30代転職

30代男性が未経験からでも転職で成功できる?転職前に考えておくべき6つの事

20代は企業が研修期間を設けるので未経験な業界や職種でも転職が可能ですが、30代男性は求められるものが20代と違うので未経験の業界や職種に転職することが難しくなってきます。

しかし建築業界や広告代理店業界などは30代未経験男性が転職可能な募集が見られ、マネジメント職は未経験業種に転職しても通用します。

30代未経験転職を成功させ条件

転職の動機

転職の動機は給与が安いことや残業・休日出勤が多いことなど労働条件の不満が本音だと考えられます。しかし転職の採用試験で本音をそのまま記述して面接で説明すると採用側の印象を悪くする場合があります。

転職の動機は現状批判する内容よりも、未経験の転職により業務の幅を広げて専門的な知識や技術を修得するなど前向きの内容が好印象につながると思われます。また30代までの経験を活かしたマネジメント職の希望も無難です。

希望する業界や職種の選定

希望する業界や職種は、未経験でも今までのキャリアと関連があり知識や経験が活用できることが有利になります。30代までに取引を経験した業界や内容を熟知している業界であれば抵抗なく転職できます。

職種も今までの業務でつき合いがあった職種であれば、未経験でも業務に馴染みやすいと考えられます。30代の転職は実績を出すことが求められるので、できるだけ早く業務を遂行できる業界や職種を選定することが重要になります。

アピールできる業績

未経験の業界や職種に転職する場合も30代までに業績を上げたことがアピールになると予測できます。業界が違っても、前会社と志望会社が製造で共通していれば前会社で上げた業績が評価されやすい面があります。

管理職は組織で担当する部門の管理をする仕事であり、どの業界でも部門を管理した実績が評価されます。30代男性が未経験の業界に転職する場合には、マネジメントを経験したことが大きなアピールになると考えられます。

企業が求める職務遂行能力

企業が30代転職者に求めるのはすぐに戦力になる職務遂行能力であり、部門やチームをマネジメントできる力です。未経験の業務や職種でも求める内容は同じ、未経験であることを言い訳にできない厳しさがあります。

30代は社会人や職務の知識や経験のキャリアを持っていますので、それらを未経験の業界や職種で活用することができます。それでも未経験の業界や職種は不慣れですので、慎重に業種や職種を選ぶことが大切になります。

30代男性が未経験でも転職しやすい業界・職種の把握

30代男性が未経験でも転職しやすい業界

未経験者を歓迎する求人をしている業界は美容業界やフード業界、設備業界などがあり、これらの業界は30代男性の未経験者が転職できる可能性があります。

医療福祉業界や金融不動産業界も人員が不足していて、未経験を受け入れる求人広告が見られます。

未経験者が転職しにくいのはIT・Web業界などです。IT・Web業界は人手不足なので求職者には売り手市場ですが、業務には専門知識が必要なので転職が難しいと思われます。

30代男性が未経験でも転職しやすい職種

30代男性が未経験でも転職しやすいのは、未経験者を歓迎する求人が見られる事務や企画の職種です。事務は総務の事務や営業の事務、医療事務など色々あり、どの事務でも経験があれば他の事務に転職しやすいと予想されます。

企画は企業が必要とする職務であり、他の職務を経験した30代男性の未経験者が転職で行うことができる職種だと考えられます。事務は管理職になれる可能性があり、企画の職種は経営の業務と関連があります。

30代未経験で転職の年収

30代男性で未経験の転職は、年収が上がる場合と下がる場合が考えられます。年収は前職の年収額を参考に決められることが多く、転職先の職種や雇用形態、職務能力などの要素が関係する場合もあります。

30代男性で未経験の転職では、それまでの知識や経験が活かせるかどうかで年収が左右されると考えられます。それまでの知識や経験が活かせて会社に貢献できる場合は年収が上がり、活かせない場合は下がる可能性が高くなります。

30代男性が未経験で転職する労働条件

30代男性が未経験で転職する場合は、色々な労働条件を求め過ぎると求人数が少なくなってしまいます。自分がどうしても譲れない労働条件に絞り込んで、他の条件には柔軟に対応する姿勢が大切です。

30代男性が未経験で転職するケースでは、即戦力で会社に貢献することなど採用する企業側が応募者に求めることが多くなります。転職者は絞り込んだ労働条件が整備されていることを確認した後は会社側の期待に応えることが重要です。

30代男性で未経験の転職が可能な業界・職種

公務員

公務員は安定した職種の典型と考えられています。民間の場合は景気に左右されて、大企業の管理職も含めてリストラに遭遇するリスクがあります。その点公務員は終身雇用が原則であり、定年まで勤務できる体制が整っています。

30代男性が未経験で転職するのは簡単なことではなく、専門的な能力や即戦力が求められると考えられます。それでも公務員が募集されることがあり、30代の年齢であれば応募できる場合があると思われます。

製造業

製造業の会社には短期間に売上好調でも安定しない会社もありますが、長い間売れる商品を作り続けて業績が好調な会社もあります。長期間好調な会社は安定感があり、30代男性が未経験で転職するには向いていると考えられます。

転職を希望する男性の前職が同じ製造業の会社であれば、どのような職種でも即戦力になれる可能性が高くなります。日頃から長いヒット商品を作り続けている会社を探しておくことが転職に役立つと思います。

建築業

建築業は東京オリンピックの影響もありニーズが高まることが予想されるので、30代の転職者が応募するには相応しい業界だと思います。建築業でも色々な職種があるので、自分に合う職種を志望することが大切です。

仕事によっては勤務時間が厳しい条件の場合も考えられるので、覚悟をして転職することが必要です。30代男性で未経験でも専門的な業務を遂行できれば会社に貢献することができ、管理職に昇進することも期待できます。

営業

営業は商品のセールスや販売促進をはじめとして、売上の管理や販売店の管理など幅広い業務があります。30代男性が未経験の職種に転職をする場合には、営業の知識や経験があれば様々な職種に応用できます。

経験のある営業の職務はもちろんですが、未経験の経営企画の職種や人事の採用などでも営業で培った企画力や対人折衝力で業績を上げることが可能です。セールス能力は、営業だけでなく会社組織のあらゆる部門に活用できます。

30代男性が未経験の転職に効果的な資格

簿記2級・税理士

簿記2級は取得が可能で、30代男性が未経験の経理職に転職する際に効果的な資格です。簿記2級は経理の仕事だけでなく管理部門を希望する場合に評価される資格なので、管理部門に転職を希望する人も取得すれば効果があります。

税理士の資格は、簿記2級よりも難易度が高く取得が難しい税務専門家の資格です。30代男性が未経験で経理部門に転職する場合に、税理士の資格を保有していれば評価されることは間違いないと思います。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は宅建と呼ばれ30代男性が未経験の不動産関連の業務に転職をする際に効果的な資格です。宅建の資格は5名以上の営業所に必要なことや不動産売買の説明業務に必要なことが定められています。

不動産業務で必要な資格なので、不動産関係では営業職の全員に宅建の資格を取得するように指導している会社が多いと思われます。不動産関連の会社に転職するには有利な資格であり、入社すれば取得をすることを指導されます。

社会保険労務士

人事の仕事は実務経験がなければ身につけることは不可能です。しかし社会保険労務士の資格を取得すれば人事の基礎知識が修得できますので、30代男性が未経験の人事の仕事に転職をする時に役に立ちます。

社会保険労務士の資格を取得することで、給与計算や社会保険などのルーチンワークや労働法など人事の基礎知識が修得できます。最初は資格を活用して人事部門に転職して、徐々に人事全般の業務ができるようになると思われます。

フォークリフト運転免許

30代男性が未経験の物流関係の仕事に転職する場合は、フォークリフト運転免許の資格を取得しておくのが有利になります。フォークリフト運転免許は1週間以内で取得できて、普通運転免許を持っていればもっと短縮できます。

物流関係の会社では、工場の作業以外の事務職でも現場でフォークリフトを運転する場合も考えられます。フォークリフト運転免許の資格を持っていると手当てがつく会社もあるので取得しておくことが有利です。

30代男性の未経験転職のメリット・デメリット

30代男性が未経験の転職を選ぶメリット

30代の男性でも35歳を境に前半と後半では状況が違います。前半では今までの職務経験を活かした実務能力が主に求められますが、後半はマネジメント能力を発揮して組織の幹部になることが主に求められます。

前半では未経験の職種でも職務をマスターする年齢的な余裕があることがメリットですが、後半では職務をマスターする年齢的な余裕がなくなってきます。後半は前半よりもマネジメントに適した年齢のメリットが考えられます。

30代男性が未経験の転職を選ぶデメリット

30代の男性が未経験の職種に転職するデメリットは、体力が求められる仕事を選んだ時などに起こります。30代の体力的な仕事は、20代と比較すると劣ると予想されるのでデメリットになると思われます。

30代の男性は今までの知識や経験を活かせる職種を選ぶことが有利です。30代前半は職務経験を活用した実務を主体にしてマネジメントの仕事をする準備期間にして、30代後半で本格的なマネジメントを行うことが効率的です。

30代男性の未経験職種への転職の可能性

30代男性の未経験職種への転職は、前半であれば可能性がありますが後半になると可能性が少なくなります。未経験の職種でも今までのキャリアが活かせる業務内容であれば転職が可能ですが、活かせない場合は転職することが厳しくなります。

今までの知識や経験が活かせない未経験の職種に転職する場合は年収が大幅に下がることが予測され、30代でも職場で新人と同じ扱いを受ける場面も覚悟しなければならない状況も予想されます。

30代男性が未経験職種への転職で留意すること

30代男性が未経験職種への転職で留意することは、30代は20代に比べると転職が厳しくなっていて選択の範囲が狭くなっていることを自覚することが必要です。30代が有利な点は知識や経験を持っていることです。

企業が30代に求めるものも知識や経験を活かした実務能力やマネジメント能力であり、経験を必要としない新人のような30代は求めていないのが実態です。30代が転職をする際は企業の要請に応えることが重要です。

30代男性が未経験の転職に有効なエージェント・サイト

30代男性が未経験の転職にエージェントやサイトが必要な理由

30代の男性は、20代に比べると未経験の職種に転職することが難しくなります。今後のポテンシャルを期待しにくい年代であり、今までのキャリアが活かせない場合は採用しにくいことが考えられます。

しかし業界によっては人手が足りない状況で、未経験の30代男性を採用する企業もあると思われます。そのような企業の実態を把握して情報を提供するのが転職エージェントやサイトですので、上手く活用すれば転職が有利になります。

30代男性が未経験の転職に有効なエージェント

30代男性が未経験の職種に転職する場合は、転職エージェントを活用することが効率的です。転職者の大半は転職をすることに不慣れであり、転職先の候補となる会社情報にも疎いのでエージェントが頼りになると考えられます。

エンエージェントは未経験職種への転職でトップクラスの実績があるエージェントで、専任のキャリアパートナーガ転職の成功をサポートします。アデコは大手からベンチャーまで幅広い業界をカバーしています。

30代男性が未経験の転職に有効なサイト

30代男性が未経験の転職に有効なサイトは、30代までのキャリアを活かした転職が実現できるような情報を提供するサイトです。自分の自己分析やキャリア診断をした上で、サイトを活用するのが効果的な利用法です。

転職サポートが充実していると思われるサイトはリクナビNEXTやマイナビ転職などです。リクナビNEXTはリクルートキャリアが提供する知名度のある転職サイトで、マイナビ転職は求人情報が多い転職サイトです。

マイナビエージェントの活用方法とは?人事目線で徹底解剖! マイナビエージェントは転職サイトがメインであったマイナビが行う転職エージェント事業で徐々にシェアを伸ばしています。 マイナ...

転職エージェントやサイトの利用方法

転職エージェントは人材紹介サービスを行う会社で、企業からの依頼を受けて人材を探して紹介します。転職エージェントは企業が支払う成功報酬が収入になるので、登録すれば無料で種々のサービスが利用できます。

転職サイトは転職の際の市場価値診断や適性診断が受けられ、求人情報に応募することができます。スカウト機能で求人のオファーをもらうこともできます。登録はメールアドレスや名前、生年月日を入れるだけで完了します。

まとめ~30代男性が未経験職種への転職に成功するには

30代男性が未経験職種への転職に成功するには、今までのキャリアを活用することが重要です。

30代前半であれば職務能力の向上も可能であり、有効な資格の取得も考えられます。30代の後半はマネジメントの仕事が転職に効果的です。

転職の際には、転職エージェントや転職サイトを上手く利用するのがポイントになります。