30代転職

30代からの転職を成功させる6つのポイント

30代の転職の成功には成功の条件を整えてどうすれば成功するかの適切なアドバイスをもらえる転職エージェントを探すことがポイントになります。自分に適した職種や業界を選ぶことも大切です。

転職に成功する適性を持っているかを確認し希望の年収やポジションの決めるとともに、最終的なゴールを設定することが重要です。

30代転職成功の条件を整えること

採用側に説明できる転職の理由

転職の採用試験は筆記試験もありますが、最も重視されるのは面接です。面接官の質問に簡潔で明瞭な答えができれば、印象が良くなり高い評価が得られます。質問は答えやすい質問と答えにくい質問があります。

就活の面接方法 どうすれば面接に合格するの? 就活では採用に成功する上で最も重要になるのが面接です。 面接で評価されれば採用内定につながる可能性が高くなるので、面接方法...

勤務の条件や入社の時期などが答えやすく、転職の理由などは答えにくい質問だと考えられます。転職の理由は、仕事で挑戦したいことや専門的な知識や技術を伸ばすことなど積極的な内容の理由が好感を持たれると考えられます。

困難を克服する目的の設定

30代の転職はキャリアに大きな影響を持ち困難が伴います。職場の人間関係や業務に対する不満などが転職の契機の場合が多いと思われますが、転職をする前に本当に転職が必要かどうかを考えることが重要です。

何が目的で転職をするのかを考えてみることも大切です。給与をアップさせたい目的なのかポジションを上げたい目的なのか、それとも職場環境の改善が目的なのかなどを整理して、目的の優先順位を設定することも効果的です。

体力と知力の錬磨と気力の充実

30代の転職には体力・知力・気力が重要です。30代の大半は問題ないと思いますが、仕事に没頭しているといずれも徐々に衰え始めます。日頃から体力と知力を錬磨し気力の充実をはかり転職に備えることが大切です。

学生時代に運動部の人などは体力を過信しますが、運動をしないと体力が衰えるので運動を続ける習慣をつけることです。知力も仕事だけでは落ちていきますので読書などで補強し、気力の充実につなげる必要があります。

マネジメント中心の職務遂行能力

30代の転職までに職務遂行能力を磨いておくことが大切です。職務遂行能力の中でも転職を考えるとマネジメント能力が重要です。企業はポジションで年収も上がるので、マネジメントのポジションが必須になります。

30代の転職時点のポジションと意欲が、転職を成功に導く前提になります。30代で管理職であれば企業は更に上位の管理職として採用する可能性があります。その後はトップを目指してのマネジメントの仕事になります。

30代の転職を成功させる人材会社の活用

採用企業が人材会社を活用する理由

採用企業が人材会社を活用する理由は、自社で集める応募者に加えて人材会社が持っている人材の母集団にアプローチすることができることがあります。また人材会社が企業の採用業務を代行する便利さもあります。

企業が求人媒体を利用する場合は掲載料がかかりますが、人材会社の紹介サービスは成功報酬なので初期費用がかからないことも企業が活用する理由です。中小の企業も人材会社を活用すれば応募者を獲得する可能性があります。

30代転職者が人材会社を活用するメリット

30代転職者が人材会社を活用するメリットは、人材会社が志望する企業の採用活動を熟知していて適切なアドバイスが期待できることです。

履歴書や職務経歴書のチェックや面接の指導などをする会社もあります。

人事会社のコンサルタントには採用企業の組織や人員などの内部事情に祥通している人もおり、面接のポイントを教えてくれることや面接の日時を企業と打ち合わせてくれるなど転職者に有効な動きをしてくれる場合もあります。

人材会社の種類と選択

人材会社は大規模なものから中小まで数多くあります。大手の人材会社は総合的なサービスを行っており、初めて人材会社を利用する場合に向いています。しかし志望業種が決まっている場合はその領域に特化した人材会社を利用するのが効果的です。

人材紹介会社の選定には、登録者数と入社の成約実績が目安になります。登録者が多い人材会社でも成約実績が低い場合は、企業と応募者をつなぐ人材会社としての実力が弱いと判断できます。

経歴の会社で知り合った知人・友人の勧誘

人材会社に依頼しなくても、今までの経歴の会社で知り合った人から直接の勧誘を受ける場合も考えられます。同じ会社で働いていた人が転職して、別の会社の役員や人事部長など採用のキーマンになっている場合に声がかかるケースが考えられます。

このケースでは以前の職場で勧誘された人の職務能力やマネジメントのやり方が勧誘者に観察されているので、本人の書類審査や面接などは形式的で短期間で採用が決まることが予想されます。

30代の転職に適した職種の選定

転職しやすい職種

職種

転職がしやすいのは需要があり求人数が多い職種になります。企業規模にかかわらずどの業界でも需要があり求人数も多いのは営業職になります。営業職でもセールスの業務は取引先との折衝などが難しい業務であり需要も高くなります。

30代の転職に適した職種では、前職の営業などの経験を活かす経営コンサルタントも考えられます。エンジニアやドライバー、介護関連の職種も、最近は特に需要が高まっていて転職がしやすい職種です。

転職しやすい理由

理由

転職のしやすさは、採用の需要と応募者の供給のバランスが関係していると思われます。採用の需要が応募者の供給を上回っていれば採用することが困難になるので、応募者にとっては転職しやすい職種になります。

また簡単にできない業務であることで転職を希望する人が少なくなるので、転職がしやすくなる理由だと考えられます。

たとえば営業のセールス業務は対人折衝などが難しいので、志望者が少なく転職しやすい面が考えられます。

転職しにくい職種

30代の転職はそれぞれの転職者のキャリアや事情が異なるので、転職がしにくい職種を特定することは難しいと思われます。

ただし30代は知識や経験があり即戦力が求められるので、未経験の職種に転職しにくいと思われるのはあらゆる業界に共通しています。

30代の転職者でマネジメント業務の経験がない場合も、30代の転職者に期待されるマネジメント業務の役割が果たせない場面が予想されるので転職がしにくいと考えられます。

転職しにくい理由

日本の会社は、規模の大小にかかわらず年功序列的な体制で経営が行われていることが一般的です。社長をトップに役員や部長、課長やリーダーの職位があり、管理職はそれぞれの部門を統括して会社が運営されます。

会社の体制は部門を管理職やリーダーが管理しますが、30代は年齢的にリーダー的な役割が期待される立場になります。中途入社の30代の転職者も会社組織の役割を果たさなければ、転職が成功しない場合も考えられます。

30代の転職に適した業界の選定

転職しやすい業界

30代の転職で転職しやすい業界は、求人数が多いホテル業界、販売などのサービス業界や人手不足が恒常化している介護・福祉・医療業界、配達・ドライバーの交通業界などが考えられます。

営業関連のコンサルタント業界やマンション管理士などの専門職が不足している不動産業界も転職がしやすい業界と考えられます。

またあらゆる業界で管理職や経営者が不足している状況があり、管理職は30代に転職のチャンスがあると思われます。

転職しやすい理由

ホテル業界は2020年の東京オリンピックを控えて人員を増やしており、転職しやすい状況があります。販売などサービス業は対人折衝が難しくメンバーが不足しがちです。介護や福祉、医療は需要が高く求人が多くなっています。

交通業界は配達やドライバーの不足が社会的な問題になっており、各種の営業関係やコンサルタント業界も人材が不足で転職がしやすい状態です。管理職はすべての業界で必要とされ、転職がしやすい業務です。

転職しにくい業界

IT・Web業界は人手不足ですが、知識や経験などが必要となり転職しにくい業界です。ネットワークエンジニアやIT系エンジニアの需要が高まっている状況ですが、採用側が求める知識や経験も高く転職しにくいと思われます。

経理などの事務職も業務で専門知識や実務の経験が求められる場合があり、転職しにくい業務と考えられます。通常業務は遂行できると思われますが、財務諸表の作成などでは専門知識や経験が必要になります。

転職しにくい理由

IT・Web業界は専門知識が必要で実務経験が求められること、また体力が求められることが転職しにくい理由と考えられます。求人が増えているネットワークエンジニアは、設計や構築、保守や運用の能力が必要です。

経理の業務は毎月の伝票整理などは問題ありませんが、決算や監査対応などは経験が求められ転職がしにくいと考えられます。また経理の業務を行うには簿記2級以上の資格が必要なことも転職しにくい理由と思われます。

30代の転職で成功するポイントの把握

30代の転職で成功する人の特徴

30代の転職で成功する人は、30代までの20代で職務能力の向上に努力して実績を上げている特徴があります。そして職務能力を磨く過程でマネジメント能力を身につけている人が多いことが特徴です。

30代の転職では、他社でも通用する職務能力のレベルの高さとマネジメント能力が基本であり武器になります。転職先で職場の人に認知されるのは職務能力の高さであり、トップを目指すことができるのはマネジメント能力になります。

30代の転職で失敗する人の特徴

30代の転職で失敗する人は転職の理由が曖昧で明確でない特徴があります。転職は自分が考えて決断するもので、転職の理由を明確にしておかなければ採用面接で質問された時に答えられず不採用になるおそれがあります。

現在の会社への不平や不満にとらわれていて、自分が転職市場でどれだけの価値があるのかの冷静な判断ができていないことも失敗する人の特徴です。30代の転職では自分のキャリアを的確に把握することが必須です。

企業が30代の転職者を求める事情

企業が30代の転職者に求めるのは、今後のポテンシャルを考える20代と異なる30代までに培った知識や経験です。更に知識や経験をすぐに活用することができる同じ業種や職種が望ましいと考えていると思います。

雇用形態は前職が正社員であって採用も正社員であれば、企業の組織に組み込みやすくなります。前職がアルバイトや派遣社員の場合は正社員で採用するハードルが高く、企業が求めるレベルに達しないことも考えられます。

 30代の転職の注意点

30代の転職では転職をする動機となった転職理由と転職の目的をはっきりさせて、採用の書類の記述や面接の説明ができるようにしておくことが大事です。曖昧な転職理由や転職の目的は評価されないので注意が必要です。

30代は20代よりも転職の成功率が低くなるので、退職とのタイミングに注意することが大切です。転職先が決まる前に退職すると、転職が決まらない場合は収入が得られない期間になるリスクがあるので要注意です。

 30代の可能性を考えて具体的な展望を設定する

年収の設定

年収は現状の金額を基本にして、志望する業界などの相場を参考に希望の年収を算出するのが一般的です。極端な年収のアップやダウンは採用側に違和感を持たれるので、エージェントに相談して妥当な相場の金額を希望することが無難です。

30代の年収は今までのキャリアの結果をあらわしている面があります。今後の自分の職務能力やマネジメントに自信があれば、転職後の期待を込めて少しアップする年収を希望しても良いと思います。

ポジションの設定

ポジションも現状の職位を基準に検討されるのが通常の形です。成長が顕著なベンチャー企業などは管理職の入退社が激しいので職位の空白があり、上位の高収入のポジションをオッファーされることもあります。

ポジションは企業規模や組織内容を把握した上で、自分のキャリアでポジションが務まるかどうかを検討してオッファーを受けるかどうかを決めるのが賢明だと思います。課長職が志望であれば課長代理などからの開始が通常です。

希望の業種や職種の設定

30代の転職ではキャリアが重視され職務能力とマネジメントの力が評価されるので、業種の違いがあっても転職は可能だと思われます。ただし同じ業種であれば概要を理解しているので有利であると考えられます。

職種の場合は、30代の転職ではできるだけ変えない方が身についた知識や経験を活かせてマネジメントの方向に進むにも効果的だと思います。職種の変更は、はじめから職務を学ぶことになり30代は遅すぎる場合があります。

自己実現の設定

ビジネスを続けていくことは、自分や家族の生活を経済的に支えていく大切な役割があります。同時にビジネスを行うことで自己実現をはかる重要な意義があります。30代は自己実現をはかる上で岐路になる年代です。

30代までのキャリアを振り返り自分の描いた職務能力の向上やマネジメントが計画通りに進んでいれば問題はありませんが、自分の思いと異なる場合は転職というドラスティックな方法で軌道修正することも考えられます

まとめ~30代の転職を成功させキャリアアップをはかるには

30代の転職は20代よりも成功することが難しくなり失敗する確率も高くなります。しかし30代こそが、今までのキャリアを土台にして転職によりマネジメントを行うには適した年代でもあります。

今までのキャリアで積み上げた知識や経験を活かし、マネジメントで実績を上げることで転職に成功する可能性は十分にあります。