20代転職

20代からの転職で失敗しないために必要な6つのポイント

20代からの転職に失敗しないためには、転職後のキャリアを描いて実践していく前向きな考えや行動が大切になります。

退職の原因となった過去のことにいつまでも拘っていると、転職に失敗する可能性が高くなります。

キャリアデザイン

キャリアデザインがなぜ必要か

20代からの転職に失敗しないためには、自分のキャリアデザインを戦略的に考えることが必要です。学生から社会人になる時には志望動機があって、転職までの期間は社会人としての知識や経験があると思われます。

転職をすることは最初に入社した会社で立てた目標と別の生き方をすることになるので、新たに今後のビジネスにおける仕事のやりがいや収入、ポジションなどのキャリアデザインをどう描いていくのかが重要になってきます。

やりたい仕事

転職でやりたい仕事が変わるのかどうかも問題です。今までの仕事とは別の本来やりたい仕事に転職するのかそれとも職種は変えないで別の会社に転職するのかで、知識や経験を活かせるかどうかに大きな違いがあります。

学生の時は仕事の中身がよくわからずに選んだが実務を経験して改めてやりたい仕事に変わることになれば、一からやり直しになります。それでも、20代であれば未経験の職種でも十分に対応できる年代だと思われます。

自分の性格と適性

20代の転職では、性格と仕事の適性は一般的な見方が正しいとは言えない場合があります。

たとえばセールスの仕事は外向的な性格が適して内向的な性格は適していないと言われますが、必ずしもそうでない場合があります。流暢に話すよりも訥々とした話し方が受け入れられやすい場合もありますので、内向的でもセールスに向いている場合もあります。

仕事の適性は性格ではなく、本人のやる気と業績で判断するのが正しいと思われます。

ビジネスライフの目標の設定

20代は意欲やポテンシャルが評価されるので、失敗してもまた挑戦ができます。しかし転職の時点で計画を練りキャリアを積み上げていく方が、はるかに効果的なビジネスライフを送ることができます。

失敗をバネにして成功するケースもありますが、転職後に失敗のないキャリアを積み上げていく方が大成功につながる確率が高くなります。目標のポジションをどこに設定するかによりますが20代はトップを目指すことも可能な年代です。

20代からの転職状況

20代が求められるもの

20代は企業の求人数が最も多い年代です。新卒で企業に入社して一応社会人としての経験もあり職務の知識や経験があるので、会社としては企業理念を教育しながら管理職に育てていきやすい年代になります。

20代でも前半と後半では企業が求める内容が異なりますが、30代や40代の転職に比べるとまだポテンシャルが期待できるので自社で育成していきたい年代と言えます。20代は本人にとっても転職の条件が有利と考えられます。

20代前半

20代の前半は大学卒の場合は入社して3年未満になるので、社会人としての経験はできても職務の知識や経験は不十分な場合が多いと思われます。転職を考える場合は、まず現在の仕事に真剣に向き合うことが大切です。

その上で転職を決めたら、転職後に後悔をしないように慎重に業界や職種、自分に合う会社を選ぶことが重要になります。20代の前半ではほとんどキャリアの差はないので今までの経験を活かして有利な転職ができます。

20代後半

20代後半は実務経験があるので、採用側から職務能力やスキルが評価され即戦力が期待されます。若くて意欲もあり職務を遂行する能力もあるので求人数が多い年代で、同じ業種に転職の場合はすぐに会社に貢献できる力があると見なされます。

また主任やリーダーなどマネジメントの役割の経験を持つ場合は、管理職として採用されるケースも考えられます。どのような企業でもマネジメントの能力がある人材は求められる傾向があります。

20代の求人

20代はすべての年代の中で最も転職しやすい年代と言えますが、求人企業を慎重に選ばないと転職が失敗してしまう恐れもあります。転職後に選択の誤りに気づいて退職して、その後も同じような転職を繰り返すケースも見られます。

転職を繰り返すとあまり良い印象を持たない企業もあり、中には転職回数を制限している企業もあります。20代で有利な求人の状況でも、失敗を回避するためには自分に合う企業を厳選することが必要です。

20代からの転職の条件

キャリアアップ

20代からの転職は、若い年代に特有の前向きな理由が見られます。転職の動機で多いのは自分の成長のためのキャリアアップの内容です。年代を重ねてから後悔しないように若いうちに挑戦したいという趣旨です。

確かに早い時期に行動することで自分が望むキャリアを手にしている例もあり、年齢が若いほど未経験の職種に転職しやすい状況もあります。30代に近づくほど行動が起こしにくくなるので、20代が転職の好機とも言えます。

会社の将来性

20代の転職では、入社した会社の経営状況や労働条件を考えて転職を決める場合もあります。入社の時点では把握できなかった会社の内容が分かり、会社の将来に不安を抱いて転職を決断するケースです。

入社前の少ない情報では会社の将来を予見することは不可能ですが、入社すると様子が分かります。信頼できる人に相談することも必要ですが、自分で感じた不安が的中することもありますので転職を検討することも賢明だと思われます。

年収

年収は業界や職種により相場があるので、一概に高いか安いかは判断できない場合があります。しかし明らかに相場よりも安い場合や決められた労働基準に違反している給与の場合は、転職を考えざるを得ないケースもあります。

残業が支払われないなどのブラック企業の場合は働いた分の正当な報酬が期待できないだけでなく、長時間労働で肉体や精神に異常をきたす恐れもあります。改善を求めるとともに、転職を検討する必要があります。

社風

企業の社風が自分に合うか合わないかも転職の原因になります。新卒の約30%が3年以内に最初に入社した会社を辞めるという調査結果もありますが、個人の考えが企業の社風に合うかどうかは難しい面があります。

新卒の場合は人気や知名度で企業を選ぶので、どうしても企業と合わない場合が出て来ると考えられます。転職の場合は十分に企業を研究することができますので、自分に合う企業を見つけ出すことができる可能性があります。

20代からの転職に失敗する要因

前職の退職理由が不明確

20代からの転職では前職の退職理由が不明確な場合に失敗することがあります。応募企業は前職の退職理由で退職のきっかけとなったことを知り、同じ理由で退職しないかどうかを確認している場合があります。

そのため退職理由が不明確な場合は、前職のように辞めてしまうのではないかと疑って不採用にすることが考えられます。前職の退職理由を明確に説明して、転職後の企業では長く勤めて会社に貢献する姿勢を示す必要があります。

転職後の展望がない

20代の転職では転職後に自分の目指すキャリアについての展望を持つことが重要です。目指すキャリアに向かう自分の展望がない場合は、多くの情報に惑わされて短いサイクルで転職を繰り返す恐れもあります。

経験のある同業の仕事に転職する場合は、前職と同じポジションかそれ以上のポジションからスタートしてマネジメントの仕事ができる可能性が高くなります。未経験の仕事では、転職後のキャリアップを展望することが大切です。

事前の情報不足

応募企業についての事前の情報が不足している場合は、転職のタイミングが悪くなることで転職に失敗する可能性があります。事前に希望する企業が採用するタイミングや準備する事項を確認することが必要です。

現在勤務している会社の退職の日時と転職を希望する会社の採用試験の日時との調整や、入社するタイミングなどに注意することが転職の成功には大切です。また入社までに準備しておくことを確認することも大事になってきます。

会社や職種の選択ミス

20代の転職はまだ若いので年代的な余裕がありますが、それでも会社や職種の選択をミスすると大きな時間的ロスにつながります。自分の希望する内容の会社や職種でない場合は、短期間で退職する可能性が出てきます。

勤務期間が短い場合は思い描いたキャリアを築くことができないだけでなく、徐々に年代が高くなって転職に不利な状況になっていくことも考えられます。また短期間の転職は、採用する企業が嫌がることも考えられます。

20代からの転職の強みと弱み

強み

20代からの転職は、年齢が新卒に近いので企業が第二新卒として積極的に採用をする年代である強みがあります。また20代は若く考え方に柔軟性があるので、上司や他の社員とのコミュニケーションも上手くいく可能性があります。

20代の前半では新卒と同じように一から教育して、幹部要員として育成していくことができます。また20代の後半は一定の職務経験があるので、すぐに戦力とみなすことができる強みがあると思われます。

強みの活かし方

20代の強みを活かすためには、20代前半では転職をするまでに社会人としての知識やマナーを身につけておくことが必要です。社会人としての常識を身につけておけば、転職後に再教育が不要になります。

20代の後半の転職では、それまでに経験した職務の知識やスキルを有効に活用できる業種や職種を選べば即戦力として企業に重宝されます。またマネジメントの経験もあれば、管理職や管理職候補として採用される可能性があります。

弱み

20代の転職は、30代に比べて職務経験が短いので知識やスキルが未熟ではないかと思われる場合があります。また20代の転職は入社後の勤務期間が短いので、転職後の仕事も長続きしないと思われる恐れもあります。

20代の職務経験が浅いことは事実ですが、職務経験が浅いので自社の教育を実施しやすいと考える企業もあります。また企業や職種が適性に合わないと長続きしないけれども、適性に合う場合は長続きすると思われます。

20代の転職でアピールすべきこと

20代の転職は職務経験が少ないので、若い年代の柔軟性や今後のポテンシャルに期待する要素が大きい採用になります。そこで今後の職務に対するやる気や意気込みをアピールすることが大事になります。

意気込みややる気など抽象的なアピールだけでは、採用担当者がまた転職をするのではないかと疑う恐れもあります。疑いを晴らすには、入社後のやりたいことや目標を伝えて企業で長く勤務したいことをアピールすることが効果的です。

20代転職の注意点

転職活動

20代の転職活動では、前半と後半で企業が求めるものが異なることを理解しておくことが大切です。

前半ではポテンシャルが重視されやる気や人柄の良さが求められ、後半は職務経験が求められます。20代前半では未経験の職種も含む転職活動を行い、面接では仕事に対する意欲と入社後の目標を示すことが有効だと考えられます。

20代後半では、職務経験を応募書類に記述して面接では職務能力を伝えることが効果的だと考えられます。

自己分析

20代は未経験の業種や職種でも転職が可能な年代であり、他の年代に比べると業種や職種が選びやすいと考えられます。しかし転職先の選択を間違えると、仕事で能力を発揮できなくなりまた転職する可能性があります。

また転職することにならないために自己分析をしっかり行い、キャリアプランを立てて転職することが重要です。転職先でどのような仕事がやりたいのか、どんなキャリアを積んでいきたいのかを整理することが大切です。

転職スケジュール

転職を決意してから志望する会社に内定して会社を退職するまでは2ヶ月から半年くらいかかる場合があり、挫折も考えられます。転職を成就するには、転職全体をスケジュール化して項目ごとに実現していくことが効果的です。

現在の自分を自己分析し転職を決断して情報を取集する時期、志望する企業に応募して選考試験を受けて内定が出るまでの時期、会社に退職を申し出て受理される時期に分けてそれぞれのスケジュールで行動します。

転職エージェントの活用

20代の転職は初めての人も多いと思われるので、複数の転職エージェントに登録して無料の転職相談をすることが効果的だと思われます。20代の転職が得意なエージェントもあり、コンサルタントが転職に関する相談にのってくれます。

マイナビジョブ20'sの活用方法や登録方法を詳しく解説! マイナビジョブ20'sはマイナビワークスが運営する転職エージェントで、20代に向けての転職支援サービスを行っています。 2...

転職先の業界や業種などの情報や個別の企業情報などが聞けるだけでなく、転職についての面談が進展すれば人材会社が面接のセッティングや給与の交渉などをサポートしてくれるケースも考えられます。

まとめ~20代の転職は年代の強みを活かす

20代は最も有利な転職の年代だと思われます。

20代の前半は社会人の経験がある新卒と同様の人材として後半は職務経験のある即戦力の人材として求人が多い年代であり、転職に成功する可能性が高い年代と言えます。