も大事です。

家族の協力

30代女性が正社員として転職には家族の協力が必要です。特に既婚の場合は家族に相談をしてあらかじめ承知してもらうことが大切です。共働きであれば、どれだけの収入があればよいかの目標も明確になります。

独身の場合も既婚も今後のキャリアをどのようにしていくか計画することが必要であり、特に既婚の場合は家族と計画を考え転職を決めることが大切になります。

30代女性が正社員として転職するタイミング

転職理由

30代女性が正社員として転職する場合は、事前に十分な現状の分析をして転職の原因になったことを突き止めておくことが必要だと考えられます。それが転職後に後悔しないことであり、採用面接備えることにもなると思われます。

転職を考えるきっかけになった理由を明確にしておくことは、自分自身を納得させる意味とともに採用面接で面接官に説明する意味があります。

転職できる職務能力とマネジメント

転職できるかどうかは職務能力がキーポイントになるので、転職時の自分の職務能力のレベルを確認することが大切です。20代は企業に意欲や将来性を評価してもらえますが、30代は企業から実務ですぐに通用する能力が求められます。

職務能力が確認できた後は、30代が正社員で転職する上で管理職を目指すためのマネジメントの経験があるかどうかの確認が必要です。

希望する年収

30代女性が転職する場合の年収は、勤務形態や勤務条件で異なります。正社員として転職するのであれば希望する現状以上の年収を得ることが可能ですが、派遣社員や契約社員となり、勤務時間が短くなると年収は下がります。

正社員を続けることが理想ですが、結婚や出産があり産休や育休が必要になることも考えられるので勤務形態や勤務条件が変わることもあり得ます。

転職のタイミング

30代の女性が正社員として転職をする場合、結婚や出産の前か後かタのイミングで状況が異なります。結婚や出産の後に転職をすると産休や育休が発生し、企業はメンバーの欠員という不都合な事態になります。

結婚や出産の前に転職をすれば結婚や出産までにある程度の期間があるので、転職者は新しい職場に慣れ企業は産休や育休まで働いてもらえるメリットがあります。

サイトやエージェントの活用

転職情報の取得

30代女性が正社員として転職する場合は、20代に比べて職務経験や能力が必要となることや結婚や出産で退職する可能性があり難しいと言われます。また年齢的に管理職になっていくのでマネジメント能力も問われると思われます。

色々な面から転職のハードルがあり、それらをクリアする良質な転職情報を得るためには転職のサイトやエージェントの活用が考えられます。

女性に最適な転職サイトの選び方とは?女性が転職サイトを通して良い会社を見つける方法   女性に適した転職サイトは、女性が性格や職務能力、今後やりたい仕事などを分析して自分に相応しいと思うサイトになります。 複数...

30代の転職で留意すること

30代では経験してきた職務の遂行能力が企業から評価されるので、職務能力が活きる同業他社への転職は問題なくできます。30代後半で正社員として同業に転職する場合は、担当としての職務よりも管理職の仕事を求められる場合も考えられます。

未経験の職種に転職する場合は年収のダウンを覚悟しなければならない場合も考えられ、30代の中半までが転職に有利です。

おすすめのサイト・エージェント

30代女性転職者と企業のマッチングは、転職サイトやエージェントの活用が効果的です。サイトは求人企業や求人のレベルが高く高年収の応募者向きのビズリーチや日系大手や外資系の求人が多いJACリクルートメントなどがおすすめです。

ビズリーチの賢い活用方法とは?人事担当者目線で徹底解説します ビズリーチは株式会社ビズリーチが運営する転職サイトで、主にハイクラスの求人を取り扱っています。 30代から40代で豊富な職...

エージェントでは、30代前半に強いマイナビエージェントやトップクラスの求人数のリクルートエージェントなどがおすすめです。

マイナビエージェントの活用方法とは?人事目線で徹底解剖! マイナビエージェントは転職サイトがメインであったマイナビが行う転職エージェント事業で徐々にシェアを伸ばしています。 マイナ...

知人・友人

30代の女性であれば、今までの職務経験で知り合い親しくなった人や個人的な交流などの友人がいると思われます。

そのような知人や友人が紹介する企業であれば信頼できるので、紹介された時には安心して応募できると思われます。

また志望する企業に知人や友人が懇意の人事担当者などがいる時は、応募できるかどうかを確認してもらい応募することも効果的な方法です。

まとめ~30代の女性が正社員として転職するには

30代の女性の正社員としての転職には、転職前にキャリアプランを立てて職務能力やマネジメントの経験を確認することが必要です。

その上で転職サイトやエージェントを活用して、30代のニーズを把握した上でキャリアアップとなる転職をすることが大切です。